音声およびビデオの帯域幅が十分でない場合

Office Communicator 2007 R2 および Live Meeting 2007 の音声およびビデオ通話の品質は、エンドポイント間で使用可能なネットワーク帯域幅の広さに依存します。Office Communicator 2007 R2 および Live Meeting コンソール 2007 ソフトウェアは、帯域幅が狭い場合でも音声およびビデオの品質を高水準で維持するよう設計されています。しかし、厳しい条件下では、次のうち 1 つ以上の現象が発生する可能性があります。

  • 音声の再現性の損失    相手の声が、他の通話と比べて貧弱に聞こえます。

  • ビデオ イメージの品質低下    ビデオ イメージで濃淡にむらが発生したり、詳細部分が表示されなかったりします。

  • ビデオ イメージの途切れ    ビデオの動きがスムーズに表示されません。

帯域幅が狭くなる一般的要因

帯域幅が狭くなる一般的要因としては、次のようなものが挙げられます。

  • インターネット接続の速度が遅い    ISP が提供する帯域幅が十分でない場合に発生します。

  • LAN の輻輳    過度のトラフィックによってルーターなどのネットワーク機器が過負荷状態になっている場合に発生します。この状態は、自宅のネットワーク、ISP、または会社のネットワークで発生します。

  • ワイヤレス LAN の干渉    多数のワイヤレス デバイスがアクセス ポイントに接続されている場合に発生します。携帯電話やコードレス電話、電子レンジなど、ワイヤレス デバイス以外の機器からの干渉が原因になっている場合もあります。

  • ハードウェア構成    自宅、ISP、および会社のネットワークのネットワーク装置の構成が正しくない場合に発生します。

帯域幅を広くする方法

  • より高速なインターネット接続を利用できないか ISP に問い合わせる

  • ワイヤレス ネットワークを使用している場合は、次の方法で接続状態を改善できることがあります。

    • ワイヤレス アクセス ポイントの近くに移動する

    • 混雑していないワイヤレス アクセス ポイントを探す

    • 有線接続に切り替える

    • 大規模なダウンロードまたはアップロードを実行中の他のコンピュータがネットワーク上に存在しているかどうか確認し、存在する場合は作業を延期または中止できないかどうかを確認する

    • ルーターまたはモデムに最新のファームウェアがインストールされていることを確認する

    • ルーターとモデム間のネットワーク ケーブルが正しく接続されており、損傷していないことを確認する

    • システム管理者に問い合わせる (会社の場合)

      注: ルーターまたは WLAN カードの製品マニュアルに、ワイヤレス接続状態を改善する別の方法が記載されている場合もあります。

  • 有線接続を使用している場合は、次の方法で接続状態を改善できることがあります。

    • 大規模なダウンロードまたはアップロードを実行中の他のコンピュータがネットワーク上に存在しているかどうか確認し、存在する場合は作業を延期または中止できないかどうかを確認する

    • ルーターまたはモデムに最新のファームウェアがインストールされていることを確認する

    • コンピュータとルーター間、およびルーターとモデム間のネットワーク ケーブルが正しく接続されており、損傷していないことを確認する

    • システム管理者に問い合わせる (会社の場合)

注: IT 管理者向け情報    ネットワーク品質に関する詳細情報 (VoIP 展開全体の帯域幅に関する情報) を取得するために、Office Communications Server 2007 R2 監視サーバーを展開することを検討してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×