非稼働日の外観を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[ガント チャート] または [予定表表示稼働日から休暇およびその他の非稼働日を区別の色、パターンを使用してするできます。

ただし、この記事では、プロジェクト カレンダーおよびリソース カレンダーの稼働時間と非稼働時間を設定する方法については説明しませんにしてください。プロジェクト マネージャーのプロジェクトやリソースの予定表を作成して方法の詳細を表示します。

注: 非稼働日の書式を設定することはできますが、ビューのタイムスケールから非稼働日を削除することはできません。

[ガント チャート] で非稼働日の書式を設定する

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [タイムスケール] をクリックします。

  3. [非稼働時間] タブをクリックし、[ガント チャート] ビューで非稼働日を表す色とパターンを選択します。

  4. 特定のリソースの非稼働日 (休暇や週末など) を表示するように [ガント チャート] ビューの外観を変更する場合は、[カレンダー] ボックスの一覧でそのリソースのカレンダーを選択します。

注: [ガント チャート] ビューに非稼働日が表示されるのは、非稼働日の単位がタイムスケールの小区分の既定の単位と同じか、それよりも大きい場合のみです。たとえば、タイムスケールの小区分の単位が週であるときに土曜日を非稼働日に指定しても、非稼働日は表示されません。

[カレンダー] ビューで非稼働日の書式を設定する

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [タイムスケール] をクリックします。

  3. [日付の網かけ] タブをクリックします。

  4. [種類] の [基本カレンダーの非稼働日] または [リソース カレンダーの非稼働日] をクリックします。

  5. [パターン] および [] ボックスで、必要なオプションをクリックします。

  6. 特定のリソースの非稼働日 (休暇や週末など) を表示するように [カレンダー] ビューの外観を変更する場合は、[カレンダーの種類] ボックスの一覧でそのリソースのカレンダーを選択し、[種類] ボックスの一覧の [リソース カレンダーの非稼働日] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×