非稼働日の外観を変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

色とパターンを使用して、稼働日から休暇およびその他の非稼働日を区別できます。

ただし、この記事では、プロジェクト カレンダーおよびリソース カレンダーの稼働時間と非稼働時間を設定する方法については説明しませんにしてください。プロジェクト マネージャーのプロジェクトやリソースの予定表を作成して方法の詳細を表示します。

注: 非稼働時間の書式を設定するのではビュー内のタイムスケールから削除することはできません。

ガント チャートの非稼働時間の書式を設定します。

  1. タスクまたは表示] タブで、[ビュー ] または [タスク ビュー ] セクションで、 [ガント チャート]をクリックします。

  2. [表示] タブでは、拡大/縮小] セクションで、タイム スケール] ドロップダウンをクリックし、下部にあるタイム スケール]をクリックします。

  3. 非稼働時間] タブをクリックし、[色とパターンを表すガント チャート] ビューで非稼働時間を選択します。

  4. 予定表のリストで (休暇の時間と、週末) などの特定のリソースの稼働時間を表示するガント チャート] ビューの外観を変更する場合は、リソースの予定表を選択します。

注: 既定のタイム スケール領域の一番下の層の単位で発生する場合にのみ以上のガント チャート] ビューに非稼働時間が表示されます。たとえば、タイム スケールの小区分が週土曜日が非稼働時間として指定されている場合は、非稼働日は表示されません。

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

ガント チャートの非稼働時間の書式を設定します。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [書式] メニューで、タイム スケールを] をクリックします。

  3. 非稼働時間] タブをクリックし、[色とパターンを表すガント チャート] ビューで非稼働時間を選択します。

  4. 予定表のリストで (休暇の時間と、週末) などの特定のリソースの稼働時間を表示するガント チャート] ビューの外観を変更する場合は、リソースの予定表を選択します。

注: 既定のタイム スケール領域の一番下の層の単位で発生する場合にのみ以上のガント チャート] ビューに非稼働時間が表示されます。たとえば、タイム スケールの小区分が週土曜日が非稼働時間として指定されている場合は、非稼働日は表示されません。

予定表ビューに非稼働時間の書式を設定します。

  1. [ビュー] メニューの [カレンダー​​] をクリックします。

  2. [書式] メニューで、タイム スケールを] をクリックします。

  3. [日付の網かけ] タブをクリックします。

  4. [例外の種類] では、基本カレンダーの非稼働日またはリソースの予定表の非稼働日をクリックします。

  5. パターンのボックスに目的のオプションを選択します。

  6. 作業時間を表示] の一覧で (休暇の時間と、週末) などの特定のリソースの稼働時間を表示する予定表ビューの外観を変更する場合は、リソースの予定表を選択し、[リソース] を選びます非稼働日の予定表例外の種類] ボックスの一覧にします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×