電話番号正規化ルールの追加または編集

電話番号正規化ルールを作成するには、[電話番号正規化ルールの追加] ダイアログ ボックスを使用します。電話番号正規化ルールを変更するには、[電話番号正規化ルールの編集] ダイアログ ボックスを使用します。

[名前]

正規化ルールの名前を指定します。256 文字以下の Unicode 文字列で指定する必要があります。正規化ルールを明確に示す名前を指定します。

[ルールのコピー]

既存の正規化ルールを新しいルールのテンプレートとして使用するときにクリックします。

[説明]

正規化ルールの説明を指定します。1,024 文字までの Unicode 文字列で指定できます。説明により、正規化ルールについてより詳細に記述できます。

[変換]

電話番号のパターンおよび変換パターンの正規表現を指定します。

[電話番号のパターン正規表現]

照合に使用する、ユーザーがダイヤルする電話番号の数字パターンを表す .NET 正規表現を指定します。

[変換のパターン正規表現]

[電話番号のパターン正規表現] と照合する電話番号の、変換後の形式である E.164 形式を指定します。たとえば、^([0-9]{7})$ という電話番号のパターンと、+1425$1 という変換のパターンを指定すると、5550123 という番号が +14255550123 に変換されます。

[内部エンタープライズ拡張]

正規化ルールによって電話番号が内線番号になる場合に、このチェック ボックスをオンにします。

[デバイスからのダイヤル時に変換を使用]

デバイスからダイヤルされた番号を変換する場合に、このチェック ボックスをオンにします。

[ガイドの起動]

クリックすると、一般的な電話番号変換を作成するためのガイドを起動します。

[テスト変換]

指定した変換正規表現をテストするために使用します。

[ダイヤルされる番号のサンプル]

ダイヤルされる番号のサンプルを指定します。

[変換後の番号]

指定したダイヤルされる番号のサンプルが、指定した電話番号のパターンと一致すると、変換後の番号が表示されます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

各場所のプロファイルには少なくとも 1 つの正規化ルールが必要です。正規化ルールでは、さまざまな形式で表された電話番号がどのように指定の場所にルーティングされるかを定義するために、さまざまな形式でダイヤルされた番号を逆引き番号検索の目的で標準の E.164 形式に変換する方法を指定します。同じ電話番号文字列が、発信元のロケールに応じて異なる方法で解釈および変換されることがあります。ユーザーがダイヤルした電話番号を正規化することによって一貫した形式が使用されるため、ダイヤルされた番号を意図する受信者の SIP-URI に一致させ、発信者にダイヤル認証ルールを適用できるようになります。

正規化ルールには、次の数値フィールドが必要です。

  • ダイヤル プラン

  • 国番号

  • 市外局番

  • 内線番号の長さ

  • サイトのプレフィックス

正規化ルールは、.NET 正規表現を使用して作成します。[ガイドの起動] をクリックすると、.NET 正規表現の作成方法に関する追加情報にアクセスできます。.NET 正規表現を使用して電話使用法の正規化ルールを指定する方法の詳細 (使用例を含む) については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」を参照してください。

単一の電話番号正規化ルールを複数の場所のプロファイルに割り当てることはできません。正規化ルールは、場所のプロファイルごとに作成する必要があります。正規化ルールをそれぞれ指定する処理を簡略化するには、既存の正規化ルールをコピーします。その場合は、コピーした既存のルールをテンプレートとして使用して新たに正規化ルールを作成します。新しい正規化ルールには新しい一意の名前を指定します。必要があれば、場所に応じて、コピーした設定を変更することもできます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×