スキップしてメイン コンテンツへ
電話回線を代理人と共有する

電話回線を代理人と共有する

代理人として代理を受信したり、代理として通話を発信したりするには、チーム内の他のユーザーを選択します。 代理人を追加するときは、基本的に電話回線を共有しているので、すべての通話を表示して共有できます。

代理人を追加する

  1. アプリの上部にあるプロフィール写真に移動し、[設定] > [全般] を選択します。

    [プロファイル] メニュー
  2. [委任] で [代理人の管理] を選択します。

    [全般] 設定

    注: 設定に委任のオプションが表示されない場合は、エンタープライズ Voip ライセンスを持っていないことが原因です。

  3. 代理人をクリックし、[代理人の追加] ボックスにその人の名前を入力します。

  4. 代理人を追加すると、いくつかの権限の設定が表示されます。 新しい代理人が自分の代わりに通話の発信や受信を行うことができるようにするだけでなく、通話や代理人の設定を変更することもできます。 付与する権限を選び、[保存] をクリックします。 

  5. 代理人には、新しい状態について知らせる通知が送信されます。

これで新しい代理人が代理人リストに表示されるようになり、このリストは、着信の転送と同時呼び出しのオプションで既定の選択となります。

  • [設定>通話] に移動します。 [着信の転送] の下に、[代理人] が既定の [転送先] オプションとして表示されます。

  • [設定] に移動して、[通話] > します。 [着信呼び出し] の下に、[呼び出し] メニューのオプションとして代理人が表示されます。

    注: 

    • 代理人は、通話中であるかどうかを確認できます。

    • 自分または代理人によって発信または受信した通話は、自分または代理人によって保留または再開することができます。

代理人として通話を発信および受信する

代理人として追加されると、他のユーザーの代わりに通話の発信や受信を行うことができます。

  1. 電話をかけたい相手と1対1のチャットを開始するか、ダイヤルパッドで番号をダイヤルします。

  2. [ [通話] ボタン 通話] を選びます。

    代理人は、通話を発信する相手を、自分自身、Babak Shammas、Hilary Reyes、または Reta Taylor に選択します。

注: 最大でには、発信した通話を表示したり、自分の代わりに受信したりすることができます。

委任者の代理人の通話の表示

代理人として通話を保留にする

代理人は、通話を保留にすることもできます。 通話ウィンドウで [その他のアクション] その他のオプション ボタン 選択して、[保留] を選択するだけです。 通話の参加者全員に、保留になったことが通知され、自分または代理人の代理人が [再開] をクリックして通話を続けることができます。

履歴書からの通話が12秒で保留になっていて、再開オプションがあることを知らせる通知

上司の通話と代理人の設定を変更する

代理人として、他のユーザーの代わりに、通話や委任の設定を表示したり、編集したりすることができます。 

  1. Teams の上部にあるプロフィール写真をクリックして、「設定> General」を選択します。

  2. [委任] で [代理人の管理] を選択します。

  3. [サポート担当者] をクリックします。 ここでは、代理人の一覧が表示されます。 リストの任意の名前にマウスポインターを置いて、[その他のオプション その他のオプション ボタン ]をクリックして、選択肢を表示します。権限の表示代理人の変更通話設定の変更を行うことができます。

  4. 上司の代理人の権限を編集したり、代理人を変更したりするには、[権限の表示] を選びます。または、通話設定を変更して、上司の通話設定を調整します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×