電話会議プロバイダーを比較する

Skype for Business および Microsoft Teams の電話会議を設定する場合は、電話会議プロバイダーを選択する必要があります。電話会議プロバイダーとして、Microsoft またはサード パーティーのいずれかを選択できます。

重要: Microsoft Teams ユーザーはサード パーティーの電話会議プロバイダーを使用できません。

電話会議プロバイダーは Microsoft でも、サードパーティー プロバイダーでも、次のことを行います。

  • 電話会議ブリッジを提供する。会議ブリッジでは、会議のダイヤルインの電話番号、PIN、電話会議 ID を設定します。

  • ダイヤルインに使用する有料またはフリーダイヤルの電話番号や国際電話の番号をユーザーに割り当てる。電話番号は会議の出席依頼に記載されます。

  • ユーザーが会議にダイヤルインしたときに聞く言語を設定する。

  • ユーザーが会議に参加するときに使用する会議 ID を作成する。

  • 開催者 PIN を付与して、電話で会議を開始する。

以下の表を使用して、電話会議プロバイダーとして Microsoft を選択した場合とサードパーティーを選択した場合を比較してください。

機能   

Microsoft (Office 365)   

サード パーティ   

プロバイダーの設定

セットアップが簡単にできる。ほとんどの設定は自動。

セットアップが難しい。手動による手順が必要。

ライセンス

電話会議ライセンスが必要です。「Skype for Business のライセンスを割り当てる」をご覧ください。

ライセンスは不要だが、ユーザーごとに支払う。

管理

Office 365 管理センターに統合されている。

サードパーティによる手動管理。

ユーザーのセットアップ

易しい

課金

Office 365 から請求

サードパーティーから追加請求

電話会議ブリッジの割り当て

自動

ユーザーごとに会議ブリッジを手動で入力する必要がある。

会議 ID の管理

自動

手動

会議 ID のリセット

○。「ユーザーの電話会議 ID をリセットする」を参照。

○、ただし手動で入力する必要がある。

フリー ダイヤル電話番号

有料国内電話番号

国際有料電話番号

既存の電話番号の移行

×

ダイヤルアウト/折り返し先 – 国内

ダイヤルアウト/折り返し先 – 国際

○。ただし一部の国と地域でのみ利用可能。サポートされている国/地域の一覧は「電話会議と通話プランがサポートされている国/地域」を参照。

会議開催者は PIN による認証ができる

×

組織内のすべてのユーザーは PIN を使用した認証ができる

×

×

既定のダイヤルイン電話番号が記載された会議出席依頼ページ

サポート対象ダイヤルイン電話番号の完全なリストが記載された、追加のダイヤルイン ページ

PIN なしでサードパーティ会議を開始するオプション

×

多言語サポート

○。「電話会議のサポート対象言語」を参照。

あり

会議自動応答の言語の管理

複数の国/地域のサポート

○。「電話会議と通話プランがサポートされている国/地域」を参照。

あり

会議が始まっていない場合、または会議がロックされている場合の保留中の音楽

×

国際ダイヤルイン番号を既定のダイヤルイン番号としてユーザー用に設定すること (会議の出席依頼に表示)

×

Skype for Business Online ユーザーまたは Microsoft Teams ユーザーが会議の ID と PIN をリセットする場合の統合操作

×

動的な会議 ID を使ったプライベート会議のサポート

×

電話会議プロバイダーとして Microsoft を選択した場合は、「電話会議の既知の問題」もご覧ください。

関連項目

Skype for Business および Microsoft Teams の電話会議をセットアップする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×