電話システムでの自動応答を挙げてください。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の自動応答を使用して、内部および外部の発信者に応答する組織のメニュー システムを作成することで、電話システムを探し、配置、会社のユーザーや、組織内の部門に通話を転送するメニュー システムを移動します。

連絡先を呼び出すと、一連のユーザーに電話をかけるや、組織内の他のユーザーを検索し、そのユーザーに電話をかけることを促すボイス メッセージが表示されます。自動応答は、一連を促すボイス メッセージまたは組織にコールインする場合に、発信者がオペレーターではなく聞くオーディオ ファイルとします。自動応答には、メニュー システムを移動する、通話、または電話のキーパッド (DTMF) を使用してユーザーを検索または音声認識を使って入力を音声に発信者ことができます。Office 365 で、電話システムの自動応答を設定する [次のとおりです。

電話システムでの自動応答では、次の機能があります。

  • 企業用またはお知らせの応答メッセージを提供します。

  • ユーザー設定の企業用メニューを提供します。このメニューは複数のレベルがあるようにカスタマイズできます。

  • 電話を発信するユーザーが組織のディレクトリで名前を検索できるようにするディレクトリ検索を提供します。

  • 組織内のユーザーに通話したり、メッセージを残すことができます。

セットアップする、電話システムで自動応答は、次のとおりです。

はじめに

自動応答を使用する場合は、次の重要な点について留意してください。

  • 組織は、Enterprise E3 および電話システムのライセンスまたは Enterprise E5 ライセンス (最低) が必要です。 サービスの数の数値の影響を割り当てられている電話システムでユーザーのライセンスの数の自動応答のために利用できます。した自動応答の番号が、組織内で割り当てられている番号の電話システム電話会議ライセンスに依存します。詳細については、ライセンス、[次のとおりです。

    ヒント: 演算子または電話システムでライセンスを使って、オンラインのユーザーである] メニューのオプションに通話をリダイレクトするには、エンタープライズ ボイスを有効にする、またはにプランの呼び出しを割り当てる必要があります。ビジネス ライセンスを割り当てる Skypeを参照してください。Windows PowerShell を使用することもできます。実行例: Set-CsUser -identity "Amos Marble" -EnterpriseVoiceEnabled $true

  • サービスのフリー ダイヤル番号を自動応答の使用をするには、クレジットの通信を設定する必要があります。この確認を行う通信を加算したものは何ですか?クレジットの通信を設定するとします。

    重要: ユーザー (購読者) の電話番号を自動応答に割り当てることはできません。サービスの有料電話番号または無料電話番号のみを使用できます。

機能の概要

名前でダイヤル

ダイヤル名では、ディレクトリの検索と呼ばれる自動応答の機能です。会社のディレクトリを検索、ユーザーを検索しに通話を転送全体または一部の名前を入力する音声 (音声) または (DTMF)、電話のキーパッドを使用するには、自動応答に参加するユーザーができるようにします。ある場合は Skype for Business Online ユーザーこれらは必要ありませんが、電話番号またはに割り当てたプランの呼び出しを電話システムでライセンスを持っている必要がありますダイヤル名を使用して検索するときに到達するためには。名前でダイヤルを検索して、skype for Business Online で異なる国や地域多国籍の組織でホストされているユーザーの着信転送もできます。

注意: オンプレミス展開の Skype for Business 2015 または Lync Server 2013/2010 ユーザーは、検索されたときにディレクトリに一覧表示されません。

最大ディレクトリ サイズ

名前でダイヤル Active Directory サイズの制限はサポートされていません (FirstName、LastName とも LastName + FirstName) の一部または全部の名前を入力するために検索する電話のキーパッドを使用する場合があります。ただし、音声で名前認識を使用する 1 つの自動応答をサポートできる名前のリストの最大サイズは、80,000 ユーザーです。

入力の種類

検索の形式

組織内の最大ユーザー数

DTMF (キーパッド入力)

部分

FirstName + LastName

LastName + FirstName

ハード制限なし

スピーチ (音声入力)

FirstName

LastName

FirstName + LastName

LastName + FirstName

80,000 ユーザー

注: ダイヤル スコープを使用して名前で機能名でダイヤル、音声認識を使っているが、80,000 ユーザーを超える場合は、組織の Active Directory とダイヤルの範囲を限定していない場合は、電話のキーパッドを使用して、発信者の名前でダイヤルが引き続きと音声入力は、その他のすべてのシナリオに表示されます。ダイヤルする特定の自動応答の名前の範囲を変更することによって到達可能な名前を絞り込むダイヤル スコープ機能を使用することができます。

名前でダイヤル – キーパッド (DTMF) 入力

発信者は名前でダイヤル機能を使って相手の名前全体またはその一部を指定することでユーザーに到達できます。この利点は、名前の入力時にさまざまな形式を利用できる点です。

組織のディレクトリを検索する場合、「0」(ゼロ) キーを使って名と姓または姓と名の間にスペースを挿入できます。名前を入力するときに、# (パウンド) キーを使ってキーパッドを終了するように求められます。たとえば、「通話の相手の名前を入力し終えたら、# を押してください。」と求められます。複数の名前が検出された場合は、選択肢として名前の一覧が提供されます。

電話機のキーパッドで次の検索形式を使用して組織内の名前を検索できます。

名前の形式

検索の種類

検索結果

FirstName + LastName

完全

Amos0Marble#

Amos Marble

LastName + FirstName

完全

Marble0Amos#

Amos Marble

FirstName

完全

Amos#

Amos Marble の場合は 1 を押す

Amos Marcus の場合は 2 を押す

LastName

完全

Marble#

Amos Marble の場合は 1 を押す

Mary Marble の場合は 2 を押す

FirstName または LastName

部分

Mar#

Mary Marble の場合は 1 を押す

Mary Jones の場合は 2 を押す

Amos Marcus の場合は 3 を押す

FirsName + LastName

部分

Mar0Amos#

Amos Marble の場合は 1 を押す

Amos Marcus の場合は 2 を押す

LastName + FirstName

部分

Mar0Am#

Amos Marble の場合は 1 を押す

Amos Marcus の場合は 2 を押す

電話機のキーパッドを使用してユーザーを検索するときに使われる特殊文字がいくつかあります。たとえば、ゼロのキー (0) が名前の間のスペースとして使われるときに、ユーザーに対してシャープ記号 (#) を使うよう求められることがあります。アスタリスク キー (*) を押すと、特定のユーザーに一致する名前の一覧を繰り返します。

電話機のキーパッドの特殊文字

意味

# (シャープ記号)

名前入力時の終了文字です。

0 (ゼロ)

名前の間のスペースです。

* (アスタリスク)

一致する名前のリストを繰り返します。

名前でダイヤル – 音声による名前認識

組織内のユーザーを音声を使用して検索できます (音声認識)。特定する人物の名前を読み上げることで、会社の Active Directory にあるユーザーに到達できます。音声入力では、到達相手の FirstName、LastName、FirstName + LastName または LastName + FirstName など、さまざまな形式で名前が認識されます。

自動応答で音声認識を有効にしても、キーパッド入力 (DTMF) は無効にならないため、両方の入力形式を使用できます。電話機のキーパッドによる入力は自動応答で音声認識が有効な場合でも無効にできないため、いつでも使用できます。

電話機のキーパッド入力と同様に、複数の名前が検出された場合、発信者には選択肢として名前の一覧が提供されます。

発信者は次の形式で名前を読み上げることができます。

音声での名前

検索の種類

検索結果

FirstName + LastName

完全

Amos Marble

Amos Marble

LastName + FirstName

完全

Marble Amos

Amos Marble

FirstName

完全

Amos

Amos Marble の場合は 1 を押すか 1 と言う

Amos Jones の場合は 2 を押すか 2 と言う

LastName

完全

Marble

Amos Marble の場合は 1 を押すか 1 と言う

Ben Marble の場合は 2 を押すか 2 と言う

注: ディレクトリでダイヤルの使用時に名前が表示音声認識に相手の名前を使用して新しいユーザーの最大 36 時間かかる場合があります。

サポート言語

テキスト読み上げで利用できる言語は次のとおりです。

アラビア語 (EG)

英語 (U.K.)

韓国語 (KO)

中国語 (HK)

英語 (U.K.)

ノルウェー語 (NO)

中国語 (TW)

英語 (米国)

ポーランド語 (PL)

中国語 (ZH)

フィンランド語 (FI)

ポルトガル語 (BR)

デンマーク語 (DA)

フランス語 (CA)

ポルトガル語 (PT)

オランダ語 (NL)

フランス語 (FR)

ロシア語 (RU)

英語 (AU)

ドイツ語 (DE)

スペイン語 (ES)

英語 (CA)

イタリア語 (IT)

スペイン語 (MX)

英語 (IN)

日本語 (JP)

スウェーデン語 (SV)

自動応答での音声認識に対応している言語は次のとおりです。

中国語 (ZH)

フランス語 (FR)

英語 (AU)

ドイツ語 (DE)

英語 (CA)

イタリア語 (IT)

英語 (IN)

日本語 (JP)

英語 (U.K.)

ポルトガル語 (BR)

英語 (米国)

スペイン語 (ES)

フランス語 (CA)

スペイン語 (MX)

音声認識に対応している 14 言語では、次の音声コマンドを利用できます。

音声コマンド

意味

あり

はい - 1 を押すと、「はい」になります。

なし

いいえ - 2 を押すと、「いいえ」になります。

繰り返し

オプションのリストの繰り返し - * を押すとオプションのリストを繰り返します。

オペレーター

オペレーターに接続 – 0 を押すと「オペレーター」につながります。

メイン メニュー

通話者を自動応答のメイン メニューに移動させます。

ゼロ

0 を押すことになります (既定では、「オペレーター」と同じです)。

イチ

1 を押すことになります。

2 を押すことになります。

サン

3 を押すことになります。

ヨン

4 を押すことになります。

5 を押すことになります。

ロク

6 を押すことになります。

ナナ

7 を押すことになります。

ハチ

8 を押すことになります。

キュウ

9 を押すことになります。

オペレーター オプションの使用

自動応答でオペレーターを使用することはオプションの設定として提供され、発信者は実際の人間と対話する機会を得られます。

既定では、オペレーターに割り当てられているキーは 0 で、音声コマンドは (音声認識でサポートされるすべての言語での)「オペレーター」になります。

注: [メニュー オプション] で、オペレーター用のボタンを異なるキーに設定することができます。

以下をオペレーターとして設定できます。

  • Skype for Business Online のユーザーをエンタープライズ ボイスを有効にした、または通話プランが割り当てられている電話システムでライセンスをします。相手呼び出しをボイス メールを送信できないようにする設定ことができます。これを行うには、社内のユーザーを選択しが直接ボイス メールに自動的に転送するこのユーザーの呼び出しを設定します。

    注: Skype for Business Server 2015 または Lync Server 2013/2010 を使用するオンプレミスでホストされるユーザーは、オペレーターとして使用することはできません。

  • 組織で設定された別の自動応答。

  • 組織で設定された任意の既存の通話キュー。通話キューの詳細については、「通話キューを作成する」をご覧ください。

営業時間と通話処理

営業時間は各自動応答に設定されます。営業時間を設定しない場合、既定では 1 日 24 時間のスケジュールに設定されているため、週のすべての曜日と時間が営業時間であると考慮されます。営業時間には、その日の間に休憩時間を設定できます。営業時間として設定されていない時間はすべて営業時間外と考慮されます。異なる着信処理オプションや応答メッセージ (省略可能) を設定できます。これらは両方とも営業時間内および営業時間外に設定できます。

各自動応答には、設定可能な通話処理オプションがあります。

  • 応答メッセージの後に通話を切断することができます。

  • 次の操作も実行できます。

    • Skype for Business Online エンタープライズ ボイスが有効な電話システムでライセンスをユーザーに通話をリダイレクトするかに割り当てたプランの呼び出しします。相手呼び出しをボイス メールを送信できないようにする設定ことができます。これを行うには、社内のユーザーを選択しが直接ボイス メールに自動的に転送するこのユーザーの呼び出しを設定します。

      注: Skype for Business Server 2015 または Lync Server 2013/2010 を使用するオンプレミスでホストされるユーザーはサポートされません。

    • 通話キューに通話をリダイレクトする。通話キューの詳細については、「通話キューを作成する」をご覧ください。

    • 設定済みの別の自動応答に通話をリダイレクトします。

  • メニュー オプションを作成し、発信者に対してメニュー プロンプトを再生する。例: 「セールスの場合は 1 を、サービスに場合は 2 を押してください。オペレーターとお話するには、いつれも 0 を押してください。」

メニュー オプション

電話システムの自動応答を使用すると] メニューの [画面の指示 (「売上キーを押します 1、サービスのためのキーを押して 2」) を作成して、ユーザーの選択に基づいてルーティングの着信] メニューのオプションを設定することができます。自動応答メニュー オプションを設定すると、オペレーターによる着信電話の処理に関係なく、高速で、宛先にユーザーを取得する対話型のガイダンスを提供する組織が使用できます。音声合成 (システムによって生成されるプロンプト) を使用] メニューの [画面の指示を作成するかが記録されているオーディオ ファイルをアップロードしています。音声認識を自在に移動できる、音声コマンドを使用してがユーザーの電話も使えます電話のキーパッドのメニューを移動します。

Skype for Business 管理センターを使用して、0 から 9 のキーを自動応答のメニュー オプションに割り当てることができます。営業時間と営業時間外に対して異なるメニュー オプションのセットを作成できます。メニュー オプションでは、[名前でダイヤル] 機能を有効または無効にできます。キーは、次の場所に通話を転送するようにマッピングできます。

  • オペレーター。既定ではキー 0 にマッピングされています。ただし、別の任意のキーに再割り当てすることや、オペレーターをメニューから削除することができます。

  • 通話キューです。

  • 別の自動応答。自動応答のメニュー オプションを独自のメニュー オプションを持つ別の自動応答に導くことで、マルチレベルのメニューを設定できます。これは、「ネストされた」自動応答と呼ばれます。

  • Skype for Business Online のユーザーがエンタープライズ ボイスを有効にしたか、プランの呼び出しを電話システムでライセンスが割り当てられています。相手呼び出しをボイス メールを送信できないようにする設定ことができます。これを行うには、社内のユーザーを選択し、[この人の着信が直接ボイス メールに自動的に転送を設定します。

    注: Skype for Business Server 2015 または Lync Server 2013/2010 を使用するオンプレミスでホストされるユーザーは、メニュー オプション で使用することはできません。

音声認識が有効な場合、各メニュー オプションの名前が音声認識キーワードになります。たとえば、発信者は「1」と読み上げることで、キー 1 にマッピングされたメニュー オプションを選択できます。また、単に「セールス」と読み上げることで、「セールス」と名付けられたメニュー オプションを選択できます。

自動応答およびメニュー オプションを設定するには、ここにアクセスしてください。

自動応答のサービス番号の取得

自動応答を作成し、設定する前に、有料またはフリーダイヤルのサービス番号を取得するか、既存の番号を移行する必要があります。有料またはフリーダイヤルのサービス番号を取得すると、[Skype for Business 管理センター] > [音声] > [電話番号] タブに表示され、[番号の種類] が [サービス – フリーダイヤル] として一覧表示されます。サービス番号を取得するには、「Skype for Business サービスの電話番号を取得する」をご覧ください。既存のサービス番号を移行する場合は、「Skype for Business Online に電話番号を転送する」をご覧ください。

注: 米国以外の国では、Skype for Business 管理センターを使用してサービス番号を取得することはできません。米国以外の国でのサービス番号を取得する方法については、こちらをご覧ください。

ユーザーの発信者番号に通話キューの電話番号を変更します。

ユーザーの id を保護するには、 New-CallingLineIdentityコマンドレットを使用してポリシーを作成して、代わりに発信通話キューに、発信者を変更します。

この実行を実行します。

New-CsCallingLineIdentity -Identity "UKSalesQueue" -CallingIdSubstitute "Service" -ServiceNumber 14258828080 -EnableUserOverride $False -Verbose

Grant-CallingLineIdentityコマンドレットを使用してユーザーにポリシーを適用します。この実行を実行します。

Grant-CsCallingLineIdentity -PolicyName UKSalesQueue -Identity "AmosMarble@contoso.com"

組織内の発信者 ID の設定を変更する方法の詳細についてご次のとおりです。

関連トピック

ここでは表示された電話システムで Office 365 で
プランの呼び出しを設定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×