電話オプションの設定

このトピックの内容

電話番号

電話番号へのアクセスを管理する

Active Directory についてと、一部の電話番号が変更も非公開にもできない理由

電話の統合

電話番号

[電話番号] オプションを使用して、自分の番号を入力して公開または非公開にすることができます。電話番号はプレゼンス情報の一部であり、Communicator ユーザーはこれを使用して他のユーザーに連絡します。電話番号を公開するときは、アクセス レベルを設定して電話番号へのアクセスを制御する必要があります。連絡先にアクセス レベルを割り当てると、たとえば、携帯電話や自宅の電話番号の使用を社内の全ユーザーではなく、親しい同僚のみに限定できます。詳細については、この後の「 電話番号へのアクセスを管理する 」を参照してください。

  • [勤務先]     勤務先の電話番号を表示します。この番号が Microsoft Active Directory ディレクトリ サービスから提供されている場合は、この番号は編集不可となり、[勤務先] ボタンは無効となります。勤務先電話番号は社内のすべての Communicator ユーザーが使用可能です。この電話番号をプレゼンス プロファイルの一部として公開するには、番号の隣の [電話番号を公開] チェック ボックスをオンにします。

  • [携帯電話]     携帯電話番号を追加または編集するには、[携帯電話] をクリックします。この電話番号をプレゼンス プロファイルの一部として公開するには、番号の隣の [電話番号を公開] チェック ボックスをオンにします。携帯電話番号は、「チーム」または「個人用」のアクセス レベルを付与した連絡先すべてに公開されます。

  • [自宅]     自宅の電話番号を追加または編集するには、[自宅] をクリックします。この電話番号をプレゼンス プロファイルの一部として公開するには、番号の隣の [電話番号を公開] チェック ボックスをオンにします。自宅の電話番号は、「個人用」アクセス レベルを付与した連絡先すべてに公開されます。

  • [その他]     別の電話番号を追加または編集するには、[その他] をクリックします。この電話番号には、一時的なオフィスや別の携帯電話の番号が考えられます。この電話番号をプレゼンス プロファイルの一部として公開するには、番号の隣の [電話番号を公開] チェック ボックスをオンにします。この電話番号は、「個人用」アクセス レベルを付与した連絡先すべてに公開されます。

ページの先頭へ

電話番号へのアクセスを管理する

特に自宅や携帯電話の電話番号を公開した後で、アクセス レベルが次のように設定されていることを確認する必要があります。

  • アクセスを許可したい連絡先から番号が使用できるようにする。

  • アクセスを許可したくない連絡先から番号が使用できないようにする。

次の表に、関連する電話番号にアクセスするために連絡先に付与する必要があるアクセス レベルを示します。既定では、連絡先リストに加えた時点で連絡先には「社内」アクセス レベルが割り当てられています。これは、勤務先の電話番号にのみアクセスできることを意味しています。

電話番号

禁止

公開用

社内

チーム

個人用

勤務先電話番号 *

X

X

X

携帯電話番号 *

X

X

自宅電話番号 *

X

その他の電話番号 *

X

注: * Active Directory で定義されている電話番号は、アクセス レベルが 「社内」、「チーム」、または「個人用」である会社内のすべての連絡先に表示されます。アクセス レベルが「禁止」または「公開用」のユーザーには表示されません。Active Directory で定義された電話番号は、[電話] タブで編集できません。

連絡先にアクセス レベルを割り当てるには

次のいずれかの操作を行います。

  • 連絡先リストで連絡先を右クリックし、[アクセス レベルの変更] をポイントし、アクセス レベルを選択します。たとえば、携帯電話番号にアクセスできるようにする場合、「チーム」または「個人用」のアクセス レベルを割り当てます。

  • [Communicator] ウィンドウで [連絡先の表示方法を変更] ボタンをクリックし、[アクセス レベル] を選択して、連絡先を適切なアクセス レベルにドラッグします。

  • 他のユーザーの連絡先リストに追加されたという Communicator 通知を受信したとき、[この人のアクセス レベル] ドロップダウン リストからアクセス レベルを選択します。

ページの先頭へ

Active Directory についてと、一部の電話番号が変更も非公開にもできない理由

Microsoft Active Directory から Communicator に渡される電話番号は、[電話] タブに非アクティブ フィールドとして表示され、編集できません。さらに、この番号は非公開にすることもできません。Active Directory から取得した番号の [公開] チェック ボックスをオフにしても、番号は非公開になりません。

ページの先頭へ

電話の統合

  • [電話システムとの統合を有効にする]     このチェック ボックスをオンにすると Communicator とデスクトップ電話が統合されます。電話の統合を有効にすると、Communicator を使用してデスクトップ電話を制御できます。たとえば、連絡先リストの電話ボタンをクリックして電話をかけたり、コンピュータ画面の電話通知ポップアップ ウィンドウをクリックして電話に応答したりすることができます。電話の統合は通常、システム管理者が設定します。社内で電話の統合が使用できるかどうかについては、システム管理者に問い合わせてください。

  • [詳細設定]     [詳細設定] をクリックすると、[電話統合の詳細設定] ダイアログ ボックスが表示され、ここでリモート通話コントロール URI (Uniform Resource Identifier) と電話 URI を手動で構成できます。この構成は通常、システム管理者が実行します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×