電話による会議または電話会議への参加

電話を使用すると、Microsoft Lync 2010 電話会議または音声のみのオンライン会議に接続できます。電話を使用する場合は、電話会議のリーダーまたは参加者として参加できます。電話会議のリーダーと参加者は、デュアルトーン多重周波数 (DTMF) を使用して会議を管理できます。

注:  Lync 2010 および Microsoft Lync 2010 用のオンライン会議アドインでは、電話会議のリーダーは [発表者] と呼ばれます。会議の開催者が自動的にリーダーになります。

電話会議のリーダーがコンピューターにアクセスせずに電話で参加する場合は、電話する前に自分のダイヤルイン会議 PIN 番号を設定しておく必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ダイヤルイン会議 PIN を設定する

参加者として参加する

電話会議に参加者として参加する

回線をミュートする、または参加者リストを確認する

電話会議のリーダーとして参加する

電話会議にリーダーとして参加する

DTMF コマンドを使用して会議を管理する

ダイヤルイン会議 PIN を設定する

電話会議のリーダーとして参加する場合は、ダイヤルイン会議 PIN を使用する必要があります。電話会議の参加者として参加する場合は、ロビーで待たずにダイヤルイン PIN と勤務先電話番号を使用して、特定の参加者に限定されたセキュリティ保護された会議に参加することもできます。ダイヤルイン PIN を設定または変更するには、次の操作を行います。

  1. Lync のメイン ウィンドウで [メニューを表示] 矢印 [オプション] をクリックし、[ツール] をポイントし、[ダイヤルイン会議の設定] をクリックします。

  2. [ダイヤルイン会議の設定と PIN 管理] ページの [暗証番号 (PIN)] で、[サインイン] をクリックします。

  3. 使用する言語を選択し、必要に応じてネットワーク資格情報を入力し、[サインイン] をクリックします。

  4. [暗証番号 (PIN)] で [暗証番号 (PIN) のリセット] をクリックします。

  5. PIN の要件を確認、新しい PIN を入力してから確認のために再入力し、安全な場所に記録します。

  6. [OK] をクリックします。

参加者として参加する

ほとんどの場合、Lync 電話会議には、電話番号をダイヤルして名前を記録るだけで簡単に参加できます。電話が接続された後は、DTMF コマンドを使用して音声をミュートしたり、一連の参加者の発言を聞いたりできます。DTMF コマンドは電話のキーパッドから入力できるタッチトーン コードです。

電話会議に参加者として参加する

  1. 会議出席依頼を開き、[電話で参加] でダイヤルイン番号と会議 ID を記録します。出張中の場合は、招待状にある [電話番号を探す] リンクをクリックし、現在の場所で使用できるダイヤルイン番号があるかどうかを確認することもできます。

  2. 表示されているいずれかの番号をダイヤルし、指示に従って会議 ID を入力し、その後に番号記号 (#) を押します。

  3. "開催者の場合…" というメッセージが再生されてから数秒間待ってください。

  4. (オプション) 会議が保護されている場合、つまり指定された参加者に限定されている場合は、次のいずれかを行います。

    • 指示に従って、勤務先電話番号や内線番号を入力してからダイヤルイン PIN を入力します。

    • リーダーが会議への参加を承認するまで待機します。

  5. 指示に従って名前を記録し、番号記号 (#) を押します。

以下の状況では、電話が接続されるまで待機する必要があります。

  • リーダーが電話会議に参加していない

  • 保護された電話会議の場合、上記の手順 4 で内線番号と PIN を入力せずにロビーで待機することを選択している

回線をミュートする、または参加者リストを確認する

次の表に、電話会議中に参加者が電話のキーパッドから入力できる DTMF コマンドまたはタッチトーン コードを示します。

キー

操作内容

*1

使用できる DTMF コマンドの説明をプライベートで再生する

*3

会議の各参加者の名前をプライベートで再生する

*6

マイクのミュートとミュート解除を切り替える

ページの先頭へ

電話会議のリーダーとして参加する

電話会議にリーダーとして参加するには、ダイヤルイン番号と会議 ID に加えて、ダイヤルイン PIN を設定して記録する必要があります。電話が接続された後は、DTMF コマンドを使用して会議の音声およびその他のオプションを管理できます。

電話会議にリーダーとして参加する

  1. 会議出席依頼を開き、[電話で参加] でダイヤルイン番号と会議 ID を記録します。招待状にある [電話番号を探す] リンクをクリックし、追加のダイヤルイン番号があるかどうかを確認することもできます。

  2. 表示されているいずれかの番号をダイヤルし、指示に従って会議 ID を入力し、その後に番号記号 (#) を押します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 会議を予約している場合は、メッセージに従って星印 (*) キーを押してから PIN を入力します。

    • 会議の開催者ではない場合は、"会議のリーダーに指名されていない場合は、もう一度星印 (*) キーを押してください" というメッセージが再生されるまで待ちます。次に星印 (*) キーを押し、指示に従って電話番号と PIN を入力します。

"リーダーとして会議に参加しています" というメッセージが再生され、電話が接続されます。

注:  保留になるか、または名前を記録するように求められた場合は、電話会議のリーダーとして認証されなかったので、電話を切り、再び電話会議に接続してみてください。

DTMF コマンドを使用して会議を管理する

会議中には、次の表にある DTMF コマンドを使用して、参加者、音声、およびロビーを管理します。

キー

操作内容

使用できる人

*1

使用できる DTMF コマンドの説明をプライベートで再生する

全員

*3

会議の参加者の名前をプライベートで再生する

全員

*4

聴衆の音声をミュートするか、またはミュートの制御を参加者に返す

重要:  聴衆のミュートを解除しても、個々の参加者のミュートは解除されません。参加者のミュートを解除すると、参加者には各自でミュートを解除する方法を説明するメッセージが再生されます。

リーダーのみ

*6

マイクのミュートとミュート解除を切り替える

全員

*7

会議をロックするか、またはロックを解除する

リーダーのみ

*8

ロビーで待機しているすべての参加者を承認します。このコマンドを発行した後は、会議のすべての参加者がロビーを通過します。

リーダーのみ

*9

会議への参加と退出のアナウンスを有効または無効にします。アナウンスは会議のすべての参加者に再生されます。

リーダーのみ

注:  これらのコマンドは、各自のネットワーク構成や場所に基づいて異なります。普段と異なる場所から通話している場合は、[電話番号を探す] リンクをクリックして使用できるコマンドを確認してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×