電話による会議または電話会議への参加

電話を使用して、Microsoft Lync Online 通信ソフトウェアの電話会議またはオンライン会議の音声部分のみに接続できます。電話を使用する場合は、参加者として、または電話会議のリーダーとして参加できます。電話会議のリーダーと参加者はどちらも、デュアルトーン多重周波数 (DTMF) コマンドを使用して会議を管理できます。

注: Lync Online および Microsoft Lync 2010 用のオンライン会議アドインでは、電話会議のリーダーは発表者と呼ばれます。会議の開催者は自動的にリーダーになります。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

電話による会議または電話会議への参加

電話による会議または電話会議への参加

ほとんどの場合、Lync 電話会議では、会議の電話番号をダイヤルするだけで簡単に会議に参加できます。電話会議に接続された後は、DTMF コマンドを使用して自分の回線をミュートしたり、参加者リストを聞いたりできます。

次の表に、参加者が電話会議中に使用できる標準的な DTMF コマンドを示します。

DTMF コード

説明

*1

使用できる DTMF コマンドの説明をプライベートで再生する

*3

会議の参加者の名前をプライベートで再生する

*4

聴衆の音声をミュートするか、またはミュートの制御を参加者に返す

重要: 聴衆のミュートを解除しても、個々の参加者のミュートは解除されません。聴衆のミュートを解除すると、参加者には各自でミュートを解除する方法を説明するメッセージが再生されます。

*6

自分のマイクのミュートとミュート解除を切り替える

*7

会議をロックするか、ロックを解除する

*8

ロビーで待機しているすべての参加者を承認します。このコマンドを発行した後は、会議のすべての参加者がロビーを通過します。

*9

参加者に対する会議への参加と退出のアナウンスを有効または無効にします。アナウンスは会議のすべての参加者に対して再生されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×