電子情報開示ワークフローでコンテンツ検索を使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターのコンテンツの検索機能では、組織内のすべてのメールボックスを検索することができます。インプレースはExchange Online (場所最大 10,000 人のメールボックスを検索することができます) で電子情報開示とは異なり、1 つの検索の対象メールボックスの数に制限はありません。組織全体の検索を実行する必要がある場合、すべてのメールボックスを検索するコンテンツの検索を使用することができます。[インプレース電子情報開示のワークフロー機能を使用すると、上に配置するメールボックスの保留し、エクスポートの検索結果など、他の電子情報開示関連のタスクを実行します。たとえば、応答が有効な場合に、特定の通告を特定するすべてのメールボックスを検索する必要があるとします。セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツの検索を使用すると、大文字と小文字を応答性の高いものを特定するのに、組織内のすべてのメールボックスを検索します。[ Exchange Onlineのインプレース電子情報開示検索のソース メールボックスと管理者のメールボックスの一覧を使用したことができます。使ってインプレース電子情報開示を使用すると、それらのソース メールボックスに対して設定、検出メールボックスに検索結果をコピー、および検索結果をエクスポートすることもできます。

このトピックには、セキュリティ/コンプライアンス センター で作成された検索から、ソース メールボックスと検索クエリの一覧を使用して、Exchange Online でインプレース電子情報開示検索を作成するために実行できるスクリプトが含まれます。そのプロセスの概要を以下に示します。

手順 1:組織内のすべてのメールボックスを検索するコンテンツ検索を作成する

手順 2:1 つのリモート PowerShell セッションで、セキュリティ/コンプライアンス センターと Exchange Online に接続する

手順 3:スクリプトを実行してコンテンツ検索からインプレース電子情報開示検索を作成する

手順 4:インプレース電子情報開示検索を開始する

インプレース電子情報開示検索を作成し、実行した後の手順

手順 1:組織内のすべてのメールボックスを検索するコンテンツ検索を作成する

最初の手順は、セキュリティ/コンプライアンス センター (または Windows PowerShell) を使用して、組織内のすべてのメールボックスを検索するコンテンツ検索を作成することです。1 回のコンテンツ検索のメールボックス数に制限はありません。検索で調査に関連するソース メールボックスのみが返されるように、適切なキーワード クエリ (または機密情報の種類のクエリ) を指定します。必要に応じて、返される検索結果とソース メールボックスの範囲を絞り込むように、検索クエリを再設定します。

注: ソース コンテンツ検索で何も結果が返されない場合、手順 3 でスクリプトを実行しても、インプレース電子情報開示が作成されません。検索クエリを変更してから、コンテンツ検索を再実行して、検索結果を返す必要がある可能性があります。

セキュリティ/コンプライアンス センターを使用して、すべてのメールボックスを検索するには

  1. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターを表示します。

  2. [検索と調査] をクリックして、[コンテンツ検索] をクリックし、[新規] [追加] アイコン をクリックします。

  3. [新しい検索] ページで、コンテンツ検索の名前を入力します。

  4. [どこを調べますか?] で、[すべてのメールボックスを検索する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. [何をお探しですか?] の下のボックスに検索クエリを入力します。キーワード、送信日や受信日などのメッセージ プロパティ、またはファイル名や文書の最終更新日などのドキュメント プロパティを指定できます。AND、OR、NOT、または NEAR など、ブール演算子を使用する複雑なクエリを使用したり、メッセージ内の機密情報 (社会保障番号など) を検索したりすることもできます。検索クエリの作成の詳細については、「Keyword queries for Content Search (コンテンツ検索のキーワード クエリ)」を参照してください。

  6. [検索] をクリックして、検索設定を保存し、検索を開始します。

    しばらくすると、検索結果の見積もりが詳細ウィンドウに表示されます。見積もりには、検索結果の合計サイズとアイテム数が含まれます。検索が完了したら、検索結果をプレビューできます。必要に応じて、[更新] [更新] アイコン アイコンをクリックして詳細ウィンドウの情報を更新します。

  7. 必要に応じて、検索結果の範囲を絞り込むように、検索クエリを再設定してから、検索を再開します。

Windows PowerShellを使用して、すべてのメールボックスを検索するには

New-ComplianceSearch コマンドレットを使用して、組織内のすべてのメールボックスを検索することもできます。 最初の手順は、リモート PowerShell を使用して Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターに接続することです。

次に、Windows PowerShell を使用して、組織内のすべてのメールボックスを検索する例を示します。検索クエリは、2015 年 1 月 1 日から 2015 年 6 月 30 日の間に送信され、件名行に "財務報告書" という語句が含まれているすべてのメッセージを返します。最初のコマンドは検索を作成し、2 番目のコマンドは検索を実行します。

New-ComplianceSearch -Name "Search All-Financial Report" -ExchangeLocation all -ContentMatchQuery 'sent>=01/01/2015 AND sent<=06/30/2015 AND subject:"financial report"'
Start-ComplianceSearch -Identity "Search All-Financial Report"

詳細については、「New-ComplianceSearch」を参照してください。

先頭に戻る

コンテンツ検索でソース メールボックスの数を確認する

コンテンツ検索は、検索結果が含まれている最大 1,000 個のソース メールボックスを返します。検索クエリに一致したコンテンツを含むメールボックスが 1,000 個を超える場合、最も多くの検索結果を含む上位 1,000 個のメールボックスのみが、前の手順で作成したコンテンツ検索に含まれます。そのため、検索結果が含まれるメールボックスが 1,000 個を超える場合、それらのメールボックスの一部は、手順 3 で作成される新しいインプレース電子情報開示検索にコピーされるソース メールボックスのリストに含まれません。

ソース メールボックスが 1,000 個を超えないコンテンツの検索を作成するために、次の手順に従って、手順 1 で作成したコンテンツ検索によって返されるソース メールボックス (検索結果を含む) の数を表示するスクリプトを実行します。

  1. .ps1 のファイル名サフィックスを使用して、次のテキストを Windows PowerShell スクリプト ファイルに保存します。たとえば、SourceMailboxes.ps1 という名前のファイルに保存できます。

    [CmdletBinding()]
    Param(
        [Parameter(Mandatory=$True,Position=1)]
        [string]$SearchName
    )
    
    $search = Get-ComplianceSearch $SearchName
    if ($search.Status -ne "Completed")
    {
                    "Please wait until the search finishes.";
                    break;
    }
    
    $results = $search.SuccessResults;
    if (($search.Items -le 0) -or ([string]::IsNullOrWhiteSpace($results)))
    {
                    "The Content Search " + $SearchName + " didn't return any useful results.";
                    break;
    }
    
    $mailboxes = @();
    $lines = $results -split '[\r\n]+';
    foreach ($line in $lines)
    {
        if ($line -match 'Location: (\S+),.+Item count: (\d+)' -and $matches[2] -gt 0)
        {
            $mailboxes += $matches[1];
        }
    }
    
    "Number of mailboxes that have search hits: " + $mailboxes.Count
  2. セキュリティ/コンプライアンス センター に接続された Windows PowerShell セッションで、前の手順で作成したスクリプトがあるフォルダーに移動し、次のようにスクリプトを実行します。

    .\SourceMailboxes.ps1
  3. スクリプトから入力が求められたら、手順 1 で作成したコンテンツ検索の名前を入力します。

    スクリプトは、検索結果を含むソース メールボックスの数を表示します。

ソース メールボックスが 1,000 個を超える場合は、複数のコンテンツ検索を作成してみてください。たとえば、1 つのコンテンツ検索で組織のメールボックスの半分を検索し、別のコンテンツ検索で、残りの半分を検索します。検索条件を変更して、検索結果を含むメールボックスの数を減らすこともできます。たとえば、日付範囲を含めたり、キーワード クエリを絞り込んだりすることができます。

先頭に戻る

手順 2: 1 つのリモート PowerShell セッションセキュリティ/コンプライアンス センターとExchange Onlineに接続します。

次の手順は、Windows PowerShell を セキュリティ/コンプライアンス センター と Exchange Online 組織の両方に接続することです。これは、手順 3 で実行するスクリプトで、セキュリティ/コンプライアンス センター のコンテンツ検索コマンドレットと Exchange Online のインプレース電子情報開示コマンドレットにアクセスする必要があるために必要です。

  1. .ps1 のファイル名サフィックスを使用して、次のテキストを Windows PowerShell スクリプト ファイルに保存します。たとえば、ConnectEXO-CC.ps1 という名前のファイルに保存することができます。

    $UserCredential = Get-Credential
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell-liveid -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
    Import-PSSession $Session -DisableNameChecking
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.compliance.protection.outlook.com/powershell-liveid -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
    Import-PSSession $Session -AllowClobber -DisableNameChecking
    $Host.UI.RawUI.WindowTitle = $UserCredential.UserName + " (Exchange Online + Compliance Center)"
  2. ローカル コンピューターで、Windows PowerShell を開き、前の手順で作成したスクリプトがあるフォルダーに移動し、次のようにスクリプトを実行します。

    .\ConnectEXO-CC.ps1

これが機能したかどうかを知る方法スクリプトを実行した後に、セキュリティ/コンプライアンス センター と Exchange Online のコマンドレットが、ローカル Windows PowerShell セッションにインポートされます。エラーが表示されなければ、正常に接続しています。簡単なテストは、セキュリティ/コンプライアンス センター コマンドレット (Install-UnifiedCompliancePrerequisite など) と Exchange Online コマンドレット (Get-Mailbox など) を実行することです。

先頭に戻る

手順 3:スクリプトを実行してコンテンツ検索からインプレース電子情報開示検索を作成する

手順 2 でデュアル Windows PowerShell セッションを作成したら、次の手順は、既存のコンテンツ検索をインプレース電子情報開示検索に変換するスクリプトを実行することです。スクリプトの実行内容を次に示します。

  • 変換するコンテンツ検索の名前の入力を求めます。

  • コンテンツ検索の実行が完了したことを確認します。コンテンツ検索で何も結果が返されない場合、インプレース電子情報開示は作成されません。

  • 検索結果を含むコンテンツ検索からのソース メールボックスのリストを変数に保存します。

  • 次のプロパティで新しいインプレース電子情報開示検索を作成します。新しい検索を開始しないことに注意してください。手順 4 で開始します。

    • 名前      新しい検索の名前には、< コンテンツ検索の名前 >_MBSearch1 の形式が使われます。スクリプトを再実行し、同じソースのコンテンツ検索を使用する場合、検索の名前は < コンテンツ検索の名前 >_MBSearch2 になります。

    • ソース メールボックス      コンテンツ検索からの検索結果を含むすべてのメールボックス。

    • 検索クエリ      新しい検索は、コンテンツ検索からの検索クエリを使用します。コンテンツ検索に、すべてのコンテンツが含まれる (検索クエリが空白) 場合、新しい検索も空白の検索クエリになり、ソース メールボックスに見つかったすべてのコンテンツが含まれます。

    • 見積専用の検索      新しい検索が見積もり専用検索としてマークされます。それを開始した後、証拠開示用メールボックスに検索結果がコピーされません。

  1. .ps1 のファイル名サフィックスを使用して、次のテキストを Windows PowerShell スクリプト ファイルに保存します。たとえば、CreateMBSearchFromComplianceSearch.ps1 という名前のファイルに保存することができます。

    [CmdletBinding()]
    Param(
        [Parameter(Mandatory=$True,Position=1)]
        [string]$SearchName,
    
        [switch]$original,
    
        [switch]$restoreOriginal
    )
    
    $search = Get-ComplianceSearch $SearchName
    if ($search.Status -ne "Completed")
    {
    	"Please wait until the search finishes";
    	break;
    }
    
    $results = $search.SuccessResults;
    if (($search.Items -le 0) -or ([string]::IsNullOrWhiteSpace($results)))
    {
    	"The Content Search " + $SearchName + " didn't return any useful results";
    	"A mailbox search object wasn't created";
    	break;
    }
    
    $mailboxes = @();
    $lines = $results -split '[\r\n]+';
    foreach ($line in $lines)
    {
        if ($line -match 'Location: (\S+),.+Item count: (\d+)' -and $matches[2] -gt 0)
        {
            $mailboxes += $matches[1];
        }
    }
    
    $msPrefix = $SearchName + "_MBSearch";
    $I = 1;
    $mbSearches = Get-MailboxSearch;
    while ($true)
    {
        $found = $false;
        $mbsName = "$msPrefix$I";
        foreach ($mbs in $mbSearches)
        {
            if ($mbs.Name -eq $mbsName)
            {
                $found = $true;
                break;
            }
        }
    
        if (!$found)
        {
            break;
        }
    
        $I++;
    }
    
    $query = $search.KeywordQuery;
    if ([string]::IsNullOrWhiteSpace($query))
    {
        $query = $search.ContentMatchQuery;
    }
    
    if ([string]::IsNullOrWhiteSpace($query))
    {
    	New-MailboxSearch "$msPrefix$i" -SourceMailboxes $mailboxes -EstimateOnly;
    }
    else
    {
    	New-MailboxSearch "$msPrefix$i" -SourceMailboxes $mailboxes -SearchQuery $query -EstimateOnly;
    }
    
  2. 手順 2 で作成した Windows PowerShell セッションで、前の手順で作成したスクリプトがあるフォルダーに移動し、次のようにスクリプトを実行します。

    .\CreateMBSearchFromComplianceSearch.ps1

  3. スクリプトによって入力が求められたら、インプレース電子情報開示検索に変換するコンテンツ検索の名前 (たとえば、手順 1 で作成した検索) を入力し、Enter を押します。

    スクリプトが成功した場合、新しいインプレース電子情報開示検索が、NotStarted の状態で作成されます。コマンド Get-MailboxSearch <Name of Content Search>_MBSearch1 | FL を実行して、新しい検索のプロパティを表示します。

先頭に戻る

手順 4:インプレース電子情報開示検索を開始する

手順 3 で実行するスクリプトは、新しいインプレースの電子情報開示検索を作成しますが、開始しません。次の手順は、検索結果の見積もりを取得できるように、検索を開始することです。

  1. [ Exchange 管理センター (EAC)、コンプライアンス管理に移動 >インプレース電子情報開示と保持します。

  2. リスト ビューで、手順 3 で作成したインプレース電子情報開示検索を選択します。

  3. [検索] 検索アイコン 、[検索結果の推定] をクリックして、検索を開始し、検索によって返されるアイテムの合計サイズと数の見積もりを返します。

    詳細ウィンドウに見積もりが表示されます。[更新] アイコン [更新] アイコン をクリックして、詳細ウィンドウの情報を更新します。

  4. 検索が完了した後に、結果をプレビューするには、詳細ウィンドウの [検索結果のプレビュー   ] をクリックします。

先頭に戻る

インプレース電子情報開示検索を作成し、実行した後の手順

手順 3 でスクリプトによって作成されたインプレース電子情報開示検索を作成し、開始したら、通常のインプレース電子情報開示ワークフローを使用して、検索結果に対して、さまざまな電子情報開示操作を実行できます。

インプレース ホールドを作成する

  1. EAC で、[コンプライアンス管理] の [インプレースの電子情報開示と保持] に移動します。

  2. リスト ビューで、手順 3 で作成したインプレース電子情報開示検索を選択し、[編集] [編集] アイコン をクリックします。

  3. [インプレース ホールド] ページで [選択したメールボックス内の検索クエリに一致したコンテンツを保持する] チェックボックスをオンにし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • 無期限に保持   検索によって返されたアイテムを無期限に保留する場合に、このオプションを選択します。保留中のアイテムは、検索からメールボックスを削除するか、または検索を削除するまで保持されます。

    • 受信日を基準としてアイテムを保持する日数を指定する   アイテムを特定の期間保持する場合に、このオプションを選択します。期間は、メールボックス アイテムが受信または作成された日から計算されます。

  4. [保存] をクリックして、インプレース ホールドを作成して、検索を再開します。

先頭に戻る

検索結果をコピーする

  1. EAC で、[コンプライアンス管理] の [インプレースの電子情報開示と保持] に移動します。

  2. リスト ビューで、手順 3 で作成したインプレース電子情報開示検索を選択します。

  3. [検索] 検索アイコン をクリックし、ドロップダウン リストから [検索結果のコピー] をクリックします

  4. [検索結果のコピー] で、次のオプションから選択します。

    • 検索不能アイテムを含める   検索できなかったメールボックス アイテム (Exchange 検索によってインデックスを作成できなかったファイルの種類の添付ファイルがあるメッセージなど) を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。

    • 重複除去を有効にする   重複したメッセージを除外するには、このチェック ボックスをオンにします。メッセージの 1 つのインスタンスのみが証拠開示用メールボックスにコピーされます。

    • 詳細ログを有効にする   検索結果に詳細ログを含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。

    • コピーの完了時にメールを送信する   検索が完了したら、メール通知を取得する場合は、このチェック ボックスをオンにします。

    • この探索メールボックスに結果をコピーする   [参照] をクリックして、検索結果をコピーする証拠開示用メールボックスを選択します。

  5. [コピー] をクリックして、検索結果を、指定した証拠開示用メールボックスにコピーするプロセスを開始します。

  6. [更新] [更新] アイコン をクリックして、詳細ウィンドウに表示されるコピー状態に関する情報を更新します。

  7. コピーが完了したら、[開く] をクリックし、証拠開示用メールボックスを開いて検索結果を確認します。

先頭に戻る

検索結果をエクスポートする

  1. EAC で、[コンプライアンス管理] の [インプレースの電子情報開示と保持] に移動します。

  2. リスト ビューで、手順 3 で作成したインプレース電子情報開示検索を選択し、[PST ファイルにエクスポートする] をクリックします。

  3. リスト ビューで、結果をエクスポートするインプレース電子情報開示検索を選択し、[PST ファイルにエクスポートする] をクリックします。

  4. [Exchange eDiscovery PST エクスポート ツール] ウィンドウで、次を実行します。

    • [参照] をクリックして、PST ファイルをダウンロードする場所を指定します。

    • [重複除去を有効にする] チェックボックスをオンにして、重複したメッセージを除外します。メッセージの 1 つのインスタンスのみが PST ファイルに含まれます。

    • 検索できなかったメールボックス アイテム (Exchange の検索でインデックスを作成できなかったファイルの種類の添付ファイルがあるメッセージなど) を含める場合は、[検索不能アイテムを含める] チェックボックスをクリックします。検索不能アイテムは、個別の PST ファイルにエクスポートされます。

  5. [開始] をクリックして、検索結果を PST ファイルにエクスポートします。

    エクスポート プロセスに関する状態情報を含むウィンドウが表示されます。

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×