電子情報開示センターを使用したすべてのメールボックスとサイトの検索

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の電子情報開示センターでは、1 つの電子情報開示検索で、すべての Exchange Online メールボックス、SharePoint Online サイト、および OneDrive for Business サイトを検索できます。組織内のすべてのコンテンツ ソースを検索するには、電子情報開示マネージャーに各コンテンツ ソースの適切な電子情報開示アクセス許可が割り当てられている必要があります。

始める前に

すべての場所の検索

  1. 電子情報開示センターで、検索クエリを実行する電子情報開示ケースを開きます。

  2. [検索とエクスポート] で、既存のクエリをクリックするか、[新しいアイテム] をクリックして、新しい検索クエリを作成します。

  3. 検索クエリ ページの [ソース] セクションで、[クエリ範囲の変更] をクリックします。

  4. [クエリ範囲の変更] ページで、[すべて検索] をクリックし、検索するコンテンツの場所を選択します。

    • すべてのメールボックスを検索するには、[Exchange] を選択します。

    • すべての SharePoint Online と OneDrive for Business のサイトを検索するには、[SharePoint] を選択します。

    • 組織内のすべてのコンテンツの場所を検索するには、[Exchange] と [SharePoint] の両方を選択します。

    すべてのメールボックスとサイトを検索する
  5. [OK] をクリックして変更を保存します。

  6. キーワード クエリ、日付範囲、または検索するコンテンツの特定の種類の絞り込みなど、検索クエリのページで、その他の情報を入力または変更します。クエリを実行する準備ができたら、[検索] をクリックします。

詳細情報

  • [クエリ] ページの [ソース] サイトに、最も結果の多いトップ 500 メールボックスとトップ 500 サイトが一覧表示されます。

  • [クエリ] ページの [ソース] に、すべてのコンテンツ ソースで見つかったアイテムの合計数とそれらの組み合わせの合計サイズが表示されます。

  • [クエリ] ページで、Exchange メールボックスまたは SharePoint サイトにある最新の 200 個の検索結果をプレビューできます。

    次のスクリーン ショットは、すべてのメールボックスとサイトを検索した場合に、[クエリ] ページに表示される検索結果の例を示しています。

    すべての場所を検索したときの結果を示すスクリーン ショット

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×