電子情報開示センターのケースを計画し、管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: SharePoint Online で (Office 365 および SharePoint Online 単体プランで) 新規の電子情報開示ケースを作成することはできなくなりました。電子情報開示ケースを作成するには、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの使用を開始してください。SharePoint Online の既存の電子情報開示ケースは引き続き変更可能です。

電子情報開示では、訴訟や犯罪捜査のために電子形式のコンテンツを開示します。この処理では通常、ノート PC、メール サーバー、ファイル サーバー、および他の多くのソースに分散しているコンテンツを識別する必要があります。

電子情報開示センターは、情報開示操作を実行するために使用される SharePoint サイト コレクションです。電子情報開示センターでは、ケースを作成できます。このケースは SharePoint サイトで、このサイトを使用して Exchange メールボックス、SharePoint サイト、ファイル共有のコンテンツを識別、保持、検索、エクスポートすることができます。

注記: 

  • いったんコンテンツ ソースまたはクエリを電子情報開示ケースに追加したら、そのサイトの地域設定の変更はサポートされません。

  • 大規模な配布グループ (100 名以上) をコンテンツ ソースとして追加すると、タイムアウトになったり、処理に時間がかかったりすることがあります。1,500 人以上のユーザーの配布グループは追加できません。回避するには、キーワード、アイテムの作成者や差出人などを用いた別の方法で、配布グループのメールボックスに含まれるコンテンツを見つけ出せるようにします。

  • コンテンツを検出するために、検索でクロールする必要があります。詳細については、クロールされた既定のファイルの種類は、「既定のファイル名拡張子をクロールされたプロパティと SharePoint Server 2013 でファイルの種類を解析」を参照してください。

ケースを計画および作成する

電子情報開示センターで複数のケースを管理することが予想される場合は、組織内のユーザーが従う一貫したプロセスを定義するかどうかを検討してください。

  • ケースの命名規則 – 多数のケース、または部門ごとに異なるケースの種類または分類を使用することが予想される場合は問題になることがあります。

  • ケースを記述するための追加のデータ

  • ケースを管理するための権限を定義および伝達する

  • クエリ作成に関するガイドライン

  • コンテンツが保留中になっているときの伝達の標準的な手順

  • ケースの保持および終了の標準的な手順

電子情報開示ケースのライフサイクルの例

  • ケースを管理するためのサイトを作成する

  • ソースを追加する

  • ソースを保留にする

  • クエリを作成する

  • ケースのコンテンツをエクスポートする

  • ケースを終了する

ページの先頭へ

ケースを作成する

  1. 電子情報開示センターで、[新しいケースを作成します] をクリックします。

  2. ケースのタイトルと説明を入力します。

  3. [Web サイトのアドレス] ボックスに、「ContosovsFabrikam」のような、ケースの URL の最後の部分を入力します。

  4. [テンプレートの選択] で、[電子情報開示ケース] が選ばれていることを確認します。

  5. [ユーザーの権限] で、親サイトと同じ権限を維持するか、固有の権限を使用するかを選びます。特定のユーザーがこのケースにアクセスする必要があり、他のケースにアクセスする必要がない場合は、[固有の権限を使用する] を選んでください。

ソースを追加して保留にする

  1. 電子情報開示センターで、ソースを追加するケースを開きます。

  2. [電子情報開示セット] をクリックします。

  3. 役員資料」などの電子情報開示セットの名前を入力します。

  4. [ソース] の横の、[ソースの追加/管理] をクリックします。

  5. 表示されたダイアログ ボックスの [メールボックス] で、Exchange メールボックスのアカウント名かメール アドレスを入力します。

  6. [場所] で、ソースとして使うコンテンツの URL かファイル共有アドレスを入力します。指定したコンテンツはすべて、検索でインデックスを作成する必要があります。

  7. [保存] をクリックします。

  8. [フィルター] ボックスの一覧で、ソースの絞り込みに使うキーワードを入力します。

  9. 日付範囲でコンテンツを絞り込むには、[開始日] と [終了日] を入力します。

  10. 検索結果をドキュメントやリスト アイテムの作成者、または電子メール メッセージの特定の送信者に限定するには、[作成者/差出人] ボックスに名前か電子メール アドレスを入力します。

  11. 検索結果を特定の Exchange ドメインに限定するには、ドメイン名を [ドメイン] ボックスに入力します。

  12. [フィルターの適用] ボタンをクリックします。

  13. [インプレース保持を有効にする] をクリックします。

  14. 正しいコンテンツを選んだか確認するには、[結果のプレビュー] をクリックします。

  15. [保存] をクリックします。

詳細については、「電子情報開示ケースにコンテンツを追加して、ソースを保留にする」を参照してください。

ページの先頭へ

クエリを実行し、コンテンツをエクスポートする

ソースを定義し、必要に応じて保留にしたら、クエリを実行し、特定のケースで必要なコンテンツを正確に絞り込んで抽出します。SharePoint には、クエリの調整に役立ついくつかのツールがあります。

関係機関に提出する準備ができたら、または別の法律プログラムでそのコンテンツを使用する必要がある場合は、ケースからコンテンツをエクスポートします。コンテンツは、電子情報開示参照モデル標準と互換性のある形式でエクスポートされます。

ページの先頭へ

ケースを終了する

ケースと終了すると、そのすべてのソースに対してインプレース保持がリリースされ、このケースに対してソースを保留できなくなります。

  1. [設定] Office 365 の [設定] ボタン 、[ケースを閉じる] の順にクリックします。

  2. [このケースを閉じる] をクリックします。

電子情報開示の詳細を確認する

電子情報開示ケースの詳細については、次の記事を参照してください。

シナリオ: SharePoint Server 2013 および Exchange Server 2013 で電子情報開示

SharePoint Online で電子情報開示センターをセットアップする

電子情報開示ケースにコンテンツを追加して、ソースを保留にする

電子情報開示でキーワードを使って検索する

既定のクロールされたファイル名拡張子と解析された SharePoint Server 2013 でのファイルの種類

クロールされたプロパティと SharePoint Server 2013 内の管理プロパティの概要

電子情報開示クエリを作成して実行する

電子情報開示コンテンツをエクスポートしレポートを作成する

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×