電子情報開示センターでクエリを作成して実行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ソースを定義し、必要に応じて保留にしたら、クエリを実行し、特定のケースで必要なコンテンツを正確に絞り込んで抽出します。

効率的なクエリを使用すると、全体的なボリュームが減少し、提供するコンテンツの関連性が強くなるので、ケースに関与する人々がコンテンツを簡単に管理できるようになります。

クエリを作成する前に、コンテンツ ソースをケースに追加する必要があります。コンテンツ ソースでの作業についての詳細情報は、「Add content to an eDiscovery case and place sources on hold (コンテンツを電子情報開示ケースに追加し、ソースを保留する)」の記事を参照してください。

注:  クエリには、最大 1,500 の Exchange ソース、100 の SharePoint ソース、および 500 のキーワードを含めることができます。

既定により、クエリはすべてのコンテンツ ソース間を検索します。すべてに対してクエリ検索を実行する必要がない場合は、電子開示情報のどのセットまたはソースに対してクエリ検索を実行するかを選ぶことができます。この方法により、クエリ検索がより迅速に行われます。また、他の方法でもクエリ検索を調整することができます。詳細については、「Searching and using keywords in eDiscovery (電子情報開示でキーワードを使って検索する)」を参照してください。

  1. ケースがまだ開かれていない場合は、電子情報開示センターで、[ケース] をクリックし、クエリを作成する対象のケースを開きます。Web サイトやメールボックスなどのケースのコンテンツ ソースが既に指定されている必要があります。

  2. [検索とエクスポート] セクションの [クエリ] で、[新しいアイテム] をクリックします。

  3. クエリのわかりやすい名前を入力します。

  4. [クエリ] ボックスに、クエリを絞り込むために使用するキーワードを入力します。クエリの作成に関するヒントについては、「参照」セクションをご覧ください。

  5. 日付範囲でコンテンツを絞り込むには、[開始日] と [終了日] を入力します。

注:  [開始日] ボックスと [終了日] ボックスに日付を入力する場合、mm/dd/yyyy の形式を使用します。たとえば、03/01/2013 を使用して、2013 年 3 月 1 日を指定します。ローカル コンピューターの地域設定が dd/mm/yyyy などの場合でも、mm/dd/yyyy の形式を使用します。または、[日付選択] を使用して、開始日と終了日を選択します。

  1. 検索結果をドキュメントやリスト アイテムの作成者、または電子メール メッセージの特定の送信者に限定するには、[作成者/差出人] ボックスに名前か電子メール アドレスを入力します。

  2. 複数のソースと情報開示セットがあり、それらの一部を検索する必要がない場合は、[クエリ範囲の変更] をクリックします。次に、必要な情報開示セットまたはコンテンツ ソースを指定します。

    クエリの適用範囲の修正

  3. 特定の種類のコンテンツにクエリを絞り込むには、[Exchange] または [SharePoint] タブをクリックし、必要なコンテンツの種類のチェック ボックスをオンにします。たとえば、Exchange の予定表アイテムまたは SharePoint の PowerPoint スライドのみを選択することができます。

  4. クエリを分析するかさらに絞り込むには、[詳細なクエリ オプション] をクリックし、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • 異なる条件によって、何度も返された電子メールなどの冗長な Exchange データを削除するには、[冗長な Exchange データの削除] を選択します。

    • クエリの構文と構造を調べるには、[Exchange クエリ] セクションと [SharePoint クエリ] セクションを表示し、フィルター、クエリ、絞り込み条件を表示するソースの表を表示します。

  5. クエリを実行する準備ができたら、[検索] をクリックします。結果は、検索語句の表示頻度などの関連性を基にしてランク付けされます。

注:  いったんクエリまたはコンテンツ ソースを電子情報開示ケースに追加したら、そのサイトの地域設定の変更はサポートされません。

ページの先頭へ

クエリの作成中にコンテンツ ソースを追加する

  1. [クエリ: 新しいアイテム] ページの [ソース] セクションで、[クエリ範囲の変更] をクリックします。

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、[すべてのケース コンテンツ] をクリックします。

  3. Exchange コンテンツの [メールボックスの追加] または SharePoint コンテンツの [場所の追加] をクリックします。

  4. 追加する個人のメールボックスまたは Web サイトを指定します。

  5. [OK] をクリックします。

注:  クエリを更新して再実行した場合には、新しい結果の最初のページだけが最新の情報に更新されます。複数ページのクエリの結果で最初のページ以外のページを表示している場合、そのページには新しい結果が反映されていません。

ページの先頭へ

電子情報開示の詳細を確認する

電子情報開示ケースの詳細については、次の記事を参照してください。

シナリオ: SharePoint Server 2013 および Exchange Server 2013 で電子情報開示

電子情報開示ケースを計画および管理する

電子情報開示ケースにコンテンツを追加して、ソースを保留にする

電子情報開示でキーワードを使って検索する

電子情報開示コンテンツをエクスポートしレポートを作成する

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×