電子情報開示に関する FAQ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、Office 365、Exchange 2013、SharePoint 2013、および Lync 2013 の電子情報開示についてよく寄せられる質問を示します。

概要   

電子情報開示とは何ですか?

Microsoft Office 365、SharePoint、Exchange、Lync で電子情報開示はどのように動作しますか?

一般的な Microsoft の電子情報開示ソリューションはどのようなものですか?

電子情報開示参照モデル (EDRM) とは何ですか?

要件、制限、および構成   

電子情報開示にはどのサービス プランまたはライセンスが必要ですか?

検出できるコンテンツの種類は?

検索不能アイテムとは何ですか?

検索できるコンテンツ ソースの数に制限はありますか?

電子情報開示センターは、さまざまな製品バージョンで動作しますか?

電子情報開示センターを設定するにはどうしたらよいですか?

電子情報開示ケースの一般的なライフ サイクルとは? 電子情報開示ケースの一般的なライフ サイクルとは?

ユーザーで電子情報開示を実行するために必要なアクセス許可の種類は?

特定のユーザーが検索できるように、メールボックスを制限することはできますか?

検索とホールドのアクションを監査できますか?

リソース   

電子情報開示についての詳細情報はどこにありますか?

概要

Q:電子情報開示とは何ですか?

A: 電子情報開示は、法的要求または捜査用に電子コンテンツ (電子的に保存された情報 (ESI) とも呼ばれます) を検索、保護、分析、およびパッケージ化するために、組織によって使用されるプロセスです。

Q:Microsoft Office 365、SharePoint、Exchange、Lync で電子情報開示はどのように動作しますか?

A:電子情報開示センターは、SharePoint サイト コレクションです。ここでは、ケースの定義、追跡されるソースの識別、コンテンツのホールドの配置または削除、クエリの発行、結果の確認およびエクスポートが行われます。

SharePoint の電子情報開示センターの主な機能は次のとおりです。

  • ケースの管理   電子情報開示の管理者またはユーザーは、電子情報開示センター (EDC) を通じて電子情報開示ケースを作成、管理、使用します。

  • 複数の種類のコンテンツの使用   検索によってインデックス処理され、クロールされるという条件で、ドキュメント、メール メッセージ、OneNote ファイル、Web ページ、コミュニティの投稿、ミニブログ、Lync IM などを保護、検索、エクスポートします。

  • コンテンツ ソースの識別   関連する可能性があるコンテンツ ソース (メール メッセージ、ドキュメントなど) は、電子情報開示セットと呼ばれる 1 つ以上のソース コレクションに追加されます。

  • インプレース ホールドの実行   ユーザーが元のコンテンツで引き続き作業する間も、コンテンツのコピーはインプレースおよびリアルタイムで保護することができます。

  • クエリの作成と実行   すばやく質問に回答するために役立つ関連コンテンツと統計情報を取得できるようにします。

  • コンテンツのエクスポート   結果を確認した後、関連コンテンツはシステムからオフラインやポータブル形式に転送できます。

Exchange のインプレース ホールドと訴訟ホールド   クエリまたは期間に基づいて、ユーザーがメールボックスのコンテンツを無期限にホールドに配置できるようにします。主な機能は次のとおりです。

  • ユーザーのメールボックスを保持の状態にして、メールボックス アイテムを変更しないで維持する

  • ユーザーまたはメッセージング レコード管理 (MRM) などの自動削除プロセスによって削除されたメールボックスのアイテムを保護します。

  • クエリ ベースのインプレース ホールドを使用して、指定した条件に一致するアイテムを検索および保持します。

  • 無期限または特定期間、アイテムを保護します。

  • さまざまなケースまたは捜査のために、ユーザーを複数のホールドに配置します。

  • ユーザーへの影響はありません – インプレース ホールドは、ユーザーに対して透過的です。

  • インプレース電子情報開示の検索には、ホールドに配置されたアイテムが含まれます。

電子情報開示の大文字と小文字を保持する [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター   Exchange Onlineメールボックス、 SharePoint Onlineサイト、 OneDrive for Businessサイト、およびメールボックスとOffice 365グループのサイトで保留に配置できます。詳細については、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター電子情報開示ケースを管理するを参照してください。

Q:一般的な Microsoft の電子情報開示ソリューションはどのようなものですか?

A: ユーザーは、作成、管理、電子情報開示センター (EDC) から電子情報開示ケースを使用します。[EDC は、 SharePoint 2013サイト コレクション ケースが定義されているデータ ソースを追跡するのには、識別、クエリが発行される、クエリの結果が検証され、コンテンツの保持を配置または削除されます。電子情報開示の技術的なフローの大規模なモデルを表示するには、電子情報開示フローの間で SharePoint、Exchange、Lync、およびファイル共有をダウンロードします。

Q:電子情報開示参照モデル (EDRM) とは何ですか?

A: 電子情報開示参照モデル (優れた) は、電子的に保存されている情報 (ESI) の電子情報開示プロセスの段階ためのガイダンスを提供します。優れた段階は次のとおりです。

  • 情報管理

  • 識別

  • 保持

  • コレクション

  • 処理中

  • 校閲

  • 分析

  • 実稼働

  • プレゼンテーション

SharePoint で電子情報開示センターからコンテンツをエクスポートするときに、その他の電子情報開示プログラムによっては、よく使用する標準的な優れた形式でエクスポートされます。エクスポートされた項目に関するメタデータを提供するのには、エクスポート、電子情報開示リファレンス モデル XMLマニフェストに含まれます。エクスポート: 後

  • アーカイブされた Lync コンテンツを含む、Exchange コンテンツは、PST ファイルに保存されます。

  • SharePoint コンテンツとファイル共有コンテンツは、ネイティブ形式でダウンロードされます。

  • SharePoint ページは MHT ファイルとしてキャプチャされます。

  • SharePoint リストは CSV ファイルとして保存されます。

先頭に戻る

要件、制限、および構成

Q:電子情報開示にはどのサービス プランまたはライセンスが必要ですか?

A:次のサービス プランと製品が、電子情報開示機能を提供します。

Office 365 オプション

機能

Office 365 Business Essentials

Office 365 Business

Office 365 Business Premium

Office 365 Education

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Enterprise E3

Office 365 Enterprise E5

Office 365 Education E5

Office 365 Enterprise K1

電子情報開示センター (SharePoint Online)

×

なし

なし

はい

はい

はい

×

訴訟ホールド (Exchange Online)

×

なし

×

なし

はい

はい

×

インプレース ホールド (Exchange Online)

×

なし

×

なし

はい

はい

×

インプレース電子情報開示 (Exchange Online)

はい

はい

はい

はい

電子情報開示ケースのホールド (Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター)

×

なし

なし

なし

はい

はい

×

SharePoint Online スタンドアロン オプション

機能

SharePoint Online プラン 1

SharePoint Online プラン 2

電子情報開示センター

×

はい

Exchange Online スタンドアロン オプション

機能

Exchange Online プラン 1

Exchange Online プラン 2

Exchange Online Kiosk

訴訟ホールド

×

はい

×

インプレース ホールド

×

はい

×

インプレース電子情報開示 (eDiscovery)

はい

×

SharePoint 2013 オプション

機能

SharePoint Foundation

SharePoint Server 2013 Standard CAL

SharePoint Server 2013 Enterprise CAL

インプレース ホールド

×

なし

はい

Exchange Server 2013 および 2016 のオプション

機能

Exchange Server

訴訟ホールド

インプレース ホールド

インプレース電子情報開示 (eDiscovery)

先頭に戻る

Q:検出できるコンテンツの種類は?

A:検索によってクロールされた SharePoint コンテンツ。ドキュメントやリスト アイテムなどの構造化されたコンテンツ、およびブログ、wiki、ニュースフィードが含まれます。検出されるようにするには、コンテンツは検索によってインデックス処理される必要があります。Exchange でアーカイブされる Exchange と Lync の会話内のアイテムを管理することでも検出できます。コンテンツの種類は、次のとおりです。

  • メッセージ、サイトと個別のメールボックスなどの Exchange アイテム、予定表アイテム、および Exchange 検索によってインデックス処理されるタスク

  • Exchange でアーカイブされた Lync の会話

  • ドキュメント、ニュースフィードの投稿、およびその他の SharePoint コンテンツ

  • SharePoint 検索によってインデックス処理されたファイル共有上のコンテンツ (SharePoint Server 2013 のみ)

  • SharePoint 検索によってインデックス処理された OneDrive for Business のコンテンツ

インデックス処理されるコンテンツ、および検索のトラブルシューティングに関する詳細については、次を参照してください。

Q:検索不能アイテムとは何ですか?

A:検索不能アイテムは、Exchange Search によってインデックス処理できない、または一部のみがインデックス処理されるメールボックスのアイテムです。検索不能アイテムは、一般的に電子メール メッセージに添付されたファイルです。ファイルに検索用のインデックスを付けることができない理由をいくつか紹介します。

  • ファイルの種類にインデックスを付けるフィルターが、インストールされていない。

  • インデックス作成が無効になっているファイルの種類。

  • Microsoft 以外のテクノロジでファイルが暗号化されている。

  • ファイルがパスワードで保護されている。

組織は、これらのアイテムの内容を確認するために、アイテムに対して追加の処理を識別および実行することを要求される場合があります。電子情報開示検索の結果に検索不能アイテムを含めるには、検索結果のコピーまたはエクスポート時に、検索不明アイテムのオプションを使用することができます。たとえば、検索不明アイテムを含めるには、SharePoint の電子情報開示センターを使用して、検索結果をエクスポートするときに、[暗号化されているアイテムまたは認識されない形式のアイテムを含めます] オプションを選択します。

詳細については、次のトピックを参照してください。

先頭に戻る

Q:検索できるコンテンツ ソースの数に制限はありますか?

A: はい、1 回の電子情報開示検索で検索できるソースの数の制限を次に示します。検索が SharePoint、Exchange または Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター から開始されるかどうかに基づいて、さまざまな制限があります。

注: 作成できる検索数の実際的な制限はありません。ただし、Exchange のインプレース電子情報開示検索では、同時に 2 つの検索のみが実行されます。

SharePoint

  • SharePoint サイト:無制限 (組織内のすべてのサイトを検索する場合)。または、検索する個々のサイトを選択すると、上限は 100 になります。

  • Exchange のメールボックス:10,000 (組織内の配布グループまたはすべてのメールボックスを検索する場合)。または、検索する個々のメールボックスを選択すると、上限は 1,500 になります。

  • キーワード/検索条件: 500

Exchange Online

  • Exchange のメールボックス: 10,000*

  • キーワード/検索条件: 500

注: *ソース メールボックスの制限に対してアーカイブ メールボックスがカウントされます。つまり、5,000 件すべてのメールボックスに対応するアーカイブ メールボックスが有効になっている場合、最大 5,000 件のメールボックスを検索することができます。

詳細については、「Exchange Online でのインプレース電子情報開示の検索制限」を参照してください。

Exchange Server 2013と Exchange Server 2016

  • Exchange のメールボックス: 10,000*

  • キーワード/検索条件: 500

注: *ソース メールボックスの制限に対してアーカイブ メールボックスがカウントされます。つまり、5,000 件すべてのメールボックスに対応するアーカイブ メールボックスが有効になっている場合、最大 5,000 件のメールボックスを検索することができます。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター

  • Exchange のメールボックス: 制限なし

  • SharePoint サイト:制限なし

  • キーワード/検索条件: 500

詳細については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでコンテンツ検索を制限する」を参照してください。

Q:電子情報開示センターは、さまざまな製品バージョンで動作しますか?

A:次の表では、検索、保持、およびエクスポートできるソースを示します。コンテンツは、電子情報開示機能を含む Office 365、SharePoint、Exchange のプランまたはバージョンで実行しているサーバーによって、インデックス処理される必要があります。

検索

検索

インプレース ホールド

インプレース ホールド

エクスポート

エクスポート

ソース

オンプレミス

Office 365

オンプレミス

Office 365

オンプレミス

Office 365

SharePoint 2013

はい

はい

はい

はい

Exchange 2013

Exchange 2010

×

なし

なし

なし

なし

×

SharePoint 2010

×

×

×

はい

×

SharePoint 2007

なし

×

×

はい

×

Lync 2013 (Exchange 2013 でアーカイブされた場合)

はい

はい

はい

Lync 2010

×

なし

なし

なし

なし

×

インデックス付けされたファイル共有

×

×

×

はい

×

外部システムからのインデックス付けされたコンテンツ

×

なし

×

×

×

×

Q: SharePoint で電子情報開示センターを設定するにはどうしたらよいですか?

A:電子情報開示センターを設定するには、管理者である必要があります。電子情報開示のテンプレートを使用する新しいサイト コレクションを作成し、適切なアクセス許可とグループを構成して、Exchange 接続を設定します。次の記事では、その方法について説明します。

電子情報開示をセットアップするキーの手順では、検索先として Exchange またはExchange Onlineを追加します。電子情報開示センターは、サイト コレクションに基づいているため、サイト コレクション レベル以上、やサイト レベルではなくこの構成が行う必要があります。詳細については、 SharePoint Server 2013 で検索の検索先を構成するし、 [検索先の管理を参照してください。

先頭に戻る

Q:電子情報開示ケースの一般的なライフ サイクルとは?電子情報開示ケースの一般的なライフ サイクルとは?

A: SharePoint 2013 および Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでの電子情報開示ケースの操作と関連するさまざまなステージを次に示します。

  • 電子情報開示ケースの作成    電子情報開示ケースは、クエリ、ホールド、検索結果などのホールドする対象のコンテナーとして機能する論理オブジェクトです。電子情報開示センターにおける、電子情報開示ケースは電子情報開示要求に関連する情報を整理するために使用できるコラボレーション サイトです。Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター において、電子情報開示ケースは同様の機能を提供します。電子情報開示ケース内から、コンテンツを検索したり、コンテンツにホールドを適用したり、コンテンツをエクスポートしたり、ケースに関連付けられているホールドやエクスポートの状態を表示したりすることができます。

  • ホールドの配置    ホールドの適用は、元のコンテンツが変更や削除されないように、そのコピーを保持することを意味します。ホールドは、ホールドが適用された時点の元のコンテンツを保持するために使用されます。ユーザーがサイトまたはメールボックスにインプレース ホールドを適用した場合、サイトまたはメールボックスのコンテンツは元の場所に保持されます。

  • コンテンツの検索    検索クエリは、特定のケースに必要なコンテンツを絞り込むために使用します。効率的なクエリは、全体のボリュームを減らし、処理されるコンテンツの関連性を高めます。クエリでは、コンテンツの検出を絞り込むために、キーワード、開始日と終了日、ドメイン、作成者や差出人などの追加フィルターを追加することができます。

  • エクスポート    関係機関に電子情報開示コンテンツを提出する準備ができたとき、または別の訴訟プログラムでそのコンテンツを使用する必要がある場合に、ケースからコンテンツをエクスポートすることができます。

  • ホールドの解除    すべての関連情報をソースから収集したら、ホールドを解除することができます。

  • ケースを閉じる    すべての手続きを完了し、これ以上必要な情報がない場合、ケースを閉じることができます。 

Q:ユーザーで電子情報開示を実行するために必要なアクセス許可の種類は?

A: 電子情報開示が、強力なツール、組織全体で SharePoint と Exchange のコンテンツから機密性の高い情報の公開可能性があることができます。SharePoint と Exchange の電子情報開示検索を実行するユーザーを承認する必要があります。電子情報開示検索を実行する権限を制御され、によっては、組織内のセキュリティとコンプライアンスの要件を監視する必要があります。電子情報開示管理者が検出される可能性を低くするためのすべてのコンテンツを表示することがあります。Sharepoint での電子情報開示ユーザーの場合は、セキュリティ グループを作成して、セキュリティ グループに適切なユーザーを追加するお勧めします。個別のユーザーではなく、セキュリティ グループに権限を付与できます。セキュリティ グループの名前を選択し、ワークシートの名前を記録します。セキュリティ グループのメンバーにするユーザーを記録もできます。詳細については、 SharePoint Server 2013 で電子情報開示を計画するのアクセス許可を計画する場合は、サイトと SharePoint 2013 でコンテンツを参照してください。

SharePoint Online では、電子情報開示センターを使用して、特定のキーワード、機密情報、およびその他の検索条件に対して、組織内のすべての OneDrive for Business サイトを検索することができます。組織内の各ユーザーが、https://domain-my.sharepoint.com という名前のサイト コレクション内に配置される、OneDrive for Business サイトの所有者です。既定では、Office 365 のグローバル管理者またはコンプライアンス管理者は、OneDrive for Business サイトを検索するために、電子情報開示センターを使用することはできません。OneDrive for Business サイトを検索するには、管理者またはコンプライアンス管理者が、OneDrive for Business サイトのサイト コレクションの管理者である必要があります。詳細については、「OneDrive for Business サイトに電子情報開示アクセス許可を割り当てる」を参照してください。

Exchange または Exchange Online では、ユーザーを探索管理役割グループに追加する必要があります。探索管理役割グループにユーザーを追加すると、そのユーザーはインプレース電子情報開示を使用して、すべての Exchange 2013 メールボックスを検索し、ユーザーのメールボックスにある機密情報の可能性があるメール コンテンツにアクセスすることができます。任意のユーザーにこのアクセス許可を割り当てる前に、組織の法務または人事部門に確認します。詳細については、「Exchange の電子情報開示のアクセス許可を割り当てる」を参照してください。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでは、さまざまなレベルの電子情報開示関連のアクセス許可をユーザーに割り当てることができます。詳細については、「Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターでの電子情報開示の権限を割り当てる」を参照してください。

Q:特定のユーザーが検索できるように、メールボックスを制限することはできますか?

A: はい、特定のユーザーに知らせるため、ユーザー設定の管理の範囲を使用する] または [グループがExchange Server 2013またはExchange Online組織内のメールボックスのサブセットを検索します。たとえば、特定の場所や部門のユーザーのメールボックスのみを検索探索マネージャーを使用します。受信者の種類、またはその他の受信者のプロパティに基づいて、コントロール対象の特定受信者に受信者のフィルターを使用しているユーザー設定の管理スコープを作成して、これを行うことができます。電子情報開示、配布グループのメンバーシップは、ユーザー設定の範囲の受信者のフィルターを作成するのには使用できるユーザーのメールボックスのプロパティのみ。カスタムの電子情報開示検索のスコープを作成するのには、他の受信者のプロパティを使用できません。詳細については、ユーザー設定の管理インプレース電子情報開示検索結果を得るスコープを作成するを参照してください。

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターのコンテンツ検索では、検索アクセス許可のフィルター処理を使用して、電子情報開示管理者に Office 365 組織内のメールボックスとサイトのサブセットだけを検索させることができます。詳細については、「コンテンツ検索に対してアクセス許可のフィルター処理を構成する」を参照してください。

Q:検索とホールド アクションを監査できますか?

A: インプレース検索を監査するし、Exchange 管理センターで Exchange のアイテムを保持します。SharePoint 電子情報開示センターで、SharePoint コンテンツの操作を監査することができます。保留リストと検索の検索を事前に扱う監査を構成する限り、動作を監査することもできます。Exchange に対する検索には、ただし、検索された特定のメールボックスは含めません。SharePoint で監査設定の構成の詳細については、サイト コレクションの監査設定を構成するを参照してください。

先頭に戻る

リソース

Q: 電子情報開示についての情報はどこに保存されますか?

A:次の記事とその他のリソースでは、電子情報開示と関連するテクノロジに関する情報を提供します。

電子情報開示の概要

ライセンスを

Office 365 での電子情報開示

Exchange

SharePoint

Lync

先頭に戻る

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×