電子名刺として連絡先を作成、共有する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子名刺を簡単に作成、表示、およびMicrosoft Outlookで連絡先の情報を共有します。電子名刺には、紙の電子名刺のような連絡先の情報が表示されます。新しい情報またはOutlook内にある連絡先の情報には、電子名刺を作成できます。

最初に、名刺のレイアウトと背景を選択します。次に、写真やグラフィックスを追加します。最後に、電子名刺上に表示したい連絡先フィールドを追加します。

  1. [ユーザー] で、[ホーム] をクリックします。

  2. [新規作成] で [新しい連絡先] をクリックします。

  3. 連絡先フォームで、名刺をクリックして [名刺の編集] ボックスを開きます。

  4. [名刺デザイン] で [レイアウト] ボックスの矢印をクリックし、一覧のレイアウトをクリックします。写真、ロゴ、またはその他の画像が含まれない名刺では、[テキストのみ] レイアウトを利用できます。

    注: 最初に、[名刺デザイン] セクションの横にあるプレビュー ボックスに、既定の Outlook 名刺レイアウトが表示されます。この画像とレイアウトを名刺に使用することもできます。

  5. 名刺の背景色が必要な場合は、[背景] をクリックし、色をクリックします。

  6. 写真や会社ロゴなどの画像を追加する場合は、画像オプションを使って、画像の追加、サイズ変更、および配置を行います。

    名刺の既定の画像または他の画像を削除するには、[レイアウト] ボックスの一覧の [テキストのみ] をクリックします。追加した情報をすべて削除して、最初からやり直すには、[名刺のリセット] をクリックします。

  7. [フィールド] で、追加する連絡先フィールドをダブルクリックします。

    • 名刺からフィールドを削除するには、フィールドをクリックし、[削除] をクリックします。

    • 空白行のスペースを追加するには、空白行を配置する場所の上のフィールドをクリックし、[追加] をクリックします。次に、[空白行] をクリックします。

      ヒント: 既定では、名刺上の空白行のスペースは空白行フィールドとして表示されます。名刺に情報を追加するときは、空白行フィールドの間に新しい情報フィールドを追加できます。たとえば、[空白行] をクリックし、[追加] をクリックして、フィールドをクリックします。空白行の下にフィールドが表示されます。

    • 名刺にテキストを配置するには、フィールドをクリックし、[フィールド] ボックスの下にある [] および [] の矢印を使ってフィールドを移動します。同様の方法で空白行を移動して、テキストの行間にスペースを追加することもできます。

    • テキストの書式を設定するには、[編集] の下にある書式設定とスタイルのボタンを使用します。

注: [名刺のリセット] をクリックすると、名刺のデザインと情報は、既定の Outlook のデザインと、連絡先フォームの既定のフィールドに入力した情報に戻ります。

ページの先頭へ

連絡先または電子名刺を保存する

電子メール メッセージの電子名刺または連絡先フォーム (.vcf ファイル) として連絡先情報を受信した場合、名刺または .vcf 添付ファイルを右クリックして、オプションを選択できます。連絡先リストに同じ名前が既に含まれている場合、既存の連絡先を更新するか、新しい連絡先を作成できます。

  1. 開いているメッセージで名刺を右クリックし、[Outlook の連絡先に追加] をクリックします。

    .vcf 添付ファイルの場合は、添付ファイルをダブルクリックします。

  2. [連絡先] をクリックします。

  3. [アクション] の [保存して閉じる] をクリックします。

  4. 重複する連絡先名が検出された場合は、[新しい連絡先を追加する] または [選択した連絡先の情報を更新する] をクリックします。

ページの先頭へ

電子名刺を他のユーザーに送信する

電子名刺は電子メール メッセージで共有できます。電子名刺では、紙の名刺と同じように、会社または個人の情報が視覚的に表現されます。電子名刺が受信者にどのように表示されるかは、使用される電子メール アプリケーションによって異なります。

受信者が Microsoft Outlookを使用しています。    電子名刺は、 Outlook 2016、 Microsoft Outlook 2013、 Microsoft Outlook 2010、およびMicrosoft Office Outlook 2007で表示するとおりにメッセージに表示されます。受信者は、だれかのOutlookの連絡先に連絡先の情報を保存する、カードを右クリックします。

以前のバージョンの Outlook、または HTML を使う他の電子メール アプリケーションを使用してメッセージを表示している受信者にも、メッセージに電子名刺が表示されます。ただし、これらの名刺は画像のみでクリックすることはできません。電子名刺の情報が含まれた .vcf ファイルがメッセージに添付されます。.vcf ファイルは、開いて情報を連絡先リストに保存することができます。

受信者がテキスト形式でメッセージを表示する場合    テキスト形式を使う電子メール プログラムを使用する受信者の場合、電子名刺の画像は表示されません。電子名刺の情報が含まれた .vcf ファイルがメッセージに添付されます。.vcf ファイルは、開いて情報を連絡先リストに保存することができます。

どの電子メール アプリケーションでも、.vcf 添付ファイルを開いて連絡先リストに保存することができます。

電子メール メッセージに電子名刺を追加する

  1. 新しいメッセージで、[メッセージ] をクリックします。

  2. [挿入] で [アイテムの添付] をクリックします。[名刺] をクリックし、一覧の名前をクリックします。

  3. 目的の名前が表示されない場合は、[その他の名刺] をクリックし、[表題] ボックスの一覧の名前をクリックして、[OK] をクリックします。

電子メールの署名に電子名刺を追加する

電子メールの署名に電子名刺を追加して、送信する各メッセージの連絡先情報が含まれます。詳細については、電子メールの署名に電子名刺の挿入を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×