電子メール メッセージ内のリンクを有効または無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フィッシングとは、電子メール メッセージを使用して銀行口座番号とパスワードなどの個人情報を知らせるように誘い込む悪質な手口です。フィッシング詐欺のメッセージには、個人情報を要求する偽装した Web サイトへのリンクが含まれることがよくあります。この個人情報は、その人になりすましたり、お金を奪ったりするために犯罪者によって使用されます。

正当な電子メール メッセージからフィッシング詐欺メールのメッセージを区別しにくい場合ができる、ため、Outlook の迷惑メール フィルターは、フィッシング詐欺に共通の不審な特性が含まれて かどうかを表示する各受信メッセージを評価します。疑わしいメッセージ検出のみがオンに迷惑メール フィルターをオンにします。

フィッシング詐欺の疑いがあるメッセージが受信された場合は、次のように処理されます。

  • 迷惑メール フィルターがメッセージを迷惑メールだとは見なさず、フィッシング詐欺であると判断した場合、メッセージは受信トレイに残りますが、メッセージ内のリンクはすべて無効になり、[返信] と [全員に返信] の機能も使用できなくなります。さらに、疑わしいメッセージに含まれる添付ファイルがブロックされます。

    メッセージ内のリンクを有効にする場合は、閲覧ウィンドウまたは開いているメッセージ内で、メッセージの上部にある情報バーの [リンクとその他の機能を有効にする (推奨しません)] をクリックします。

  • 迷惑メール フィルターがメッセージを迷惑メールであり、かつフィッシング詐欺であると見なした場合、メッセージは [迷惑メール] フォルダーに自動的に送信されます。[迷惑メール] フォルダーに送信されたメッセージはすべてテキスト形式で保存され、すべてのリンクが無効になっています。また、[返信] と [全員に返信] のコマンドが無効化され、メッセージに含まれる添付ファイルがいずれもブロックされます。

  • 迷惑メール フィルターがメッセージを迷惑メールであり、かつフィッシング詐欺であると見なした場合でも、送信者 (someone@example.com) またはドメイン (@example.com) が信頼できる差出人のリストのメンバーであれば、メッセージは受信トレイに残ります。ただし、メッセージ内のリンクおよび添付ファイルは無効になります。

疑わしいメッセージを [迷惑メール] フォルダーから移動する

疑わしいと判断されたメッセージを、[迷惑メール] フォルダーから受信トレイに戻すことができます。閲覧ウィンドウまたは開いているメッセージ内で、情報バーをクリックし、[受信トレイへ移動] をクリックします。

  • 元のメッセージ形式は復元されますが、メッセージに含まれるリンクは無効のままです。また、[返信] と [全員に返信] のコマンドは無効にされたままで、メッセージに含まれる添付ファイルもブロックされたままです。

  • 迷惑メール フィルターがメッセージを迷惑メールであり、かつフィッシング詐欺であると見なしても、それに同意できない場合は、[迷惑メール] フォルダーを開き、メッセージを右クリックし、[差出人を [信頼できる差出人のリスト] に追加] をクリックします。メッセージが受信トレイに移動されます。無効にされたリンクは無効のままです。元のメッセージ形式が復元されます。

    重要: 送信者またはドメインを信頼できる差出人のリストに追加すると、その送信者またはドメインからのメッセージはそれ以降も必ずフィルターで検証されますが、[迷惑メール] フォルダーに移動されません。銀行、クレジット カード会社、または電子商取引の送信者またはドメインを信頼できる差出人のリストに含めないことをお勧めします。このような送信者のアドレスはフィッシャーによって最もよく使用されるからです。

ページの先頭へ

リンクを自動的に無効にする機能をオフにする

  1. [ホーム] をクリックします。

  2. [削除] で [迷惑メール] をクリックします。次に、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  3. [オプション] タブの [フィッシング詐欺メッセージ内のリンクや、その他の機能を無効にする (推奨)] チェック ボックスをオフにします。

注: その後、この機能をオンにすると、以前に迷惑メール フィルターで疑わしいと評価されたメッセージ内のリンクは無効になります。

ページの先頭へ

偽装電子メール アドレスについての警告をオフにする

  1. [ホーム] をクリックします。

  2. [削除] で [迷惑メール] をクリックします。次に、[迷惑メールのオプション] をクリックします。

  3. [オプション] タブの [電子メール アドレスに不審なドメイン名が含まれる場合に警告を表示する (推奨)] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×