電子メール メッセージ内のテキストまたはアイテムを検索および置換する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook の編集ツールを使うと、メール メッセージ内の単純な文字列や語句を検索して置換できます。また、ワイルドカードやコードを使って、特定の文字や文字の組み合わせを含む単語または語句を検索するように検索条件を拡張できます。さらに、書式を検索して置換したり (フォント サイズ、スタイル、言語、段落記号の検索など)、異なる名詞形式や動詞時制を検索して置換できます (message と messages や、use と used など)。

[検索] オプションを使って、指定した単語や語句が含まれている箇所をすべて簡単に検索できます。

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [検索] を選びます。

    [書式設定] を選び、[編集] を選んでドロップダウン リストを開きます

  2. [検索する文字列] ボックスに、検索する文字列を入力します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 語句の各インスタンスを検索するには、[次を検索] を選びます。

    • 特定の語句のすべてのインスタンスを一度に検索するには、[検索先] の [メイン文書] を選びます。

ヒント: 実行中の検索を取り消す場合は、Esc キーを押します。

語句を自動的に別のものに置き換えることができます (たとえば、Acme を Apex に)。

注: 置換後の文字列の大文字と小文字の使い分けは、置換前の文字列と同じになります。たとえば、"AKA" を検索して "Also known as" に置換すると、"ALSO KNOWN AS" に置き換わります。

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [置換] を選びます。

    Outlook の [書式設定] で、[編集] の [置換] を選びます。

    注: [検索] ダイアログから [置換] タブを選ぶこともできます。

  2. [検索と置換] ダイアログ ボックスで、[置換] タブを選び、[検索する文字列] ボックスに検索する文字列を入力します。

  3. [置換後の文字列] ボックスに、置換後の文字列を入力します。

    Outlook の [検索と置換] ダイアログ ボックス。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 検索条件に一致する次の文字列を検索する場合は、[次を検索] を選びます。

    • 一致した文字列を置き換えるには、[置換] を選びます。Outlook は次の文字列に移動します。

    • 検索条件に一致した文字列をドキュメント内ですべて置換する場合は、[すべて置換] を選びます。

ヒント: 実行中の置換を取り消すには、Esc キーを押します。

ドキュメント内で一致する語句がひとめでわかるようにするには、すべての一致を検索して、画面上で強調表示できます。文字列は画面上では強調表示されますが、ドキュメントを印刷する場合は強調表示されません。

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [検索] を選びます。

  2. [検索する文字列] ボックスに、検索する文字列を入力します。

  3. [検索された項目の強調表示] の [すべて強調表示] を選びます。

    6eee1aa4-822b-4d0e-9763-8f5f2311b2a3

    注: 画面上の強調表示をオフにするには、[検索された項目の強調表示] の [強調表示のクリア] を選びます。

高度な検索と置換

単なる文字列以上のものを検索できます。Outlook では、太字や斜体などの書式設定、フォント、段落記号、スペース、ブックマーク、言語などを検索できます。

文字書式を検索して、置換または削除できます。たとえば、特定の単語や語句を検索してフォントの色を変更したり、太字などの特定の書式を検索してその書式を変更したりできます。

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [置換] を選びます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 特定の書式の文字列を検索するには、[検索する文字列] ボックスに検索する文字列を入力します。

    • 書式のみを検索する場合は、[検索する文字列] ボックスを空欄にしておきます。

  3. (省略可能) [検索オプション] で、検索のチェック ボックスをオンにします。

  4. [書式] を選び、検索して置換する書式オプションを選びます。

    [検索と置換] ダイアログ ボックスで [書式] を選び、ドロップダウン リストのオプションを選びます。

    注記: 

    • [書式] が表示されていない場合は、[オプション] を選びます。

    • Outlook の [検索と置換] ダイアログ ボックスで、[オプション] ボタンを選んでその他のオプションを表示します。

  5. [置換後の文字列] ボックスで、[書式] を選び、置換後の書式オプションを選びます。

    注: [検索する文字列] ボックスに入力した文字列の置換も行う場合は、[置換後の文字列] ボックスに置き換える文字列を入力します。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • 指定した書式が設定されている箇所を 1 つずつ検索して置換するには、[次を検索] > [置換] の順に選びます。

    • 指定した書式が設定されている箇所をすべてまとめて置換するには、[すべて置換] を選びます。

タブや任意指定のページ区切りなど、特殊文字や文書の要素を検索して置換できます。たとえば、二重の段落記号をすべて検索し、単一の段落記号に置換できます。

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [検索] を選びます。

  2. [特殊文字] を選び、項目を選びます。

    [検索と置換] ダイアログ ボックスで [特殊文字] を選び、リストのオプションを選びます。

    注記: 

    • [特殊文字] が表示されていない場合は、[オプション] を選びます。

    • Outlook の [検索と置換] ダイアログ ボックスで、[オプション] ボタンを選んでその他のオプションを表示します。

  3. 項目を置換する場合は、[置換] タブを選び、[置換後の文字列] ボックスに置換後の文字列を入力します。

  4. [次を検索]、[すべて検索]、[置換]、または [すべて置換] を選びます。

    ヒント: 実行中の検索を取り消す場合は、Esc キーを押します。

ワイルドカードを使用して文字列の検索ができます。例えば、ワイルドカードとしてアスタリスク (*) を使うと、文字列を検索できます (「s*d」と入力すると、"sad" や "started" などが検索されます)。

ワイルドカードを使用して文字列を検索および置換する

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [検索] または [置換] を選びます。

  2. [検索オプション] で、[ワイルドカードを使用する] チェック ボックスをオンにします。

    注: [検索オプション] が表示されていない場合は、[オプション] を選びます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 選択特別なワイルドカード文字を選択し、[検索文字列] ボックスで別のテキストを入力します。詳細については、「を検索して置換するには、使用するワイルドカード」の下の表をこのセクションで後で表示します。

    • 検索文字列] ボックスで直接ワイルドカード文字を入力します。詳細については、「を検索して置換するには、使用するワイルドカード」の下の表をこのセクションで後で表示します。

    注: [検索する文字列] ボックスに入力した項目の置換も行う場合は、[置換後の文字列] ボックスに置き換える文字列を入力します。

  4. (省略可能) [検索する文字列] ボックスに入力した項目の置換も行う場合は、[置換] タブを選び、[置換後の文字列] ボックスに置換後の文字列を入力します。

  5. [次を検索]、[すべて検索]、[置換]、または [すべて置換] を選びます。

    ヒント: 実行中の検索を取り消す場合は、Esc キーを押します。

検索と置換で使用するワイルドカード

  • [ワイルドカードを使用する] チェック ボックスをオンにすると、Outlook は指定した文字に完全に一致する文字列だけを検索します。つまり、[大文字と小文字を区別する] チェック ボックスと [完全に一致する単語だけを検索する] チェック ボックスは淡色表示され、これらのオプションが自動的にオンになり、オフにすることができないことを示します。

  • ワイルドカードとして定義された文字を検索するには、文字の前に円記号 (\) を入力します。たとえば、疑問符 (?) を検索するには「\?」と入力します。

  • ワイルドカードと文字列をグループ化し、検索条件の優先順位を指定するには、かっこを使います。たとえば、「<(pre)*(ed)>」と入力すると、"presorted" や "prevented" が検索されます。

  • 式を検索し、語順を変更した式に置換するには、\n ワイルドカードを使います。たとえば、[検索する文字列] ボックスに「(Ashton) (Chris)」と入力し、[置換後の文字列] ボックスに「\2 \1」と入力すると、Outlook は Ashton Chris を検索して Chris Ashton に置き換えます。

検索対象

任意の 1 文字

?

「s?t」と入力すると、"sat" や "set" が検索されます

任意の長さの文字列

*

「s*d」と入力すると、"sad" や "started" が検索されます

単語の先頭

<

「<(inter)」と入力すると、"interesting" や "intercept" は検索されますが、"splintered" は検索されません

単語の末尾

>

「(in)>」と入力すると、"in" や "within" は検索されますが、"interesting" は検索されません

指定したいずれかの文字

[ ]

「w[io]n」と入力すると、"win" や "won" が検索されます

指定した範囲内の任意の 1 文字

[-]

「[r-t]ight」と入力すると "right" や "sight" が検索されます。範囲は昇順で指定します

かっこ内の範囲に含まれる文字を除く任意の 1 文字

[!x-z]

「t[!a-m]ck」と入力すると、"tock" や "tuck" は検索されますが、"tack" や "tick" は検索されません

直前の文字または式を n

{n}

「fe{2}d」と入力すると、"feed" は検索されますが、"fed" は検索されません

直前の文字または式を n 個以上

{n,}

「fe{1,}d」と入力すると、"fed" や "feed" が検索されます

直前の文字または式を nm

{n,m}

「10{1,3}」と入力すると、"10"、"100"、"1000" が検索されます

直前の文字または式を 1 個以上

@

「lo@t」と入力すると、"lot" や "loot" が検索されます

次のコードを使って、文字、書式、フィールド、または特殊文字を検索できます。[ワイルドカードを使用する] チェック ボックスがオンかオフかによって、使用できないコードもあります。

[検索する文字列] ボックスまたは [置換後の文字列] ボックスで入力できるコード

検索対象

段落記号 ( 段落記号 )

^p ([ワイルドカードを使用する] チェック ボックスがオンのときは [検索する文字列] ボックスでは使用不可) または ^13

タブ文字 ( タブ文字 )

^t または ^9

ASCII 文字

^nnn (nnn は文字コード)

ANSI 文字

^0nnn (0 はゼロ、nnn は文字コード)

全角ダッシュ (—)

^+

半角ダッシュ (–)

^=

キャレット

^^

任意指定の行区切り ( 任意指定の行区切り )

^l または ^11

段区切り

^n または ^14

ページ区切りまたはセクション区切り

^12 (置換時はページ区切りを挿入)

任意指定のページ区切り

^m ([ワイルドカードを使用する] チェック ボックスがオンのときはセクション区切りも検索または置換)

改行をしないスペース ( 改行をしないスペース )

[s]

改行をしないハイフン ( 改行をしないハイフン )

^~

任意指定のハイフン ( 任意指定のハイフン )

^-

[検索する文字列] ボックスでのみ入力できるコード ([ワイルドカードを使用する] チェック ボックスがオンの場合)

検索対象

Type

図または画像 (インラインのみ)

^g

[検索する文字列] ボックスでのみ入力できるコード ([ワイルドカードを使用する] チェック ボックスがオフの場合)

検索対象

任意の文字

^?

任意の数字

^#

任意の英字

^$

Unicode 文字

^Unnnn (nnnn は文字コード)

図または画像 (インラインのみ)

^1

脚注記号

^ f または ^2

文末脚注記号

^e

フィールド

^d

開始フィールドかっこ (フィールド コード表示時)

^19

終了フィールドかっこ (フィールド コード表示時)

^21

コメント

^a または ^5

セクション区切り

^b

全角スペース (Unicode)

^u8195

半角スペース (Unicode)

^u8194

スペース

^ w (通常のスペース、改行をしないスペース、およびタブ文字の任意の組み合わせ)

[置換後の文字列] ボックスでのみ入力できるコード

検索対象

Microsoft Windows クリップボードの内容

^c

[検索する文字列] ボックスの内容

^&

ページ、ブックマーク、メール メッセージ内の行など、特定の項目に移動できます。

  1. 作成しているメール メッセージや項目で、[書式設定] タブの [編集] グループの [検索] を選び、[ジャンプ] を選びます。

    [書式設定] タブの [編集] グループで [検索] を選び、[ジャンプ] を選びます。

  2. [移動先] ボックスの一覧で項目を選びます。

    [検索と置換] ダイアログ ボックスの [ジャンプ] タブで、最初に [移動先] オプションを選びます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 特定の項目に移動するには、入力ボックスにその項目を識別する適切な情報を入力し、[ジャンプ] を選びます。

    • 特定の種類の次の項目または前の項目に移動するには、入力ボックスを空白のままにして、[次へ] または [前へ] を選びします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×