電子メール メッセージを追跡する配信済みメッセージを追加します。

電子メール メッセージを追跡する配信済みメッセージを追加します。

配信済みメッセージまたは開封済みメッセージを受け取る

配信済みメッセージは、電子メール メッセージが相手側のメール ボックスに配信されたことを通知しますが、相手がそのメッセージを読んだかどうかまでは通知しません。メッセージが開封されたことを通知するのは、開封済みメッセージです。どちらの場合も、受信トレイ内でメッセージ通知を受信します。

注: メッセージの受信者が開封済みメッセージの送信を拒否する場合も考えられます。また、相手側の電子メール プログラムが開封済みメッセージに対応していない場合もあります。

  1. 開いているメッセージで、[オプション] をクリックします。

  2. [確認] で [配信確認の要求] または [開封確認の要求] チェック ボックスをオンにします。

すべてのメッセージを送信するには、このオプションを有効にする方法については、他のユーザーが表示されるか、メール メッセージを開くときに通知を参照してください。

注: 開封済みメッセージの受信トレイに配信されがこのアイコンが表示されます。 受信トレイのアイテムが開封済みメッセージまたは配信済みメッセージであることを示すアイコン します。

配信済みメッセージまたは開封済みメッセージを受け取る

配信済みメッセージは、電子メール メッセージが相手側のメール ボックスに配信されたことを通知しますが、相手がそのメッセージを読んだかどうかまでは通知しません。メッセージが開封されたことを通知するのは、開封済みメッセージです。どちらの場合も、受信トレイ内でメッセージ通知を受信します。

注: メッセージの受信者が開封済みメッセージの送信を拒否する場合も考えられます。また、相手側の電子メール プログラムが開封済みメッセージに対応していない場合もあります。

  • [オプション] タブの [管理] グループで、開いているメッセージでの配信確認の要求] または [開封済みメッセージを要求する] チェック ボックスを選択します。

すべてのメッセージを送信するには、このオプションを有効にする方法については、メッセージが配信または開封の通知を参照してください。

注: 確認メッセージは、送信済みアイテムの元のメッセージに記録されます。メッセージを開き、[メッセージ] タブの [表示] グループで、[管理] をクリックします。

配信済みメッセージまたは開封済みメッセージを受け取る

配信済みメッセージでは、自分の送信した電子メール メッセージが相手側のメールボックスに配信されたことのみを通知し、相手がそのメッセージを読んだかどうかはわかりません。メッセージが開封されたことを教えてくれるのが、開封確認メッセージです。いずれの場合も、ユーザーはメッセージの配信時または開封時に通知を受領します。この通知の内容は、[送信済みアイテム] フォルダーの元のメッセージに自動的に記録されます。

しかし、これらの通知のみに頼るのはお勧めできません。開封確認メッセージが要求された場合、その送信を拒絶する受信者もいます。メッセージが閲覧ウィンドウで読み取り専用である場合、開封確認メッセージが送信されない場合があります。また、受信者の電子メール プログラムが開封確認メッセージに対応していない可能性もあります。

  1. メッセージを開いて、[オプション] をクリックします。

  2. [投票/確認オプション] の [配信済みメッセージを受け取る] または [開封確認メッセージを受け取る] チェック ボックスをオンします。

送信するすべての電子メール メッセージにこれらのオプションをオンにする方法については、メッセージが配信または開封ときに通知を参照してください。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×