電子メール メッセージの IRM の使用について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、Information Rights Management (IRM) を使用して、 2007 Microsoft Office systemで提供されている、 Microsoft Office Outlook 2007で電子メール メッセージへのアクセス許可を制限する方法について説明します。ドキュメント、ブック、プレゼンテーションのコンテンツへのアクセスを制限する方法については、 Office での Information Rights Managementを参照してください。

この記事の内容

IRM とその制限の目的

IRM を使用するのには、コンピューターを構成します。

アクセス許可をダウンロードします。

メッセージに添付されている場合、IRM ポリシーの対象とするファイルの種類

IRM とその制限の目的

Information Rights Management (IRM) では、個人の電子メール メッセージへのアクセス許可を指定することができます。IRM を使用すると、印刷、転送、またはコピー許可のないユーザーによる機密性の高い情報を防ぐのに役立ちます。IRM を使用して、メッセージのアクセス許可を制限されている、アクセスと使用制限が電子メール メッセージにアクセスする権限がメッセージ ファイル自体に保存されているための情報に関係なく適用されます。

IRM は、個人が個人情報の送信に関して、個人用の設定を適用するために役立ちます。また、組織の機密情報や機密情報の配布を管理する企業ポリシーを適用します。

IRM を使って、次の操作します。

  • 権限のある受信者が制限されたコンテンツの転送、コピー、変更、印刷、fax 送信、またはを切り取って、受信者の提供を不正に使用コンテンツがこのような制限をサポートしている IRM ソリューションを使用します。

  • 制限されたコンテンツが Microsoft Windows で Print Screen 機能を使用してコピーすることを防ぐ

  • 送信先に関係なくコンテンツを制限します。

  • 添付ファイルはMicrosoft Office Word 2007、 Microsoft Office Excel 2007、 Microsoft Office PowerPoint 2007などの他の Microsoft Office プログラムを使用して作成されたファイルと同じレベルの電子メールの添付ファイルに制限を提供します。

  • ファイルの有効期限をサポートできるように、指定した期間後に、ドキュメントと電子メール メッセージの内容を表示されなくなったことができます。

  • 使用して、会社内のコンテンツの配布を管理する企業ポリシーを適用します。

IRM は、次に防ぐことはできません。

  • コンテンツの消去、盗難、または取得して転送トロイの木馬などの悪意のあるプログラムによってキー ロガー、特定の種類のスパイウェア

  • コンテンツの紛失や破損コンピューター ウイルスによるコンテンツのアクション

  • 制限されたコンテンツの手動コピーまたは再受信者の画面に表示されています。

  • 制限付きコンテンツを画面に表示のデジタル写真から受信者

  • 制限付きコンテンツをサード パーティ製の画面取り込みプログラムを使用してコピーします。

ページの先頭へ

IRM を使用するようにコンピューターを構成する

Windows Vista を実行しているコンピューターを使用している場合、Windows Rights Management サービス (RMS) クライアントがインストールされています。Microsoft Windows XP を実行しているコンピューターを使用する場合は、または、RMS 管理者によって、コンピューターに Windows Rights Management サービス (RMS) クライアントの Service Pack 1 (SP1) をインストールする必要があります。

RMS 管理者は、会社固有の情報にアクセスできるユーザーと、電子メール メッセージのレベルの編集が許可されている定義 IRM ポリシーを構成できます。たとえば、会社の管理者では、「社外秘」会社のドメイン内のユーザーのみがポリシーを使用する電子メール メッセージを閲覧できるようにと呼ばれる権限テンプレートを定義できます。

Windows Rights Management サービス (RMS) クライアントをインストールします。

注: Windows Vista を実行しているコンピューターを使用している場合、Windows Rights Management サービス (RMS) クライアントがインストールされています。

  1. Windows xp の場合は、 [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. プログラム追加と削除] をクリックし、[プログラム追加と削除] をクリックします。

  3. [プログラムの追加] をクリックします。

  4. プログラムの一覧で、 Windows Rights Management サービス クライアント] をクリックし、[追加] をクリックします。

    注: クラシック表示で、追加または削除するプログラムをダブルクリックし、左側のウィンドウで[プログラムの追加] をクリックします。プログラムの一覧で、 Windows Rights Management サービス クライアント] をクリックし、[追加] をクリックします。

または、まずられている権限が管理された IRM を使用してファイルを開くしようとすると2007 Office リリースようにすると、そのソフトウェアせずにコンピューターを実行している場合は、Windows Rights Management サービス クライアントをダウンロードするのには求められます。

ページの先頭へ

アクセス許可をダウンロードする

初めてするアクセス許可が制限を使用している電子メール メッセージを開くときに資格情報を確認し、使用ライセンスをダウンロードするのには、ライセンス サーバーに接続する必要があります。使用するライセンスは、ファイルがあるのアクセス許可のレベルを定義します。このプロセスでは、各ファイルのアクセス権が制限を使用している必要があります。つまり、使用するライセンスがない場合アクセスが制限されたコンテンツを開くことができません。アクセス許可をダウンロードするには、Microsoft Office がライセンス サーバーに、アクセス許可の権限については、(を自分の電子メール アドレスを含む) 資格情報を送信する必要があります。ライセンス サーバーには、電子メール メッセージに含まれる情報は送信されません。詳細については、プライバシーに関する声明を参照してください。

ページの先頭へ

メッセージに添付されている場合、IRM ポリシーの対象とするファイルの種類

Office Outlook 2007の権限が管理された電子メール メッセージには、次のファイルの種類が添付されている、ときが自動的に権限も管理します。

注: 権限が管理された電子メール メッセージにメッセージ (.msg) ファイルを添付するときに添付されたメッセージは権限管理します。IRM は権限が .msg ファイルの種類を管理します。

Word ファイル

ファイルの種類

拡張子

文書

.doc

文書

.docx

マクロを有効にした文書

.docm

テンプレート

.dot

テンプレート

.dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

拡張子

ブック

.xls

ブック

.xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

テンプレート

.xlt

テンプレート

.xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla

マクロを有効にしたアドイン

.xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

拡張子

プレゼンテーション

.ppt

プレゼンテーション

.pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

テンプレート

.pot

テンプレート

.potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps

スライド ショー

.ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×