電子メール メッセージの返信先として別の電子メール アカウントを指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Retire_Asset

この機能は、ほとんどのPOP3および IMAP の電子メール アカウントに対応します。Microsoft Exchange 電子メール アカウントを使用している場合は使用できません。

電子メールの受信者がメッセージに返信するときに、メッセージの送信に使用したのとは別の電子メール アカウントに返信が送られるように Microsoft Office Outlook 2007 を構成できます。

たとえば、メッセージを送信した後で休暇を取って友人に会いに行く場合、そのメッセージへの返信が友人のアカウントに送信されるように指定できます。また、勤務中で個人用の電子メール アカウントからメッセージを送信できない場合、職場から送信したメッセージへの返信が個人用アカウントに送信されるように、電子メールの設定を一時的に変更できます。

この変更の影響を受けるのは、変更後に送信したメッセージに対する返信のみです。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [電子メール] タブで電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックし、[返信電子メール] ボックスに、返信先のアカウントの電子メール アドレスを入力します。

    注記: 

    • インターネット サービス プロバイダー (ISP) によっては、使用しているアカウントのメール アドレスと一致しない返信電子メール アドレスを使用して電子メール メッセージを送信できません。ISP にこの制限がある場合は、次の手順を使うことはできません。

    • 返信を別のアカウントに送信する必要がなくなったら、[返信電子メール] ボックスを変更してください。

    • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合、し、電子メールと予定表のアイテムを管理する他のユーザーの場合は、代理人アクセスまたはを開き、Exchange アカウントにアクセスする他のユーザーのアクセス許可の付与を使用を検討してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×