電子メール メッセージの受信者の一覧にフォーム テンプレートを発行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このトピックの内容

概要

始める前に

電子メール メッセージの受信者のリストにフォーム テンプレートを発行します。

概要

Microsoft Office InfoPath 2007 フォーム テンプレートを発行するには、電子メール メッセージとしてユーザーに配布します。発行ウィザードでは、フォーム テンプレートのコピーと、そのフォーム テンプレートに基づいたフォームを含む電子メール メッセージを作成します。ユーザーが Microsoft Office Outlook 2007 で電子メール メッセージを開くと、電子メール メッセージの本文で直接フォームの入力ができます。以前のバージョンの Outlook や他の電子メール アプリケーションを使用している場合は、フォームとフォーム テンプレートの両方を電子メール メッセージの添付ファイルとして受信します。この場合は、まず、フォーム テンプレートの添付ファイルを開いて、フォーム テンプレートをコンピュータにインストールします。次に、フォームの添付ファイルを開くと、フォームが Microsoft Office InfoPath で開き、フォームの入力ができるようになります。

セキュリティに関するお知らせ : 信頼しても間違いのない出所の電子メール添付ファイルのみ開くように、ユーザーに徹底します。

注: フォーム テンプレートを発行することと、フォーム テンプレートを保存することは同じではありません。フォーム テンプレートを発行すると、発行ウィザードは発行場所と処理命令をフォーム テンプレートに追加して、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを開けるようにします。フォーム テンプレートを保存すると、コンピューターにファイルを保存するときと同様に、フォーム テンプレートのコピーを保存します。フォーム テンプレートにユーザーが記入できるようにする場合には、必ず、発行ウィザードを使用する必要があります。

ページの先頭へ

始める前に

電子メール メッセージの受信者の一覧にフォーム テンプレートを発行する前に、次の操作を行います。

  • Office Outlook 2007 がインストールされていない場合は、コンピュータにインストールします。

  • フォーム テンプレートが、制限されたセキュリティ レベルまたは完全信頼のセキュリティ レベルで構成されていることを確認します。制限されたセキュリティ レベルで構成されているフォーム テンプレートに基づいたフォームでは、電子メール メッセージの受信者のコンピュータにあるシステム リソースにアクセスできません。このフォーム テンプレートに基づいたフォームで、電子メール メッセージの受信者のコンピュータにあるシステム リソースにアクセスする必要がある場合は、完全信頼のセキュリティ レベルでフォーム テンプレートを構成し、信頼できる証明機関から発行された証明書でフォーム テンプレートにデジタル署名する必要があります。セキュリティ レベルがドメインのフォーム テンプレートは、電子メールの受信者の一覧に対して発行できません。

  • フォーム テンプレートがすべてクエリのデータ接続がないことを確認します。フォーム テンプレートには、クエリのデータ接続が含まれている場合は、電子メール メッセージの受信者のリストにフォーム テンプレートを発行できません。外部データ ソースからデータを表示する必要がある場合、 リソース ファイルで外部データ ソースからのデータが格納されます。[フォーム テンプレートには、このリソース ファイルを含めることができます。

  • ユーザーがコンピュータに Office InfoPath 2007 をインストールしていることを確認します。

ページの先頭へ

電子メール メッセージの受信者の一覧にフォーム テンプレートを発行する

  1. [ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

  2. 発行ウィザードの [電子メールの宛先のリストへ] をクリックして、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの次のページの [フォーム テンプレートの名前] ボックスに、フォーム テンプレートの名前を入力して、[次へ] をクリックします。フォーム テンプレートの名前が、電子メール メッセージの受信者に送信されたメッセージの件名に表示されます。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. [発行] をクリックします。

発行ウィザードでフォーム テンプレートの発行が完了すると、フォームが含まれた電子メール メッセージが開きます。このメッセージに入力して送信することができます。

ヒント: 電子メール メッセージの [備考] ボックスに、ユーザーに対して、信頼しても間違いのない出所の電子メール添付ファイルのみ開くようにという注意書きを入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×