電子メール メッセージでグラフを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要: コンピュータに Microsoft Office Excel 2007 がインストールされている場合は、2007 Microsoft Office system の高度なグラフ作成機能を利用できます。Microsoft Office Outlook 2007 で新しいグラフを作成するときに Office Excel 2007 がインストールされていない場合は、Microsoft Graph が開きます。グラフには、データシートと呼ばれる表内の関連付けられたデータが表示されます。データシートに独自のデータを入力するか、テキスト ファイルからデータシートにデータをインポートするか、または別のプログラムからデータシートにデータを貼り付けることができます。

この記事の内容

Outlook 2007 でのグラフをグラフについて

グラフまたはグラフの種類を選択して、データを挿入します。

グラフまたはグラフのデータを並べ替える

Outlook 2007 のグラフについて

Office Outlook 2007 にはさまざまな種類のグラフが用意されており、在庫レベル、組織の変更、売上高などの情報を伝えるために使用できます。グラフは Office Outlook 2007 と完全に統合されています。Excel がインストールされている場合は、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部であるリボンの [グラフ] ([挿入] タブの []) をクリックして、Outlook で Excel グラフを作成し、グラフ ツールを使用してグラフの編集や書式設定を行うことができます。作成したグラフは Outlook に埋め込まれ、グラフのデータは Outlook ファイルに組み込まれた Excel ワークシートに保存されます。

Excel から Outlook にグラフをコピーすることもできます。グラフをコピーする場合は、グラフを静的データとして埋め込むか、ブックにリンクすることができます。アクセス権があるワークシートにリンクされているグラフの場合、グラフを開いたときに、リンク元のブックが変更されているかどうかを自動的に確認するように指定できます。

次のいずれかの方法で、電子メール メッセージにグラフを追加できます。

  • 埋め込んで、電子メール メッセージでのグラフを挿入します。   Excel のグラフからデータを埋め込むには、Outlook と Outlook では、そのデータを編集する電子メール メッセージにワークシートを保存します。

  • Excel グラフをメッセージに貼り付けて Excel のデータにリンクする    Excel からグラフをコピーして電子メール メッセージに貼り付ける場合、グラフのデータは Excel ワークシートにリンクされています。Excel ワークシートは独立したファイルであり、電子メール メッセージと共に保存されるわけではありません。この場合、Excel ワークシートは電子メール メッセージの一部ではないので、グラフのデータを変更する場合は、Excel でリンク元のワークシートを編集する必要があります。

サンプル データのグラフ
Excel ワークシートのサンプル データの構成されている Outlook でのグラフ

注記: 

ページの先頭へ

グラフの種類を選択してデータを挿入する

メッセージにグラフを埋め込んで挿入する

グラフに関連付けられたデータを Outlook で保持する場合は、次の手順を実行します。

  1. Outlook で、グラフを挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] タブの [] で [グラフ] をクリックします。

  3. [グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、グラフをクリックし、[OK] をクリックします。

    別のウィンドウで Office Excel 2007 が開き、ワークシートにサンプル データが表示されます。

    グラフのサンプル データ

  4. Excel で、ワークシートのセルをクリックし、必要なデータを入力してサンプル データを置き換えます。

    列 A でサンプルの軸ラベルを置き換えたり、行 1 で凡例項目名を置き換えることもできます。

    注: ワークシートを更新すると、Outlook のグラフが新しいデータで自動的に更新されます。

  5. Excel で、 Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  6. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [保存先] ボックスの一覧で、ワークシートを保存するフォルダまたはドライブをクリックします。

    ヒント: ワークシートを新しいフォルダーに保存するには、[新しいフォルダーの作成] ボタン イメージ をクリックします。

  7. [ファイル名] ボックスに、新しいファイル名を入力します。

  8. [保存] をクリックします。

  9. Excel で、 Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[閉じる] をクリックします。

Excel グラフを電子メール メッセージに貼り付けて Excel のデータにリンクする

電子メール メッセージにリンクされる Excel ワークシートを作成できます。Excel ワークシートでデータを更新すると、電子メール メッセージでもデータが更新されます。

外部の Office Excel 2007 ワークシートのデータにリンクする場合は、次の手順を実行します。Office Excel 2007 でグラフを作成してコピーし、電子メール メッセージに貼り付けます。Office Excel 2007 でデータを更新すると、Outlook のグラフも更新されます。

  1. Excel で、グラフの境界線をクリックしてグラフを選択し、[ホーム] タブの [クリップボード] で [切り取り] をクリックします。

    グラフは削除されますが、データは Excel に残っています。

  2. Outlook で、電子メール メッセージ内のグラフを挿入する場所をクリックします。

  3. [メッセージ] タブの [クリップボード] で [貼り付け] をクリックします。

    [貼り付けのオプション] ボタンに、グラフが Excel のデータにリンクされていることが示されます。

  4. Excel のデータにリンクされたグラフと共に電子メール メッセージを保存します。

    電子メール メッセージを再び開くときは、[はい] をクリックして Excel のデータを更新します。

注: SmartArt グラフィックを使って、情報を視覚的に表現したものを作成することもできます。 詳細については、「SmartArt グラフィックを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

グラフのデータを配置する

縦棒グラフや横棒グラフなど、多くのグラフでは、Excel ワークシートの行または列に配置したデータをグラフにプロットすることができます。ただし、円グラフやバブル チャートなど、グラフの種類によっては特定のデータ配置が必要になる場合があります。

グラフの種類

データの配置

縦棒グラフ

横棒グラフ

折れ線グラフ

面グラフ

等高線グラフ

レーダー チャート

次のような列または行

項目 A

項目 B

"1"。

51

76

1.8

または、次のように配置します。

項目 A

"1"。

76

項目 B

51

1.8

円グラフ

ドーナツ

(系列が 1 つの場合)

次のような、1 列または 1 行のデータと、1 列または 1 行のデータ ラベル

A

"1"。

B

51

C

76

または、次のように配置します。

A

B

C

"1"。

51

76

円グラフ

ドーナツ

(系列が複数の場合)

次のような、複数の列または行のデータと、複数の列または行のデータ ラベル

A

"1"。

51

B

76

1.8

C

5

2.7

または、次のように配置します。

A

B

C

"1"。

51

76

1.8

5

2.7

XY (散布図)

バブル チャート

次のように、最初の列に x 値を配置し、隣接する列に y 値やバブル サイズ値を配置した列

X

Y

バブル サイズ

"1"。

51

76

1.8

5

2.7

株価チャート

ラベルとして銘柄または日付を使用し、次の順序で配置した列または行

たとえば、高値、安値、終値

日付

高値

安値

終値

1/1/2002

46.125

42

44.063

または、次のように配置します。

日付

1/1/2002

高値

46.125

安値

42

終値

44.063

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×