電子メール オプション

週次業務報告書の提出などのタスクで既に Microsoft Office InfoPath フォームを使用している場合、電子メール メッセージの管理に Microsoft Office Outlook 2007 を使用しているのであれば、InfoPath 電子メール フォームによって共同作業やデータの共有のための処理を効率化できます。これは、InfoPath を起動しなくても、Office Outlook 2007 から InfoPath フォームを開き、情報を入力して送信できるためです。InfoPath 電子メール フォームを受信した場合でも、Office Outlook 2007 の他のアイテムと同じように、そのフォームに返信したり、そのフォームを転送したり、保存したりできます。

[電子メール オプション] 作業ウィンドウの設定を使用して、InfoPath 電子メール フォームを送信するときに使用するオプションを選択します。

メールの送信形式

編集可能なフォーム     各受信者が InfoPath 電子メール フォームの編集可能なコピーを受信して、InfoPath 電子メール フォームに入力して返信できるようにする場合は、このオプションをクリックします。

注: Microsoft Office Outlook 2007 で InfoPath 電子メール フォームを送信または受信するには、Microsoft Office InfoPath 2007 がコンピューターにインストールされていて、Office Outlook 2007 が InfoPath 電子メール フォームの送受信を行えるように構成されている必要があります。これらのプログラムがコンピューターにインストールされ、Office Outlook 2007 が InfoPath 電子メール フォームの送信を行えるように構成されていても、InfoPath 電子メール フォームの受信者のコンピューターが同じように構成されていなければ、送信したフォームは、受信者には電子メール メッセージの添付ファイルとして表示されます。この場合、受信者は、添付されたフォームを保存して InfoPath で開くことができます。既定では、Office Outlook 2007 は InfoPath 電子メール フォームの送受信を行えるように構成されています。InfoPath 電子メール フォームを有効または無効にするには、Office Outlook 2007 の [オプション] ダイアログ ボックスで、[その他] タブの [詳細オプション] をクリックし、[詳細オプション] ダイアログ ボックスの [InfoPath 電子メール フォームを有効にする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

フォーム テンプレートを含める     ユーザーに InfoPath 電子メール フォームに入力して返信してもらう場合、フォームの関連するテンプレートがそのユーザーがアクセスできる共有の場所にないときは、このオプションをクリックして、InfoPath 電子メール フォームを転送するときにフォーム テンプレートを含めます。

読み取り専用のスナップショット     各受信者が InfoPath 電子メール フォームを標準の電子メール メッセージとして受信するようにする場合は、このオプションをクリックします。InfoPath 電子メール フォームに複数のビューが含まれている場合は、フォームのアクティブなビューのみが含められます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×