電子メール アカウント設定を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子メールに関する次のようなさまざまな設定を変更することができます。

  • パスワード

  • プロフィール写真

  • 名前と電子メール アドレス (POP および IMAP アカウントのみ)

パスワードを変更します。

まず、メール プロバイダーにパスワードを変更し、[新しいパスワードを使って Outlook を更新する必要があります。

Outlook でパスワードを更新します。

パスワードを更新するように求められます。パスワードの入力プロンプトが表示されたら、新しいパスワードを入力し、必要に応じて、[パスワードを保存する] チェック ボックスを選択します。

パスワードを変更します。

まず、Gmail、Yahoo、または Xfinity、たとえば、メール プロバイダーにパスワードを変更し、[新しいパスワードを使って Outlook を更新する必要があります。

Gmail や yahoo などは、プロバイダーの web サイトに移動し、パスワードを変更するための指示に従います。

Outlook でパスワードを更新します。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [アカウントの変更] ウィンドウで、パスワードを更新します。

    さまざまなアカウント設定を変更できます
  4. アカウント設定のテストが完了したら、[閉じる] を選択し、次に [完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

  1. [ファイル] をクリックし、写真の下の [変更] をクリックします。

    Office の写真を Outlook から変更

  2. [参照] ボタンをクリックし、使いたい写真を探して選び、[開く] をクリックします。

Outlook Web App へのサインインが求められている場合は、サインインした後に [参照] ボタンが表示されます。

注: Outlook では .jpg、.png、.gif、.bmp、または .tif の写真ファイル形式を使うことができます。

新しい写真が連絡先カードに表示されるまで数分かかることがあります。

Exchange、Outlook.com、および Office 365 アカウントの場合、いくつかの特定の設定のみを変更できます。追加のメールボックスを開く、Exchange キャッシュ モードをオンまたはオフにする、共有フォルダーのダウンロードを制御する、および Outlook データ ファイルの設定を変更することができます。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [Exchange キャッシュ モードを使う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  4. [次へ]、[完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [詳細設定]、[詳細設定] を選択します。

  4. [追加] を選択し、追加するメールボックスの名前を入力して、[OK] を選択します。

  5. [OK]、[完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [詳細設定]、[詳細設定] を選択します。

  4. [Exchange キャッシュ モードの設定] で、[共有フォルダーをダウンロード] チェック ボックスをオンまたはオフにして、[OK] を選択します。

  5. [OK]、[完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [詳細設定]、[詳細設定] を選択します。

  4. [Outlook データ ファイルの設定]、[今すぐ圧縮] の順に選択します。

  5. [OK] を 2 回選択し、次に [完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

他の種類のアカウント (すべての POP および IMAP アカウント、Gmail、Yahoo、iCloud、その他の個人用電子メール アカウントを含む) の場合、名前、サーバー設定、既定の返信先のメール アドレス、送信済みアイテムなどのさまざまな設定を変更できます。

:アカウントの種類を POP から IMAP に変更することはできません。新しいアカウントを追加する必要があります。たとえば、POP を使用するようにセットアップされている電子メール アカウントがある場合は、アカウントをもう一度追加して、セットアップ処理時に IMAP を選択する必要があります。その後、フォルダーを POP アカウントから IMAP アカウントにコピーして、POP アカウントを削除します。

詳細については、「Outlook 2010 または 2013 で Office 365 のメールを設定する」および「Outlook からメール アカウントを削除する」を参照してください。

ほとんどの種類のアカウントでは、他のユーザーが自分のメール メッセージを受信したときに表示される名前を選択できます。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [アカウントの変更] ウィンドウで、名前を更新します。

    さまざまなアカウント設定を変更できます
  4. アカウント設定のテストが完了したら、[閉じる] を選択し、次に [完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

メール アドレスを変更する場合は、必ずユーザー名を再確認してください。Outlook では、ユーザー名は自動的に更新されません。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [アカウントの変更] ウィンドウで、電子メール アドレス、ユーザー名、受信メール サーバー、または送信メール サーバーを更新します。

    さまざまなアカウント設定を変更できます
  4. アカウント設定のテストが完了したら、[閉じる] を選択し、次に [完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

電子メール アカウントに関するさまざまな設定を更新することができます。[アカウントの変更] ウィンドウの [詳細設定] ボタンを使用すると、受信者が返信時に使用する電子メール アドレス、アカウントの名前、さまざまなアイテムの保存場所、およびメール サーバーの暗号化とポート設定を制御できます。

注: すべてのメール アカウントが、すべての設定を変更できるわけではありません。変更したい設定が淡色表示になっているか、または使用できない場合は、管理者またはインターネット サービス プロバイダー (ISP) に問い合わせてください。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選択します。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [詳細設定] を選択します。

    • [全般] タブでは、自分のアカウントの名前を変更することができます。これは、Outlook のフォルダー一覧に表示されます。また、電子メールを送信したときに、その受信者の返信先となる組織と電子メール アドレスを入力することもできます。

    • [送信済みアイテム] タブでは、送信済みアイテムが保存されるフォルダーを選択するか、または送信済みアイテムの保存をオフにできます。

    • [削除済みアイテム] タブでは、メッセージを削除するときの動作を制御します。削除したメッセージを特定のフォルダーに移動するか、または削除対象としてマークしておき、メールボックス内のアイテムが消去されたときにのみ削除されるようにすることができます。

    • [下書き] タブでは、下書きが保存されるフォルダーを指定できます。

    • [迷惑メール] タブでは、迷惑メールの移動先フォルダーを指定できます。

    • [送信サーバー] タブでは、送信サーバーの認証設定を制御できます。ほとんどの場合、送信サーバーは受信メール サーバーと同じ設定を使用します。

    • [詳細設定] タブでは、メール サーバーのポート番号、暗号化された接続の種類、サーバーのタイムアウト、およびルート フォルダーのパスを変更できます。

  4. 設定を更新したら、[OK] を選択し、[次へ] を選択します。

  5. アカウント設定のテストが完了したら、[閉じる] を選択し、次に [完了]、[閉じる] の順に選択して Outlook に戻ります。

パスワードを忘れた、パスワードが悪用される可能性がある、またはパスワードが期限切れになった場合は、まず Office 365、Outlook.com、Gmail、Yahoo、Xfinity などの電子メール プロバイダーでパスワードを変更し、次に Outlook で新しいパスワードに更新する必要があります。

電子メール プロバイダーでパスワードを変更する

Outlook でパスワードを更新する

電子メール プロバイダーでパスワードを変更したら、Outlook で新しいパスワードに更新できます。アカウントの種類を選択すると、詳しい手順が表示されます。

Exchange、Office 365、または Outlook.com

Office 365、Outlook.com、および Exchange アカウントの場合、Outlook ではパスワードを更新するように求められます。パスワードの入力プロンプトが表示されたら、新しいパスワードを入力し、必要に応じて、[パスワードを保存する] チェック ボックスを選択します。

Gmail、Yahoo、その他の電子メール アカウント

  1. Outlook で、[ツール]、[アカウント設定] の順に選択します。

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

  3. [電子メール アカウントの変更] ウィンドウで、パスワードを更新します。

    [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

  4. 必要に応じて、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. Exchange、Office 365、または Outlook.com のアカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  3. Exchange キャッシュ モードを有効または無効にするには、[Exchange キャッシュ モードを使う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    Exchange キャッシュ モードの詳細

    Exchange キャッシュ モードを使用すると、使用しているメールボックスのコピーがコンピューターに格納されます。このコピーは Exchange を実行するサーバーと頻繁に同期され、データへのすばやいアクセスを可能にします。

    Exchange キャッシュ モードを有効にできない場合は、次のような原因が考えられます。

    • 管理者がこの機能を無効にしている    Exchange の管理者は、Microsoft Office Outlook 2007 のこの機能を無効にすることができます。詳細については、Exchange の管理者に問い合わせてください。管理者向けの詳細情報は、Microsoft Office リソース キットに記載されています。

    • Microsoft ターミナル サービスをインストールしている    キャッシュ モードでは、オフライン フォルダ ファイル (.ost) が使用されます。Microsoft Windows Server 2003 のターミナル サービスをインストールしている場合は、このファイルを使用できません。ただし、ターミナル サービス クライアントまたはリモート デスクトップ接続クライアントをインストールした場合は、Exchange キャッシュ モードを妨げることはありません。

  4. [詳細設定] をクリックします。

  5. 次の設定を変更できます。

    • [全般] タブの [Exchange アカウント] で、"仕事用の電子メール" のようにアカウントを識別するための名前を入力します。

    • [全般] タブの [起動時の設定] で、Outlook を起動するときの接続状態を選択します。

    • [詳細設定] タブで、この他に開く Exchange メールボックスを指定できます。このメールボックスは、他のユーザーからその Exchange フォルダへのアクセスを許可されている場合や代理アクセス権を与えられている場合に使用できます。

    • .ost ファイルのサイズを小さくするには、[詳細設定] タブの [オフライン フォルダ ファイルの設定] をクリックし、[今すぐ圧縮] をクリックします。

    • セキュリティ設定は [セキュリティ] タブで変更できます。Exchange 管理者から指示された場合にのみ、これらの設定を変更してください。

    • [接続] タブの [外出先で Outlook を使う] を有効にするには、[外出先で Outlook を使う] の下の [HTTP を使用して Microsoft Exchange に接続する] チェック ボックスをオンにして、[Exchange のプロキシ設定] をクリックします。[外出先で Outlook を使う] に関する詳細へのリンクが、[参照] に用意されています。

    • リモート メールの設定は、[リモート メール] タブで変更できます。

他のユーザーに対して表示する名前を変更する

電子メール アドレスを変更する

電子メール サーバーのアドレスを変更する

その他の設定

他のユーザーに対して表示する名前を変更する

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. 変更する電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  3. [ユーザー情報] の下の [名前] ボックスに、他のユーザーに対して表示する名前を入力します。

    [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

電子メール アドレスを変更する

電子メール ドメイン名が変更されることがあります。この場合、someone@example.com という電子メール アドレスを使用しているユーザーは example.com の部分を ISP によって指定された新しいドメイン名に変更することになります。

たとえば、現在、電子メール アドレスとして aoki@contoso.com を使用しているとします。契約先 ISP の Contoso, Ltd. から、別の企業との合併に伴い電子メール アドレスが aoki@example.com に変更になったという通知が届いたとします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [ユーザー情報] の [電子メール アドレス] ボックスで、メール管理者または ISP から割り当てられた完全な電子メール アドレスを入力します。ユーザー名@ドメイン名、たとえば、 paula@example.comを含めるを確認します。 [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [全般] タブの [その他のユーザー情報] で、[返信電子メール] ボックスに電子メール アドレスを指定済みの場合は、そのアドレスが正しいことを確認します。[返信電子メール] ボックスが空白の場合は、ユーザーが電子メールに返信すると、手順 2. で入力したアドレスが使用されます。

電子メール サーバーのアドレスを変更する

電子メールの送受信のために接続するサーバーが変更されることがまれにあります。

たとえば、現在使用している POP3 および SMTP 電子メール サーバーが incoming.example.com および smtp.example.com であるとします。契約先 ISP から、サーバーのアップグレードが完了し、POP3 電子メール サーバーが mail.example.com に変更になったという通知が届いたとします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [電子メール] タブで、目的の電子メール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

    画面の画像

  3. [サーバー情報] の [アカウントの種類] ボックスの一覧で、[POP3]、[IMAP]、または [HTTP] を選択します。

    注: 契約している ISP に問い合わせると使用しているアカウントの種類を確認できますが、通常は、POP3 が最も一般的に使用されています。

    [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

  4. [サーバー情報] の [受信メール サーバー ] ボックスで、ISP またはメール管理者から提供されたサーバーの完全な名前を入力します。多くの場合これは、メール。後、ドメイン名、たとえばが付加されます

  5. [サーバー情報]、 [送信メール サーバー ] ボックスで、ISP またはメール管理者から提供されたサーバーの完全な名前を入力します。多くの場合これは、 smtpが付加されますなど、ドメイン名を続けます。

その他の設定

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. 変更するアカウントを選択します。

  3. [詳細設定] をクリックし、次の内容を変更します。

    • [全般] タブの [メール アカウント] で、"自宅の ISP 用の電子メール" のようにアカウントを識別するための名前を入力します。

    • IMAP 電子メール アカウントを使用している場合、いつアイテムを削除するかを制御できます。[消去オプション] で、[オンラインでフォルダを切り替えたときにアイテムを消去する] チェック ボックスをオンにします。

    • [フォルダ] タブで、このアカウントから送信するメールの保存場所を選択できます。

    • [送信サーバー] タブで、送信メール サーバー (SMTP) に認証が必要かどうかを指定できます。たとえば、職場のネットワークに接続されている自宅以外の場所で、自宅用の ISP 電子メール アカウントを使用して電子メール メッセージを送信する場合など、ISP ネットワークに直接接続していない環境で、ISP の電子メール アカウントを使用して電子メール メッセージを送信する場合、大部分の ISP で認証が必要になります。

      画面の画像

    • [接続] タブでは、Outlook からメール サーバーに接続する方法を構成します。

    • ISP または電子メール管理者から電子メール サーバーで使用するポート番号または暗号化の方法を変更するように指示された場合は、[詳細設定] タブで変更できます。

      画面の画像

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×