電子メール アカウント設定を変更する

電子メール アカウント設定を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook アカウント設定の更新を促すまたは必要とする特定のイベントがあります。これらのイベントには次のようなものがあります。

  • メール アカウントのパスワードが有効期限切れになっているまたは変更する場合

  • メール サーバーの設定 (受信または送信メール サーバーや SSL 設定など) を変更する場合

  • 自分の名前を変更するまたは自分のメール アドレスを更新する場合

各種類のアカウントでは、さまざまな一連の設定を変更することができます。Exchange アカウントを使っている場合は、たとえば、Exchange server 管理者だけを変更できます他のユーザーに自分の名前が表示される方法。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

Exchange または Office 365 のアカウント設定を変更します。

Exchange と Office 365 アカウントの場合、いくつかの特定の設定のみを変更できます。追加のメールボックスを開く、Exchange キャッシュ モードをオンまたはオフにする、共有フォルダーのダウンロードを制御する、および Outlook データ ファイルの設定を変更することができます。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選びます。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [詳細設定]、[詳細設定] を選択します。

    注: 追加のメールボックスを開く、Exchange キャッシュ モード をオンまたはオフにする、共有フォルダーのダウンロードを制御する、および Outlook データ ファイルの設定を変更することができます。

    追加のメールボックスを開く、またはデータ ファイル設定を変更する

POP または IMAP アカウントの設定を変更します。

他の種類のアカウント (すべての POP および IMAP のアカウントを含む) の場合、名前、サーバー設定、既定の返信先のメール アドレス、送信済みアイテムなどのさまざまな設定を変更できます。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[アカウント設定] の順に選びます。

    Outlook でアカウント設定を選択すると、オプションが利用可能になる

  2. 変更する電子メール アカウントを選び、[変更] を選びます。

    電子メール アカウント設定を変更する

  3. [POP と IMAP のアカウント設定] ページで、名前、メール アドレス、パスワードなどの任意の情報を変更できます。

    さまざまなアカウント設定を変更できます
  4. [詳細設定]、[詳細設定] の順に選択して、メールの送受信に使用される既定のポート、サーバーのタイムアウト、送信済みおよび削除済みのアイテムのオプションなど、他の設定を変更します。

    さまざまなアカウント設定を変更できます

さらにサポートが必要な場合

Outlookでアカウントの追加および使用の詳細については、 Outlook のメールのセットアップを参照してください。追加する写真を変更するプロファイルを検索する場合は自分の写真を変更する」をご覧ください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

Exchange アカウントの設定を変更します。

POP3 または IMAP アカウントの設定を変更します。

Exchange アカウントの設定を変更します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. Exchange アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

    • 既定では、Microsoft Windows ネットワーク資格情報に基づいて Exchange アカウントが自動的に入力されます。

  4. Exchange キャッシュ モードを有効または無効にするには、[Exchange キャッシュ モードを使う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    Exchange キャッシュ モードの詳細

    Exchange キャッシュ モードは、Exchange アカウントを使用する際に役に立ちます。このモードでは、メールボックスのコピーがコンピューターに保存されます。このコピーを使用して、データにすばやくアクセスできます (コピーは Microsoft Exchange を実行しているサーバーで頻繁に更新されます)。

    Exchange キャッシュ モードをオンにできない場合、次の 1 つまたは複数に該当する可能性があります。

    • Microsoft Outlook プロファイルの中に Exchange 電子メール アカウントが存在しない    この機能を使用するには、Outlook プロファイルに Exchange アカウントが含まれている必要があります。

    • Exchange サーバー管理者がこの機能を無効にしている     Exchange 管理者は、Outlook のこの機能を無効にすることができます。詳細については、Exchange 管理者に問い合わせてください。

    • Microsoft のターミナル サービスがインストールされている     Microsoft のターミナル サービスがインストールされている場合、Windows Server を実行しているコンピューターでは Exchange キャッシュ モードは利用できません。

  5. [詳細設定] をクリックします。

  6. 次の設定を変更できます。

    • [全般] タブの [Exchange アカウント] で、"仕事用の電子メール" のようにアカウントを識別するための名前を入力します。

    • [全般] タブの [起動時の設定] で、Outlook を起動するときの接続状態を選択します。

    • [詳細設定] タブで、この他に開く Exchange メールボックスを指定できます。このメールボックスは、他のユーザーからその Exchange フォルダーへのアクセスを許可されている場合や代理アクセス権を与えられている場合に使用できます。

    • オフライン Outlook データ ファイル (.ost) のサイズを小さくするには、[詳細設定] タブの [Outlook データ ファイルの設定] をクリックし、[今すぐ圧縮] をクリックします。

    • セキュリティ設定は [セキュリティ] タブで変更できます。Exchange 管理者から指示された場合にのみ、これらの設定を変更してください。

    • 組織のネットワークから離れているときは、[外出先で Outlook を使う] を使用すると、仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を使用せずに、インターネット上の任意の場所から Outlook を Exchange サーバーに接続できます。[接続] タブの [外出先で Outlook を使う] を有効にするには、[外出先で Outlook を使う] の [HTTP を使用して Microsoft Exchange に接続する] チェック ボックスをオンにして、[Exchange のプロキシ設定] をクリックします。Exchange 管理者は、この機能を有効にし、ユーザーにプロキシ設定を知らせておく必要があります。

POP3 または IMAP アカウントの設定を変更します。

電子メール アカウントのパスワードを変更します。

自分の電子メール アドレスを変更します。

電子メール サーバーを変更します。

他のユーザーに自分の名前を表示する方法を変更します。

その他の設定

電子メール アカウントのパスワードを変更します。

メール サーバーへのアクセスに使用するパスワードを変更する場合は、ISP または電子メール管理者の指示に従います。メール サーバーのパスワードを変更した後、Outlook のアカウント設定に保存されているパスワードを変更します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. パスワードを変更する電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  4. [メール サーバーへのログオン情報] の [パスワード] ボックスに、ISP またはメール管理者から指定されたパスワードまたは独自に作成したパスワードを入力します。

  5. メッセージを送受信するたびに電子メール アカウントのパスワードの入力を求めるメッセージが表示されないようにするには、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにします。

    注: [パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにすると、このコンピューターにアクセスするすべてのユーザーが、このアカウントにアクセスできるようになります。

自分の電子メール アドレスを変更します。

場合によっては、電子メールのドメイン名を変更することがあります。たとえば、 bruce@cohovineyardandwinery.combruce@cohowinery.comになる場合があります。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. 電子メール アドレスを変更する電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  4. [ユーザー情報] の [電子メール アドレス] ボックスで、メール管理者または ISP から割り当てられた完全な電子メール アドレスを入力します。ユーザー名、 @記号、およびドメイン名を確認します。たとえば、 bruce@cohowinery.comは、有効な電子メール アドレスです。

  5. [詳細設定] をクリックします。

  6. [全般] タブの [その他のユーザー情報] で、[返信電子メール アドレス] ボックスに電子メール アドレスを指定済みの場合は、そのアドレスが正しいことを確認します。[返信電子メール アドレス] ボックスが空白の場合は、ユーザーが電子メールに返信すると、手順 4. で入力したアドレスが使用されます。

電子メール サーバーを変更します。

電子メールの送受信のために接続するサーバーが変更されることがあります。

たとえば、ISP 通知を送信または SMTP メール サーバーがからに変更するoutgoing.example.comが付加されます。アカウントの設定でサーバーの設定を更新することができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。
    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [電子メール] タブで、変更する電子メール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

  4. [サーバー情報] の [受信メール サーバー] ボックスに、ISP またはメール管理者から指定されたサーバーの完全な名前を入力します。通常、この名前には、たとえば mail.example.com のように、mail. の後にドメイン名が付加されます。

  5. [サーバー情報] の [送信メール サーバー] ボックスに、ISP またはメール管理者から指定されたサーバーの完全な名前を入力します。通常、この名前には、たとえば smtp.example.com のように、smtp. の後にドメイン名が付加されます。

他のユーザーに自分の名前を表示する方法を変更します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. 表示名を変更する電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  4. [ユーザー情報] の下の [名前] ボックスに、他のユーザーに対して表示する名前を入力します。

その他の設定

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    Backstage ビューの [アカウント設定]

  3. 設定を変更するアカウントを選択します。

  4. [詳細設定] をクリックすると、次の内容を変更できます。

    • [全般] タブの [メール アカウント] で、"自宅の ISP 用の電子メール" のようにアカウントを識別するための名前を入力します。

    • IMAP 電子メール アカウントを使用している場合、アイテムを削除するタイミングを制御できます。[消去オプション] で、[オンライン中にフォルダーを切り替えたらアイテムを消去する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    • [フォルダー] タブで、このアカウントから送信するメールの保存場所を選択できます。

    • [送信サーバー] タブで、送信メール サーバー (SMTP) に認証が必要かどうかを指定できます。ISP ネットワークに直接接続していない環境で、ISP の電子メール アカウントを使用して電子メール メッセージを送信する場合、大部分の ISP で認証が必要になります。たとえば、職場のネットワークに接続されている自宅以外の場所で、自宅用の ISP 電子メール アカウントを使用して電子メール メッセージを送信する場合、通常はこのオプションを選択する必要があります。

    • Outlook からメール サーバーに接続する方法を構成するには、[接続] タブを使用します。

    • ISP または電子メール管理者から電子メール サーバーで使用するポート番号または暗号化の方法を変更するように指示された場合は、[詳細設定] タブで変更できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

Exchange アカウントの設定を変更します。

POP3、IMAP、または HTTP アカウントの設定を変更します。

更新または自分の写真を変更します。

Exchange アカウントの設定を変更します。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが表示されない

    [アカウント設定] コマンドは、Office Outlook 2007 の [ツール] メニューに表示されます。それ以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、以下の説明は当てはまりません。使用している製品のヘルプを参照してください。使用しているアプリケーションのタイトル バーに "Outlook Express" と表示されている場合、Outlook とは異なるアプリケーションを使用しています。詳細については、Outlook Express のヘルプを参照してください。

  2. Exchange アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

    既定では、Microsoft Windows ネットワーク資格情報に基づいて Exchange アカウントが自動的に表示されます。

  3. Exchange キャッシュ モードを有効または無効にするには、[Exchange キャッシュ モードを使う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    Exchange キャッシュ モードの詳細

    Exchange キャッシュ モードを使用すると、使用しているメールボックスのコピーがコンピュータに格納されます。このコピーは Exchange を実行するサーバーと頻繁に同期され、データへのすばやいアクセスを可能にします。

    Exchange キャッシュ モードを有効にできない場合は、次のような原因が考えられます。

    • Exchange の管理者がこの機能を無効にしている    Exchange の管理者は、Microsoft Office Outlook 2007 のこの機能を無効にすることができます。詳細については、Exchange の管理者に問い合わせてください。管理者向けの詳細情報は、Microsoft Office リソース キットに記載されています。

    • Microsoft ターミナル サービスをインストールしている    キャッシュ モードでは、オフライン フォルダ ファイル (.ost) が使用されます。Microsoft Windows Server 2003 のターミナル サービスをインストールしている場合は、このファイルを使用できません。ただし、ターミナル サービス クライアントまたはリモート デスクトップ接続クライアントをインストールした場合は、Exchange キャッシュ モードを妨げることはありません。

  4. [詳細設定] をクリックします。

  5. 次の設定を変更できます。

    • [全般] タブの [Exchange アカウント] で、"仕事用の電子メール" のようにアカウントを識別するための名前を入力します。

    • [全般] タブの [起動時の設定] で、Outlook を起動するときの接続状態を選択します。

    • [詳細設定] タブで、この他に開く Exchange メールボックスを指定できます。このメールボックスは、他のユーザーからその Exchange フォルダへのアクセスを許可されている場合や代理アクセス権を与えられている場合に使用できます。

    • .ost ファイルのサイズを小さくするには、[詳細設定] タブの [オフライン フォルダ ファイルの設定] をクリックし、[今すぐ圧縮] をクリックします。

    • セキュリティ設定は [セキュリティ] タブで変更できます。Exchange 管理者から指示された場合にのみ、これらの設定を変更してください。

    • [接続] タブの [外出先で Outlook を使う] を有効にするには、[外出先で Outlook を使う] の下の [HTTP を使用して Microsoft Exchange に接続する] チェック ボックスをオンにして、[Exchange のプロキシ設定] をクリックします。[外出先で Outlook を使う] に関する詳細へのリンクが、[参照] に用意されています。

    • リモート メールの設定は、[リモート メール] タブで変更できます。

POP3、IMAP、または HTTP アカウントの設定を変更します。

他のユーザーに自分の名前の表示方法を変更します。

電子メール アカウントのパスワードを変更します。

自分の電子メール アドレスを変更します。

電子メール サーバーのアドレスを変更します。

その他の設定

他のユーザーに自分の名前の表示方法を変更します。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが表示されない

    [アカウント設定] コマンドは、Office Outlook 2007 の [ツール] メニューに表示されます。それ以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、以下の説明は当てはまりません。使用している製品のヘルプを参照してください。使用しているアプリケーションのタイトル バーに "Outlook Express" と表示されている場合、Outlook とは異なるアプリケーションを使用しています。詳細については、Outlook Express のヘルプを参照してください。

  2. 変更する電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  3. [ユーザー情報] の下の [名前] ボックスに、他のユーザーに対して表示する名前を入力します。

    [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

電子メール アカウントのパスワードを変更します。

お使いのシステムのセキュリティを確保するために、パスワードは定期的に変更することをお勧めします。

パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強固とはいえません。完全な単語、ユーザー名、実際の名前、会社名などが含まれていると、強いパスワードではありません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードといえます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。詳細については、「Create stronger passwords and protect them」 (パスワードを作成して保護する) を参照してください。

It is critical that you remember your password. If you forget your password, Microsoft cannot retrieve it. Store the passwords that you write down in a secure place away from the information that they help protect.

注: メール サーバーのパスワードを変更した後、Outlook に保存されているパスワードを変更します。ISP または電子メール管理者の指示に従って、メール サーバーのパスワードを変更します。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが表示されない

    [アカウント設定] コマンドは、Office Outlook 2007 の [ツール] メニューに表示されます。それ以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、以下の説明は当てはまりません。使用している製品のヘルプを参照してください。使用しているアプリケーションのタイトル バーに "Outlook Express" と表示されている場合、Outlook とは異なるアプリケーションを使用しています。詳細については、Outlook Express のヘルプを参照してください。

  2. 変更する電子メール アカウントを選択し、[変更] をクリックします。

  3. [メール サーバーへのログオン情報] の [パスワード] ボックスに、ISP またはメール管理者から指定されたパスワードまたは独自に作成したパスワードを入力します。

    [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

  4. [パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにします。

    注: [パスワード] ボックスにパスワードを入力し、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにする方法でも、パスワードを Outlook に保存することができます。この方法を選択すると、使用しているコンピュータにアクセスできるすべてのユーザーに対してこのパスワードが無防備な状態になります。

自分の電子メール アドレスを変更します。

電子メール ドメイン名が変更されることがあります。この場合、someone@example.com という電子メール アドレスを使用しているユーザーは example.com の部分を ISP によって指定された新しいドメイン名に変更することになります。

たとえば、現在、電子メール アドレスとして aoki@contoso.com を使用しているとします。契約先 ISP の Contoso, Ltd. から、別の企業との合併に伴い電子メール アドレスが aoki@example.com に変更になったという通知が届いたとします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが表示されない

    [アカウント設定] コマンドは、Office Outlook 2007 の [ツール] メニューにあります。Outlook の以前のバージョンを使用している場合、次の手順は使用できません。使用しているバージョンのヘルプを参照してください。また、使用しているプログラムのタイトル バーに Outlook Express と表示されている場合、そのプログラムは Outlook ではありません。その場合は Outlook Express のヘルプを参照してください。

  2. [ユーザー情報] の [電子メール アドレス] ボックスに、電子メール管理者または ISP から割り当てられた完全な電子メールアドレスを入力します。この入力値は、たとえば、aoki@example.com のように、ユーザー名 @ ドメイン名の形式になっていることを確認します。 [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [全般] タブの [その他のユーザー情報] で、[返信電子メール] ボックスに電子メール アドレスを指定済みの場合は、そのアドレスが正しいことを確認します。[返信電子メール] ボックスが空白の場合は、ユーザーが電子メールに返信すると、手順 2. で入力したアドレスが使用されます。

電子メール サーバーのアドレスを変更します。

電子メールの送受信のために接続するサーバーが変更されることがまれにあります。

たとえば、現在使用している POP3 および SMTP 電子メール サーバーが incoming.example.com および smtp.example.com であるとします。契約先 ISP から、サーバーのアップグレードが完了し、POP3 電子メール サーバーが mail.example.com に変更になったという通知が届いたとします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが表示されない

    [アカウント設定] コマンドは、Office Outlook 2007 の [ツール] メニューに表示されます。それ以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、以下の説明は当てはまりません。使用している製品のヘルプを参照してください。使用しているアプリケーションのタイトル バーに "Outlook Express" と表示されている場合、Outlook とは異なるアプリケーションを使用しています。詳細については、Outlook Express のヘルプを参照してください。

  2. [電子メール] タブで、目的の電子メール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。

    画面の画像

  3. [サーバー情報] の [アカウントの種類] ボックスの一覧で、[POP3]、[IMAP]、または [HTTP] を選択します。

    ヒント: 契約している ISP に問い合わせると使用しているアカウントの種類を確認できますが、通常は、POP3 が最も一般的に使用されています。

    [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスを変更する

  4. [サーバー情報] の [受信メール サーバー] ボックスに、ISP またはメール管理者から指定されたサーバーの完全な名前を入力します。通常、この名前には、たとえば mail.example.com のように、mail. の後にドメイン名が付加されます。

  5. [サーバー情報] の [送信メール サーバー] ボックスに、ISP またはメール管理者から指定されたサーバーの完全な名前を入力します。通常、この名前には、たとえば smtp.example.com のように、smtp. の後にドメイン名が付加されます。

その他の設定

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定] コマンドが表示されない

    [アカウント設定] コマンドは、Office Outlook 2007 の [ツール] メニューに表示されます。それ以前のバージョンの Outlook を使用している場合は、以下の説明は当てはまりません。使用している製品のヘルプを参照してください。使用しているアプリケーションのタイトル バーに "Outlook Express" と表示されている場合、Outlook とは異なるアプリケーションを使用しています。詳細については、Outlook Express のヘルプを参照してください。

  2. 変更するアカウントを選択します。

  3. [詳細設定] をクリックし、次の内容を変更します。

    • [全般] タブの [メール アカウント] で、「自宅の ISP 用の電子メール」のようにアカウントを識別するための名前を入力します。

    • IMAP 電子メール アカウントを使用している場合、いつアイテムを削除するかを制御できます。[消去オプション] で、[オンラインでフォルダを切り替えたときにアイテムを消去する] チェック ボックスをオンにします。

    • [フォルダ] タブで、このアカウントから送信するメールの保存場所を選択できます。

    • [送信サーバー] タブで、送信メール サーバー (SMTP) に認証が必要かどうかを指定できます。たとえば、職場のネットワークに接続されている自宅以外の場所で、自宅用の ISP 電子メール アカウントを使用して電子メール メッセージを送信する場合など、ISP ネットワークに直接接続していない環境で、ISP の電子メール アカウントを使用して電子メール メッセージを送信する場合、大部分の ISP で認証が必要になります。

      画面の画像

    • [接続] タブでは、Outlook からメール サーバーに接続する方法を構成します。

    • ISP または電子メール管理者から電子メール サーバーで使用するポート番号または暗号化の方法を変更するように指示された場合は、[詳細設定] タブで変更できます。

      画面の画像

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×