電子メール署名に電子名刺を追加する

電子メール署名に電子名刺を追加する

電子名刺電子メールの署名を追加すると、送信する各メッセージの連絡先情報を含めることができます。受信者は署名 (または .vcf 添付ファイルを右クリック) し、情報、連絡先リストに直接保存カードを右クリックできます。

  1. [メッセージ] タブの[挿入] で、新しいメッセージでは、署名] をクリックし、[署名] をクリックします。

    [署名] メニュー
  2. [電子メール署名] タブの [新規作成] をクリックします。

  3. 署名の名前を入力し、[OK] をクリックします。

  4. [署名の編集] ボックスに、署名に含めるテキストを入力します。

    新しい署名を始める

  5. テキストに書式を設定するには、テキストを選択し、スタイルおよび書式設定ボタンを使って、必要なオプションを選択します。

    注記: 

    別のメッセージ形式の詳細

    Microsoft Office Outlook 2007 では、次の 3 つのメッセージ形式がサポートされています。

    • テキスト    この形式はすべての電子メール アプリケーションでサポートされている形式です。受信したメッセージをテキスト形式のみで開くように Outlook を設定することができます。テキスト形式では、太字、斜体、色付きフォント、およびその他のテキストの書式設定はサポートされません。また、メッセージ本文に画像を直接表示することもできませんが、画像ファイルを添付することはできます。

    • Outlook リッチ テキスト形式 (RTF)    RTF を使用するには、Microsoft Exchange を使用している組織内のメッセージを送信する場合ただし、HTML 形式を使用することをお勧めします。RTF では、テキストの書式設定、箇条書き、配置、およびリンクされたオブジェクトを含むサポートしています。Outlook が自動的に RTF 形式のメッセージに変換 HTML 既定でメッセージの書式を維持し、添付ファイルを受信できるように、インターネット メールの受信者に送信する際にします。Outlook には、会議とタスクの依頼と返信できるように、以下のアイテムに送信できますそのままインターネット経由でメッセージの既定の形式に関係なく、他のユーザーの Outlook のボタンのあるメッセージも自動的に書式設定します。

    • HTML     これは Outlook の既定のメッセージ形式です。また、さまざまなフォント、色、および箇条書きを使用した従来のドキュメントと同様のメッセージを作成する場合に最適な形式でもあります。既定では、書式設定が可能なオプションのうちいずれか ([HTML 形式] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

      注: メッセージに返信する場合は、元のメッセージの形式が使用されます。ただし、[すべての標準メールをテキスト形式で表示する] をオンにしている場合、返信はテキスト形式になります。また、情報バーをクリックして、メッセージ形式を [HTML 形式] または [リッチ テキスト形式] に変更して返信できます。メッセージ形式を変更すると、返信は新しい表示形式で書式設定されます。

      メッセージ形式を変更する方法の詳細については、メッセージの形式を HTML、リッチ テキスト、またはテキスト形式に変更を参照してください。

  6. 電子名刺を追加するには、署名のテキストで名刺を表示する場所にカーソルを置き、[名刺] をクリックします。次に、[表題] 一覧で連絡先名をクリックし、[OK] をクリックします。

    署名に名刺を挿入する

  7. 署名の作成が終了したら、[OK] をクリックします。

    注: 現在開いているメッセージに署名を作成または変更は表示されません。メッセージに挿入する必要があります。 詳細については、すべてのメッセージに署名を追加し、署名を追加するには、1 つのメッセージを参照してください。

  1. [メッセージ] タブの[挿入] で、新しいメッセージでは、署名] をクリックし、[署名] をクリックします。

  2. [電子メール署名] タブの [編集する署名の選択] ボックスの一覧で、目的の署名を選択します。

  3. [既定の署名の選択] の [電子メール アカウント] ボックスの一覧で、この署名を関連付ける電子メール アカウントをクリックします。

  4. 新しいメッセージ] 一覧で、目的の署名を選択します。
    新しいメッセージに署名を含める

  5. メッセージの返信および転送されるメッセージに署名を挿入する場合は、[返信/転送] ボックスの一覧で署名を選択します。署名を挿入しない場合は、[なし] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

  1. [メッセージ] タブの[挿入] で、新しいメッセージで署名] をクリックし、使用する署名を選択します。

    署名を挿入する
  2. 必要な署名が表示されない場合は、[電子メール署名] をクリックし、[編集する署名の選択] ボックスの一覧で署名の名前を選択します。次に、[OK] をクリックします。

  3. メッセージで [署名] をクリックし、署名の名前を選択します。

署名の数を持つことができ、だけ電子名刺、さまざまなビジネス、家族の通信など、目的の複数の署名を作成できるようにします。また、署名ののみ電子名刺で構成されていることができます。

たとえば、会社の方針により、すべての従業員は基本的な連絡先情報を会社の電子メール通信に含めることが定められていることがあります。会社が名刺のデザインを指定したら、従業員は自分の連絡先情報を入力し、会社での正式な署名に名刺を挿入し、会社の電子メール アカウントから送信する各メッセージに、自動的に署名が追加されるようにできます。

電子名刺が含まれた署名の外観

1. 電子名刺が含まれた署名と共にメッセージを送信すると、すべての連絡先情報が含まれた .vcf ファイルが添付されます。これにより、他の電子メール アプリケーションを使用している受信者は、その情報を表示して保存することができます。

2. 名刺が署名に表示されます。

3。 クリックすると、署名に電子名刺にメッセージが表示される、署名に名刺の画像を右クリックしての連絡先に追加、その連絡先の連絡先フォームを開きます。表示または保存できます。

  1. 新規メッセージの [メッセージ] タブの [挿入] で [署名] をクリックし、[署名] をクリックします。

  2. [署名] タブの [編集する署名の選択] で、名刺を追加する署名をクリックします。

    新しい署名を作成する場合は、[新規作成] をクリックし、署名の名前を入力して [OK] をクリックします。次に、[編集する署名の選択] ボックスの一覧で新しい署名の名前をクリックします。

  3. [署名の編集] ボックスに、署名に含めるテキストを入力します。

  4. 電子名刺を追加するには、署名のテキストで名刺を表示する場所にカーソルを置き、[名刺] をクリックします。さらに [表題] ボックスの一覧で連絡先名をクリックします。[OK] をクリックします。

  1. 新規メッセージの [メッセージ] タブの [挿入] で [署名] をクリックし、[署名] をクリックします。

  2. [署名] タブの [編集する署名の選択] ボックスの一覧で、目的の署名を選択します。

  3. [既定の署名の選択] の [電子メール アカウント] ボックスの一覧で、署名を関連付ける電子メール アカウントをクリックします。

  4. [新しいメッセージ] ボックスの一覧で、目的の署名を選択します。

  5. メッセージの返信および転送されるメッセージに署名を挿入する場合は、[返信/転送] ボックスの一覧で署名を選択します。署名を挿入しない場合は、[なし] をクリックします。

  1. 新規メッセージの [メッセージ] タブの [挿入] で [署名] をクリックし、目的の署名を選択します。

  2. 目的の署名が表示されない場合は、[署名] をクリックし、[編集する署名の選択] ボックスの一覧で署名の名前を選択し、[OK] をクリックします。

  3. メッセージで [署名] をクリックし、署名の名前を選択します。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×