電子メールを [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] としてマークする

電子メールを受信した受信者は、機密メッセージを別のユーザーに転送するなど、どんな操作でもメッセージで実行できます。送信したメッセージに対して受信者が実行できる操作を制限するには、組織で使用可能な場合は Information Rights Management (IRM) を使うことをお勧めします。

  1. 電子メール メッセージ] ウィンドウで [ファイル] をクリックして >のプロパティ

  2. [設定] の [秘密度] 一覧で、通常個人プライベート、または社外秘を選択します。

  3. [閉じる] をクリックします。

    秘密度のオプション
    電子メールを [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] としてマークする

受信者のメッセージのInfoBarには次のテキストが表示されます。

  • [標準] の場合、メッセージに秘密度レベルは割り当てられません。このため、情報バーにはテキストが表示されません。

  • [親展] の場合、受信者の情報バーには [このメッセージは親展として扱ってください] と表示されます。

  • [個人用] の場合、受信者の情報バーには [このメッセージは個人用として扱ってください] と表示されます。

  • [社外秘] の場合、受信者の情報バーには [このメッセージは社外秘として扱ってください] と表示されます。

    [社外秘] としてマークされた電子メール
    受信者により受信され、「社外秘」にマークされた電子メール

すべての新規メッセージに対して変更する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順にクリックします。

  2. [メッセージの送信] の [既定の秘密度レベル] 一覧で、[標準]、[個人用]、[親展]、または [社外秘] をクリックします。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×