電子メールを [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] としてマークする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

受信者のメッセージを送信するときに、その目的を知るために、メッセージには、秘密度レベルを設定できます。

ただし、秘密度レベルには、メッセージに行ったから受信者を停止しません。 電子メールを受信した受信者は、機密メッセージを別のユーザーに転送するなど、どんな操作でもメッセージで実行できます。 アクションの受信者を制限するのには、メッセージを送信すると、Office 365 のメッセージの暗号化または Information Rights Management (IRM)、組織内で使用可能な場合に使用することをお勧めします。 に対して実行できます。

メッセージの秘密度レベルを設定します。

  1. 下書きのメール メッセージ、ファイル_gtプロパティをクリックします。

  2. [設定] の [秘密度] 一覧で、通常個人プライベート、または社外秘を選択します。
    既定値は、標準です。

  3. [閉じる] をクリックします。 完了したら、メールを作成する場合は、送信する] をクリックします。

[秘密度] のオプション

受信したメッセージの情報バーでは、次のテキストは、受信者が表示されます。

  • [標準] の場合、メッセージに秘密度レベルは割り当てられません。 このため、情報バーにはテキストが表示されません。

  • [親展] の場合、受信者の情報バーには [このメッセージは親展として扱ってください] と表示されます。

  • [個人用] の場合、受信者の情報バーには [このメッセージは個人用として扱ってください] と表示されます。

  • [社外秘] の場合、受信者の情報バーには [このメッセージは社外秘として扱ってください] と表示されます。

    [社外秘] としてマークされたメール

すべての新しいメッセージの既定の秘密度レベルを設定します。

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順にクリックします。

  2. [メッセージの送信] の [既定の秘密度レベル] 一覧で、[標準]、[個人用]、[親展]、または [社外秘] をクリックします。

IRM を使用して、メッセージへのアクセス許可を制限するには

送信するメッセージが受信者が実行できるかを制限するには、Information Rights Management (IRM) を使用する必要があります。 システム管理者が、IRM をインストールする前に、電子メールに制限を適用することができます。 [アクセス許可] ボタン ([オプション] タブ)] が表示されない場合は、IRM 可能性がありますいないを設定します。

重要: Outlook 2013 RT を使用して、IRM で保護されたメールを表示することができますが、送信することはできません。 使っている Office のバージョンを確認するには、こちらを参照してください。

メールのオプション] タブの [権限] をクリックします。

[オプション] タブの [権限] をクリックします

Outlook転送不可] 権限設定 (印刷とも禁止されます) し、メールの一番上に、次のメッセージを追加します。

[転送不可] メッセージが電子メールに追加されます。

重要: IRM では、悪意のあるプログラムやコンピューター ウイルスによるコンテンツの消去、盗難、破損、またはキャプチャおよび転送を防止することはできません。 ユーザー手動でコンテンツの作成、再入力、またはメッセージのデジタル写真やスクリーン キャプチャからも停止できません。

ヒント: 

  • Outlook では、さまざまなから選択するには、その他の権限設定を持っています。 リストを表示するには、[アクセス許可] ボタンの下にある矢印をクリックします。

  • [オプション] タブの [権限] 設定

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×