電子メールの [全員へ返信] や [転送] を禁止する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この機能は、送信者と受信者の両方Microsoft Outlookを使用する必要があります。Microsoft Outlook Express、Windows メールで、Microsoft Outlook Web Access、またはその他のアプリケーションを使用して、電子メール メッセージを取得する受信者全員に返信または転送を使用できるようにされます。

Microsoft Office 2003 では、コピー、印刷、または電子メール メッセージを転送するから受信者を制限するのに役立つ方法を提供する Information Rights Management (IRM) が導入されています。Outlook のヘルプでのIRM の詳細についてのお試しください。IRM が、組織で利用できない場合は、ユーザー設定フォームを使用して、類似した機能を実現できます。

重要: ユーザー設定フォームは、電子メールの受信者がメッセージに対して行える操作に制限を加えるための基本的な手段です。ただし、ユーザー設定フォームは、IRM ほど高度なセキュリティを備えていません。Outlook 以外の電子メール アプリケーションでメッセージを開封したり、アカウントの種類が異なっているだけでも、メッセージを転送したり、全員に返信するための完全なアクセス権が受信者に与えられてしまう場合があります。

電子メール メッセージのユーザー設定フォームを作成する

  1. [ツール] メニューの [フォーム] をポイントし、[フォームのデザイン] をクリックします。

  2. [標準のフォーム ライブラリ] の [メッセージ] を選択し、[開く] をクリックします。

  3. [(アクション)] タブをクリックします。

    [フォーム デザイン] ダイアログ ボックス

    1. 受信者に対する [全員へ返信] コマンドと [転送] コマンドを設定するには、[(アクション)] タブを使用します。

    2. [有効にする] で、[全員へ返信] アクションを [いいえ] に変更します。

    3. [有効にする] で、[転送] アクションを [いいえ] に変更します。

  4. [アクション名] の [転送] をダブルクリックします。

  5. [フォーム アクション プロパティの設定] ダイアログ ボックスで、[有効にする] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

  6. [アクション名] の [全員へ返信] をダブルクリックします。

  7. [フォーム アクション プロパティの設定] ダイアログ ボックスで、[有効にする] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

  8. [(プロパティ)] タブをクリックします。

    [フォーム デザイン] ダイアログ ボックス

    1. [(プロパティ)] タブを使用して、フォームを定義します。

    2. [フォームのレイアウトも送信] チェック ボックスをオンにします。電子メール メッセージを送信すると、[アクション] タブでカスタマイズしたアクションが宛先に送信され、受信者が [全員へ返信] や [転送] を使用することはできなくなります。

  9. [フォームのレイアウトも送信] チェック ボックスをオンにします。

    フォームのレイアウトを送信することは推奨されないことを示すダイアログ ボックスが表示されます。ここでは、[OK] をクリックして、操作を続行します。

  10. [開発] タブの [フォーム] で、[発行] をクリックし、[フォームの発行] をクリックします。

  11. [フォームの発行] ダイアログ ボックスの [フォルダの場所] ボックスで、[個人用フォーム ライブラリ] をクリックします。

  12. [表示名] ボックスに、「全員へ返信または転送を禁止」など、わかりやすい名前を入力します。

  13. フォーム名の入力ボックスに、「NoReplyAllNoForward」など、スペースを含まない一意の名前を入力します。

  14. [発行] をクリックします。

  15. フォームのデザイン ウィンドウで [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。

    変更内容を保存するかどうか求めるメッセージが表示されたら、[いいえ] をクリックします。作成したユーザー設定フォームは既に保存されています。このメッセージは、Outlook の既定のメッセージ フォームに変更を加えるかどうかを確認するものです。変更を保存する必要があるのは、作成したフォームに対してだけです。

ユーザー設定フォームを使用してメールを送信する

  1. [ツール] メニューの [フォーム] をポイントし、[フォームの選択] をクリックします。

  2. [フォルダの場所] ボックスの [個人用フォーム ライブラリ] をクリックします。

  3. 作成したユーザー設定フォームの名前を選択し、[開く] をクリックします。

    新しい電子メール メッセージが表示されます。

  4. 普段と同じようにメッセージを作成し、送信します。

全員に返信転送ボタンは、ツールバーの電子メール メッセージの受信者に使用されません。同様に、ctrl キーを押しながら F、または [標準] ツールバーの [返信] をクリックしてなどのキーボード ショートカットは動作しません。Microsoft Outlook Express、Windows メールで、Microsoft Outlook Web Access、またはその他のアプリケーションを使用して、電子メール メッセージを取得する受信者全員に返信または転送を使用できるようにされます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×