集計列のデータをする (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query を使って、リンク テーブルの列を集計することができます。たとえば、注文ごとの注文の詳細の合計を集計することができます。クエリ エディターを使用します。

Power Query のクエリ エディター

列を集計する

  1. [クエリ エディター] で、関連する [テーブル] リンクが含まれる列ヘッダーにある展開アイコン ( 列の展開アイコン ) を選びます。

    作業の開始

  2. [テーブル] リンクの列のドロップダウンで、次の手順を実行します。

    1. [集計] をクリックします。

    2. UnitPrice の集計などの集計関数項目の上にカーソルを置きます。

    3. 集計関数のドロップダウンから、集計関数を 1 つ以上選びます。 たとえば、[Sum] や [Average] などです。

  3. [OK] をクリックします。

    集計 1

テーブルに新しい集計列が含まれるようになります。 新しい列の名前の形式は、<ColumnName> of <AggregateFunctionName> です。 たとえば、Sum of Order_Details.UnitPriceAverage of Order_Details.UnitPriceなどです。

集計 2

クイック スタート

このクイック スタートでは、Northwind Orders テーブルから Order_Details 列を集計します。

注: このクイック スタートでは、Northwind Open Data Protocol (OData) フィードを使用します。 OData フィードは、ウェブにデータを公開する方法として統一されたものです。 ウェブ ページと同じように、OData フィードは url でアクセスを行います。

  1. POWER QUERY のリボン タブで、[その他のソース]、[OData フィードから] の順にクリックします。

    Power Query のデータ ソース
  2. [OData フィード] ダイアログ ボックスで、Northwind OData フィードの URL を入力します。

    http://services.odata.org/northwind/northwind.svc/
  3. [OK] をクリックします。

  4. [ナビゲーター] ウィンドウで、Orders テーブルをダブルクリックするか、Orders をクリックしてから [クエリの編集] をクリックします。

  5. [クエリ エディター] ダイアログ ボックスで右にスクロールして、[Order_Details] 列の横にある展開 () アイコンをクリックします。 展開

  6. [展開] 列ボックスで、次の手順に従います。

    1. [集計] をクリックします。

    2. [UnitPrice の合計] にカーソルを置いて、集計関数のドロップ ダウンをクリックします。

    3. [合計] と [平均] を選択します。 [UnitPrice の合計] ラベルが [UnitPrice の集計] に変わります。

  7. [OK] をクリックします。

Power Query により Order_Details 列が、[UnitPrice の合計] と [UnitPrice の集計] に置き換えられて展開されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×