集計フィールドをテーブルに追加する

集計フィールドをテーブルに追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Access では、値を計算するテーブルのフィールドを作成できます。計算では、同じテーブルに組み込みの Access 関数でフィールドの値を含めることができます。

注: 

  • 集計には、他のテーブルやクエリのフィールドを含めることはできません。

  • 集計結果は読み取り専用です。

  • 集計フィールドでは、.accdb ファイル形式を使用して Access データベースで利用可能なのみです。

  • Access 2010 以降を使用する必要があります。

テーブルのデータシート ビューで計算フィールドを作成します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでテーブルをダブルクリックして開きます。

  2. テーブルの右端の列まで横方向にスクロールし、[クリックして追加] 列見出しをクリックします。

  3. 表示される一覧で [集計フィールド] をクリックし、結果に必要なデータ型をクリックします。

    式ビルダーが表示されます。

  4. このフィールドに指定する計算を入力します。次に例を示します。

    [数量] * [単価]

    注:  式の前に等号 (=) を入力する必要はありません。

  5. [OK] をクリックします。

    集計フィールドが追加され、フィールド名を入力できるようにフィールドの見出しが強調表示されます。

  6. 集計フィールドの名前を入力し、Enter キーを押します。

式の作成の詳細については、「Build an expression」 (式を作成する) の記事を参照してください。

テーブルのデータシート ビューで集計フィールドを変更します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでテーブルをダブルクリックして開きます。

  2. 変更する集計フィールドをクリックします。

  3. [フィールド] タブの [プロパティ] で、式の変更] をクリックします。

    式ビルダーが表示されます。

  4. [式] ボックスでは、計算に必要な変更を行います。

    注:  式の前に等号 (=) を入力する必要はありません。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×