障碍のあるユーザーにとってアクセシビリティの高い OneNote ノートブックを作成する

障碍のあるユーザーにとってアクセシビリティの高い OneNote ノートブックを作成する

このトピックでは、障碍のある方が OneNote ノートブックにアクセスできるようにするための詳しい手順について説明します。

タスク一覧と毎月の経費概要の棒グラフを示す Contoso プロジェクト ページの OneNote ノートブック。

アクセシビリティを考慮して OneNote ノートブックを作成すると、視覚障碍のある方がより簡単にメモを理解することができます。

次の表では、障碍のあるユーザーが使いやすいノートブック OneNote 作成するためのベストプラクティスについて説明します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべての画像と埋め込みファイルに代替テキストを設定します。

画像やその他のオブジェクトを説明する代替テキストは、画面を見ることができないユーザーにとって重要です。 スクリーンリーダーは代替テキストを読み上げるので、画像やオブジェクトについて、一部のユーザーにのみ情報が表示されます。 代替テキストが有効であることを確認します。

代替テキストが長すぎると、スクリーン リーダーによる移動が複雑になります。画像だけで主題を伝えないようにしてください。

画像またはオブジェクトを見ることができないユーザーのために説明する代替テキストを追加します。 簡単に、画像についての重要な説明を記入してください。

短いテキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

ファイルの印刷イメージを挿入するときは、代替情報源としてページに元のファイルを残してください。

代替テキストを画像に追加する

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

代替テキストがないものを検索するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。 リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。 たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

セクション グループ、セクション、ページに一意の名前を与え、空の項目を削除します。

ノートブックのコンテンツにわかりやすい名前が付いていれば、ノートの中から特定の情報が見つけやすくなります。 スクリーン リーダーを利用しているユーザーも、セクション、セクション グループ、ページの内容を開かずに理解できます。

セクションの名前変更

セクションの削除

セクション グループの名前変更

セクション グループの削除

タイトルの追加またはページの名前変更

ページを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。 色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

図形やラベルなどの情報を伝えるには、その他の手段を使用します。 たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと適切な余白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。 たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

空の行を複数配置したり、スペースが連続したりすると、キーボード移動が遅くなったり、スクリーン リーダーが使いにくくなったりします。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行や段落の間には十分な余白を入れます。ただし、単語の間のスペースは 1 個だけ、段落の間の空白行は 1 行だけにしてください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。 これにより、単語間の不均等なギャップを避けることができます。これにより、段落を通って白いスペースが流れる川の視覚効果を作成できます。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

適切なテキストの配置と間隔を使用する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しなどの組み込みの見出しスタイルを認識し、リスナーに見出しを読み上げることができます。 また、スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しでナビゲートすることもできます。 スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

また、失読症などの読書障碍のある方にとっては見出しが頼りになります。見出しは、情報を構造化し、その情報を小さな単位に分けて処理しやすくします。

ナビゲートしやすくするには、規定された論理的順序で見出しを並べます。 見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。

見出しを使用して、小さな単位でノートの情報を整理します。 各見出しには、いくつかの段落のみが含まれているのが理想です。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

論理的な順序になっていない見出しを見つけるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

情報は 1 つのノート コンテナーで保持してください。

OneNoteでは、クリックしてコンテンツを追加することで、ページの任意の場所にノートを追加できます。 これにより、新しいノートコンテナーが作成されます。

ページ上のすべてのノートを 1 つのコンテナーに配置することで、スクリーン リーダーを使用するユーザーは、ページ上の複数の場所に移動することなく、1 か所で読むことができます。

ページ上のすべての情報を1つのノートコンテナーに移動してみてください。 ノートコンテナーが大きすぎる場合は、複数のページ間で分割するか、説明のヘッダーを追加することができます。 (スクリーンリーダーは、ノートコンテナーを "コンテンツブロック" として示します)。

単純な表構造を使用し、列ヘッダーを指定します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。 また、スクリーン リーダーは、行と列を識別するために見出し情報を使用することもできます。

テーブルの見出しを追加する

表に、入れ子になった表が入らないように、アクセシビリティ ​​チェックを利用します。

視覚障碍や聴覚障碍のあるユーザーが音声や動画を利用できるようにします。

サブタイトルには通常、会話の書き起こし (または翻訳) が含まれます。

クローズド キャプションでは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

ビデオの説明とは、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことです。 これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。 ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

可能であれば、OneNote に挿入する前に、音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを高めます。

または、追加ファイルをノートブックに挿入し、補助となる字幕、キャプション、ビデオの説明を提供します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーンリーダーのユーザーが画像の説明を読み上げることができるように、写真、グラフィックス、クリップアート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

ヒント: この情報が読まれる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。 テキストを簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. 画像のタイトルと説明を入力します。

    OneNote のバージョンによっては、[説明] フィールドに機械生成された代替テキストが既に含まれている場合があります。 そのテキストを使用する場合、[代替テキスト] ダイアログを閉じます。

    [タイトル] フィールドと [説明] フィールドにテキストの例が表示されている [代替テキスト] ダイアログのスクリーン​​ショット。

  3. 準備ができたら、[OK] を選択します。

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

サポート資料、ジョブの説明、レポートテンプレートなどの埋め込みファイルに代替テキストを追加して、スクリーンリーダーのユーザーがファイルの説明を読み上げることができるようにします。

  1. 埋め込まれたファイルを右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. 埋め込みファイルのタイトルと説明を入力します。

    [ファイルの印刷イメージ] ダイアログ ボックスに代替テキストを追加する

    OneNote のバージョンによっては、[説明] フィールドに機械生成された代替テキストが既に含まれている場合があります。 そのテキストを使用する場合、[代替テキスト] ダイアログを閉じます。

  3. 準備ができたら、[OK] を選択します。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

ハイパーリンクにわかりやすいテキストを追加して、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] を選択します。

  3. 選択したテキストが、[表示するテキスト] フィールドに表示されます。 これがハイパーリンク テキストです。 必要に応じて変更できます。

    ヒント: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。 リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに追加します。

    アドレスをコピーして貼り付けるか、[ Web の参照] または [ファイルの参照] ボタンを使用するか、またはOneNoteで場所を選んで、リンク先のページ、ファイル、またはOneNoteの項目を検索できます。

    OneNote の [リンク] ダイアログのスクリーンショット。 [表示するテキスト] と [アドレス] の2つのフィールドが入力されます。
  5. [OK] を選びます。

セクションの名前変更

セクションにわかりやすいタイトルを付けると、ユーザーは必要なセクションを見つけるのに役立ちます。

  1. ノートブックで、編集するセクション名を右クリックし、[名前の​​変更] を選択します。

  2. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

    [名前の変更] オプションが選択されているコンテキスト メニューのスクリーンショット。

セクションの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクションを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクションを右クリックし、[削除] を選択します。

    セクションを削除するコンテキスト メニューのスクリーンショット。
  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

セクション グループの名前変更

セクション グループにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のセクション グループが見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、編集するセクション グループ名を右クリックし、[名前の​​変更] を選択します。

    OneNote for Windows ダイアログでセクション グループを名前変更する
  2. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

セクション グループの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション グループを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション グループを右クリックし、[削除] を選択します。

    OneNote for Windows ダイアログでセクション グループを削除する
  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

タイトルの追加またはページの名前変更

ページにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のページが見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、名前を付ける、または名前を変更するページを開きます。

  2. 日時の上にあるページ タイトル行に名前を入力します。

    OneNote for web でページの名前を変更する

ページを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないページを削除します。

  1. ページの一覧で、削除するページを右クリックし、[削除] を選択します。

    OneNote for Windows ダイアログでページを削除する

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストを選びます。

  2. [ホーム] タブでは、たとえば、大きいフォントサイズと sans serif フォントを選ぶことができます。 太字フォントで強調するなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラスト モードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の [自動] 設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[フォントの色] ボタンの下向き矢印をクリックし、[自動] を選択します。

    [ホーム] メニューのフォントの色オプションのスクリーンショット。

適切なテキストの配置と間隔を使用する

単語間の間隔が不均等になるのを避けるために段落を左揃えにして、読みやすくするために行間の空白を増やしたり減らしたりします。

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落の配置] を選択します。

  3. 段落のテキストを左揃えにするには、[左揃え] を選択します。

    OneNote 2016 の [段落の配置] オプションのスクリーンショット
  4. 行間を変更するには、[段落間隔のオプション] を選択し、使用する間隔を入力します。

    [ホーム] メニューの [段落の間隔] オプションのスクリーンショット。

    注: OneNote の段落間隔の値は、Word などの値と異なるロジックに従います。 OneNote では、現在のフォント サイズとその目的の行間の両方に合計数 (ポイント単位) を入力する必要があります。 たとえば、Calibri フォント サイズ 11 の行間を 2 行に設定するには、[線の最小間隔] フィールドに「27」を入力します。

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーンリーダーのノートブックページのアウトラインを作成します。 スクリーンリーダーは、組み込みのスタイルが適用されていない場合は見出しとして大きいフォントと太字フォントのテキスト行を解釈しません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[見出し2] などの見出しスタイルを選びます。

    [ホーム] メニューから見出しスタイルを選択したスクリーンショット。

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、テキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [箇条書き] を選びます。

  3. 箇条書きのスタイルを変更するには、[箇条書き] ボタンの下向き矢印をクリックします。

    [ホーム] メニューの箇条書きアイテムの選択のスクリーンショット。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    ヒント: スクリーンリーダーを一時停止させるには、各リストアイテムの最後にピリオドまたはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落番号] を選択します。

  3. 段落番号のスタイルを変更するには、[段落番号] ボタンの下向き矢印をクリックします。

    [ホーム] メニューの段落番号オプションのスクリーンショット。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

テーブルの見出しを追加する

テーブルに見出しを追加すると、スクリーン リーダーが列や行を管理するために役立ちます。

OneNote で作成されたすべてのテーブルには、自動的に見出し行があります。 OneNote Windows デスクトップアプリを使用して、ヘッダー行プロパティを削除/追加することができます。 ヘッダー行プロパティが無効になっているノートブックを使用している場合、Windows デスクトップアプリを使用してこの問題を解決することができます。

  1. テーブルで、最初の行の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [表ツール] タブで、[上に挿入] を選択します。

  3. テーブルの挿入された行を右クリックし、[テーブル] を選択します。 [見出し行] が選択されていることを確認します。

  4. 表に戻って、列見出しを入力します。

関連項目

アクセシビリティ チェックのルール

障碍のある方が Word 文書にアクセスできるようにする

障碍のある方が Excel ドキュメントにアクセスできるようにする

障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできるようにする

障碍のある方が Outlook のメールにアクセスできるようにする

次の表では、障碍のあるユーザーが使いやすい OneNote for Mac ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべての画像と埋め込みファイルに代替テキストを設定します。

画像やその他のオブジェクトを説明する代替テキストは、画面を見ることができないユーザーにとって重要です。 スクリーンリーダーは代替テキストを読み上げるので、画像やオブジェクトについて、一部のユーザーにのみ情報が表示されます。 代替テキストが有効であることを確認します。

代替テキストが長すぎると、スクリーン リーダーによる移動が複雑になります。画像だけで主題を伝えないようにしてください。

画像またはオブジェクトを見ることができないユーザーのために説明する代替テキストを追加します。 簡単に、画像についての重要な説明を記入してください。

短いテキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

ファイルの印刷イメージを挿入するときは、代替情報源としてページに元のファイルを残してください。

代替テキストを画像に追加する

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

代替テキストがないものを検索するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。 リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。 たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

セクション グループ、セクション、ページに一意の名前を与え、空の項目を削除します。

ノートブックのコンテンツにわかりやすい名前が付いていれば、ノートの中から特定の情報が見つけやすくなります。 スクリーン リーダーの利用者も、セクション、セクション グループ、ページの内容を開かずに理解できます。

セクションの名前変更

セクションの削除

セクション グループの名前変更

セクション グループの削除

タイトルの追加またはページの名前変更

ページを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。 色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

図形やラベルなどの情報を伝えるには、その他の手段を使用します。 たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと適切な余白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。 たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

空の行を複数配置したり、スペースが連続したりすると、キーボード移動が遅くなったり、スクリーン リーダーが使いにくくなったりします。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行や段落の間には十分な余白を入れます。ただし、単語の間のスペースは 1 個だけ、段落の間の空白行は 1 行だけにしてください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。 これにより、単語間の不均等なギャップを避けることができます。これにより、段落を通って白いスペースが流れる川の視覚効果を作成できます。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストを適切に配列する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しなどの組み込みの見出しスタイルを認識し、リスナーに見出しを読み上げることができます。 また、スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しでナビゲートすることもできます。 スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

また、失読症などの読書障碍のある方にとっては見出しが頼りになります。見出しは、情報を構造化し、その情報を小さな単位に分けて処理しやすくします。

ナビゲートしやすくするには、規定された論理的順序で見出しを並べます。 見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。

見出しを使用して、小さな単位でノートの情報を整理します。 各見出しには、いくつかの段落のみが含まれているのが理想です。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

論理的な順序になっていない見出しを見つけるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

情報は 1 つのノート コンテナーで保持してください。

OneNoteでは、クリックしてコンテンツを追加することで、ページの任意の場所にノートを追加できます。 これにより、新しいノートコンテナーが作成されます。

ページ上のすべてのノートを 1 つのコンテナーに配置することで、スクリーン リーダーを使用するユーザーは、ページ上の複数の場所に移動することなく、1 か所で読むことができます。

ページ上のすべての情報を1つのノートコンテナーに移動してみてください。 ノートコンテナーが大きすぎる場合は、複数のページ間で分割するか、説明のヘッダーを追加することができます。 (スクリーンリーダーは、ノートコンテナーを "コンテンツブロック" として示します)。

単純なテーブル構造を使用します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

OneNote for Mac で作成されたテーブルにはすべて、既定で見出し行が設定されます。 削除されたテーブル見出しを追加するには、Windows デスクトップ アプリを使用し、テーブル見出しを追加する必要があります。

テーブルに入れ子になったテーブルが入らないように、アクセシビリティ ​​チェックを利用します。

視覚障碍や聴覚障碍のあるユーザーが音声や動画を利用できるようにします。

サブタイトルには通常、会話の書き起こし (または翻訳) が含まれます。

クローズド キャプションでは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

ビデオの説明とは、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことです。 これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。 ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

可能であれば、OneNote に挿入する前に、音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを高めます。

または、追加ファイルをノートブックに挿入し、補助となる字幕、キャプション、ビデオの説明を提供します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーンリーダーのユーザーが画像の説明を読み上げることができるように、写真、グラフィックス、クリップアート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。 簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。 準備ができたら、[OK] を選択します。

    ヒント: この情報が読まれる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。

    Mac の OneNote の [代替テキスト] ダイアログボックス。

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

サポート資料、ジョブの説明、レポートテンプレートなどの埋め込みファイルに代替テキストを追加して、スクリーンリーダーのユーザーがファイルの説明を読み上げることができるようにします。

  1. ノートブックのファイルを右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. ファイルのタイトルと説明を入力します。

    OneNote for Mac の埋め込みファイルに代替テキストを追加する
  3. 完了したら、[OK] を選択します。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

ハイパーリンクにわかりやすいテキストを追加して、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] を選択します。

  3. 選択したテキストが、[表示するテキスト] フィールドに表示されます。 これがハイパーリンク テキストです。 必要に応じて変更できます。

    ヒント: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。 リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに追加します。 元の場所からアドレスをコピーして貼り付けることができます。

    Mac の [ハイパーリンク] ダイアログ ボックス。

  5. [OK] を選びます。

セクションの名前変更

セクションにわかりやすいタイトルを付けると、ユーザーは必要なセクションを見つけるのに役立ちます。

  1. セクションの一覧で、編集するセクション タブを右クリックし、[名前の変更] を選択します。

  2. 新しい名前を入力します。

    [セクション名の変更] が強調表示されたセクション ショートカット メニュー。

セクションの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクションを削除します。

  1. セクションの一覧で、削除するセクション タブを右クリックし、[セクションの削除] を選択します。

    Mac の [セクションの削除] が強調表示されたセクション コンテキスト メニュー。

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

セクション グループの名前変更

セクション グループにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のセクション グループが見つけやすくなります。

  1. セクションの一覧で、名前を変更するセクション グループを右クリックします。

  2. [名前の変更] を選択します。

    OneNote for Mac でセクション グループを名前変更する
  3. セクション グループの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

セクション グループの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション グループを削除します。

  1. セクションの一覧で、削除するセクション グループを右クリックします。

  2. [削除] を選択します。

    OneNote for Mac でセクション グループを削除する
  3. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

タイトルの追加またはページの名前変更

ページにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のページが見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、名前を付ける、または名前を変更するページを開きます。

  2. 日時の上にあるページ タイトル行に名前を入力します。

    OneNote for Mac でページを名前変更する

ページを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないページを削除します。

  1. ページの一覧で、削除するページを右クリックします。

  2. [削除] を選びます。

    OneNote for Mac でページを削除する

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストを選びます。

  2. [ホーム] タブでは、たとえば、大きいフォントサイズと sans serif フォントを選ぶことができます。 太字フォントで強調するなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラスト モードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の [自動] 設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[フォントの色] ボタンの下向き矢印をクリックし、[自動] を選択します。

    OneNote for Mac の [フォントの色] プルダウン メニュー。

テキストを適切に配列する

単語間の間隔が不均等になるのを避けるために段落を左揃えにします。

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落の配置] を選択し、[左揃え] を選択します。

    Mac の [段落の配置] プルダウン メニュー。

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーンリーダーのノートブックページのアウトラインを作成します。 スクリーンリーダーは、組み込みのスタイルが適用されていない場合は見出しとして大きいフォントと太字フォントのテキスト行を解釈しません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[見出し2] などの見出しスタイルを選びます。

    OneNote for Mac の [見出しスタイル] メニュー

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、テキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [箇条書き] を選びます。

  3. 箇条書きのスタイルを変更するには、[箇条書き] ボタンの下向き矢印をクリックします。

    Mac の [箇条書き] プルダウン メニュー。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    ヒント: スクリーンリーダーを一時停止させるには、各リストアイテムの最後にピリオドまたはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落番号] を選択します。

  3. 段落番号のスタイルを変更するには、[段落番号] ボタンの下向き矢印をクリックします。

    Mac の [段落番号] プルダウン メニュー。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

関連項目

アクセシビリティ チェックのルール

障碍のある方が Word 文書にアクセスできるようにする

障碍のある方が Excel ドキュメントにアクセスできるようにする

障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできるようにする

障碍のある方が Outlook のメールにアクセスできるようにする

次の表では、すべてのユーザーが使いやすい OneNote for iOS ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべての画像と埋め込みファイルに代替テキストを設定します。

画像やその他のオブジェクトを説明する代替テキストは、画面を見ることができないユーザーにとって重要です。 スクリーンリーダーは代替テキストを読み上げるので、画像やオブジェクトについて、一部のユーザーにのみ情報が表示されます。 代替テキストが有効であることを確認します。

代替テキストが長すぎると、スクリーン リーダーによる移動が複雑になります。画像だけで主題を伝えないようにしてください。

画像またはオブジェクトを見ることができないユーザーのために説明する代替テキストを追加します。 簡単に、画像についての重要な説明を記入してください。

短いテキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

ファイルの印刷イメージを挿入するときは、代替情報源としてページに元のファイルを残してください。

代替テキストを画像に追加する

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。 リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。 たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

セクション グループ、セクション、ページに一意の名前を与え、空の項目を削除します。

ノートブックのコンテンツにわかりやすい名前が付いていれば、ノートの中から特定の情報が見つけやすくなります。 スクリーン リーダーの利用者も、セクション、セクション グループ、ページの内容を開かずに理解できます。

セクションの名前変更

セクションの削除

セクション グループの名前変更

セクション グループの削除

タイトルの追加またはページの名前変更

ページを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。 色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

図形やラベルなどの情報を伝えるには、その他の手段を使用します。 たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

デスクトップ、Windows 10、オンライン版の OneNote では、テキストの色を変更できます。 ノートブックを iOS 版で開くと、変更後の色で表示されます。 Windows、Mac、Windows 10 アプリまたはオンラインの OneNote でアクセシビリティの高いテキストの色を使用する方法については、この記事の対応するセクションをご覧ください。

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと適切な余白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。 たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

空の行を複数配置したり、スペースが連続したりすると、キーボード移動が遅くなったり、スクリーン リーダーが使いにくくなったりします。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行や段落の間には十分な余白を入れます。ただし、単語の間のスペースは 1 個だけ、段落の間の空白行は 1 行だけにしてください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。 これにより、単語間の不均等なギャップを避けることができます。これにより、段落を通って白いスペースが流れる川の視覚効果を作成できます。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストを適切に配列する

情報は 1 つのノート コンテナーで保持してください。

OneNoteでは、クリックしてコンテンツを追加することで、ページの任意の場所にノートを追加できます。 これにより、新しいノートコンテナーが作成されます。

ページ上のすべてのノートを 1 つのコンテナーに配置することで、スクリーン リーダーを使用するユーザーは、ページ上の複数の場所に移動することなく、1 か所で読むことができます。

ページ上のすべての情報を1つのノートコンテナーに移動してみてください。 ノートコンテナーが大きすぎる場合は、複数のページ間で分割するか、説明のヘッダーを追加することができます。 (スクリーンリーダーは、ノートコンテナーを "コンテンツブロック" として示します)。

単純なテーブル構造を使用します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

OneNote for iOS で作成されたテーブルにはすべて、既定で見出し行が設定されます。 削除されたテーブル見出しを追加するには、Windows デスクトップ アプリを使用し、テーブル見出しを追加する必要があります。

テーブルに入れ子になったテーブルが含まれないようにするには、OneNote for iOS でそれを目視確認するか、デスクトップ、Windows 10 アプリ、オンライン版の OneNote でアクセシビリティ ​​チェックを利用します。

視覚障碍や聴覚障碍のあるユーザーが音声や動画を利用できるようにします。

サブタイトルには通常、会話の書き起こし (または翻訳) が含まれます。

クローズド キャプションでは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

ビデオの説明とは、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことです。 これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。 ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

可能であれば、OneNote に挿入する前に音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを高めます。

または、追加ファイルをノートブックに挿入し、補助となる字幕、キャプション、ビデオの説明を提供します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーンリーダーのユーザーが画像の説明を読み上げることができるように、写真、グラフィックス、クリップアート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックのページで、画像をタップして押し続け、コンテキストメニューで左にスワイプして、[代替テキスト] をタップします。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。 簡潔にまとめ、最も重要な情報から始めて、画像の内容と機能を伝えることを目指します。 準備ができたら、[完了] をタップします。

    ヒント: この情報が読まれる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。

    iPhone の [代替テキスト] ダイアログ ボックス。

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

サポート資料、ジョブの説明、レポートテンプレートなどの埋め込みファイルに代替テキストを追加して、スクリーンリーダーのユーザーがファイルの説明を読み上げることができるようにします。

  1. ノートブックのページで、ファイルをタップして押し続けます。

  2. コンテキスト メニューで、左にスワイプし、[代替テキスト] をタップします。

  3. ファイルのタイトルと説明を入力し、[完了] をタップします。

    OneNote for iOS の埋め込みファイルに代替テキストを追加する

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote for iOS ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

ハイパーリンクにわかりやすいテキストを追加して、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストを選択します。

  2. メニューバーで、左にスワイプして [リンクの挿入] をタップします。

    iPhone のメニュー バーの [リンク] ボタン。
  3. 選択したテキストが、[表示] フィールドに表示されます。 これがハイパーリンク テキストです。 必要に応じて変更できます。

    ヒント: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。 リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに入力するか貼り付けて、[完了] をタップします。

    iPhone の [ハイパーリンク] ダイアログ ボックス。

セクションの名前変更

セクションにわかりやすいタイトルを付けると、ユーザーは必要なセクションを見つけるのに役立ちます。

  1. [セクション] リストで、[編集] をタップします。

  2. 名前を変更するセクションタブをタップし、メニューバーで [ OneNote for iOS でセクションまたはセクション グループ ボタンを名前変更する 名の変更] をタップします。

    iPhone のメニュー バーの [セクション名の変更] ボタン。
  3. 新しい名前を入力して、[完了] をタップします。

セクションの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクションを削除します。

  1. [セクション] リストで、[編集] をタップします。

  2. 削除するセクションタブをタップし、メニューバーで [ OneNote for iOS でページ、セクション、またはセクション グループ ボタンを削除する削除] をタップします。

    iPhone のメニュー バーの [セクションの削除] ボタン。
  3. 確認ダイアログ ボックスで、[削除] をタップします。

セクション グループの名前変更

セクション グループにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のセクション グループが見つけやすくなります。

  1. [セクション] リストで、[編集] をタップします。

  2. 名前を変更するセクショングループをタップして、メニューバーで [ OneNote for iOS でセクションまたはセクション グループ ボタンを名前変更する 名の変更] をタップします。

    OneNote for iOS でセクション グループを名前変更する
  3. セクション グループの新しい名前を入力し、[完了] をタップします。

セクション グループの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション グループを削除します。

  1. [セクション] リストで、[編集] をタップします。

  2. 削除するセクショングループをタップして、メニューバーの [ OneNote for iOS でページ、セクション、またはセクション グループ ボタンを削除する削除] をタップします。

    OneNote for iOS でセクション グループを削除する
  3. 確認ダイアログ ボックスで、[削除] を選択します。

タイトルの追加またはページの名前変更

ページにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のページが見つけやすくなります。

  1. [ページ] ボックスの一覧で、名前を付けるか、名前を変更するページをタップします。

  2. 日時の上にあるページ タイトル行に名前を入力します。

    OneNote for iOS でページを名前変更する

ページを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないページを削除します。

  1. [ページ] ボックスの一覧の [編集] をタップします。

  2. 削除するページをタップして、メニューバーの [ OneNote for iOS でページ、セクション、またはセクション グループ ボタンを削除する削除] をタップします。

    OneNote for iOS でページを削除する

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

テキストの書式設定を適用する

  1. 書式設定するテキストを選びます。

  2. メニューバーで、左にスワイプします。 強調する場合は、太字や斜体のフォント、下線などを選択できます。 選択するオプションをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [太字] ボタン。

フォントの種類とサイズを変更する

  1. セクションビューで、[その他のアクション OneNote for iOS の [その他のオプション] ボタンのスクリーンショット。 をタップして、[設定] を選択します。

    IPhone のノートブックの [設定] ボタン。
  2. [編集と表示] をタップします。

  3. 大きな既定のフォントサイズと sans serif の既定のフォントを選択します。

    iPhone の [設定] のフォントの種類とサイズに関するオプション。

テキストを適切に配列する

単語間の間隔が不均等になるのを避けるために段落を左揃えにします。

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. メニューバーで、[インデントを減らす] をタップします。

    iPhone のメニュー バーの [左揃え] ボタン。

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、連続するテキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. メニューバーで [箇条書き] をタップします。

    iPhone のメニュー バーの [箇条書き] ボタン。
  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    ヒント: スクリーンリーダーを一時停止させるには、各リストアイテムの最後にピリオドまたはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. メニューバーで、[段落番号] をタップします。

    iPhone のメニュー バーの [番号付きリスト] ボタン。
  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

関連項目

障碍のある方が Word 文書にアクセスできるようにする

障碍のある方が Excel ドキュメントにアクセスできるようにする

障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできるようにする

障碍のある方が Outlook のメールにアクセスできるようにする

次の表では、すべてのユーザーが使いやすい OneNote for Android ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべての画像と埋め込みファイルに代替テキストを設定します。

画像やその他のオブジェクトを説明する代替テキストは、画面を見ることができないユーザーにとって重要です。 スクリーンリーダーは代替テキストを読み上げるので、画像やオブジェクトについて、一部のユーザーにのみ情報が表示されます。 代替テキストが有効であることを確認します。

代替テキストが長すぎると、スクリーン リーダーによる移動が複雑になります。画像だけで主題を伝えないようにしてください。

画像またはオブジェクトを見ることができないユーザーのために説明する代替テキストを追加します。 簡単に、画像についての重要な説明を記入してください。

短いテキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

代替テキストを画像に追加する

デスクトップ、Windows 10 アプリ、オンライン版の OneNote で埋め込みファイルに代替テキストを追加できます。 Windows、Mac、Windows 10 アプリまたはオンラインの OneNote で埋め込みファイルに代替テキストを追加する方法については、この記事の対応するセクションをご覧ください。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。 リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。 たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

セクション グループ、セクション、ページに一意の名前を与え、空の項目を削除します。

ノートブックのコンテンツにわかりやすい名前が付いていれば、ノートの中から特定の情報が見つけやすくなります。 スクリーン リーダーの利用者も、セクション、セクション グループ、ページの内容を開かずに理解できます。

セクションの名前変更

セクションの削除

タイトルの追加またはページの名前変更

ページを削除する

OneNote デスクトップや Windows 10 アプリ版では、セクション グループの名前を変更したり、セクション グループを削除したりできます。 Windows、Mac、または Windows 10 アプリの OneNote でセクショングループの名前を変更または削除する方法については、この記事の各セクションを参照してください。

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。 色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

図形やラベルなどの情報を伝えるには、その他の手段を使用します。 たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

デスクトップ、Windows 10、オンライン版の OneNote では、テキストの色を変更できます。 ノートブックを Android 版で開くと、変更後の色で表示されます。 Windows、Mac、Windows 10 アプリまたはオンラインの OneNote でアクセシビリティの高いテキストの色を使用する方法については、この記事の対応するセクションをご覧ください。

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと適切な余白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。 たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

空の行を複数配置したり、スペースが連続したりすると、キーボード移動が遅くなったり、スクリーン リーダーが使いにくくなったりします。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行や段落の間には十分な余白を入れます。ただし、単語の間のスペースは 1 個だけ、段落の間の空白行は 1 行だけにしてください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。 これにより、単語間の不均等なギャップを避けることができます。これにより、段落を通って白いスペースが流れる川の視覚効果を作成できます。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストを適切に配列する

デスクトップ、Windows 10 アプリ、オンライン版の OneNote では、フォントの種類やサイズを変更できます。 Windows、Mac、Windows 10 アプリまたはオンラインの OneNote でフォントの種類やサイズを変更する方法については、この記事の対応するセクションをご覧ください。

情報は 1 つのノート コンテナーで保持してください。

OneNoteでは、クリックしてコンテンツを追加することで、ページの任意の場所にノートを追加できます。 これにより、新しいノートコンテナーが作成されます。

ページ上のすべてのノートを 1 つのコンテナーに配置することで、スクリーン リーダーを使用するユーザーは、ページ上の複数の場所に移動することなく、1 か所で読むことができます。

ページ上のすべての情報を1つのノートコンテナーに移動してみてください。 ノートコンテナーが大きすぎる場合は、複数のページ間で分割するか、説明のヘッダーを追加することができます。 (スクリーンリーダーは、ノートコンテナーを "コンテンツブロック" として示します)。

単純なテーブル構造を使用します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

OneNote for Android で作成されたテーブルにはすべて、既定で見出し行が設定されます。 削除されたテーブル見出しを追加するには、Windows デスクトップ アプリを使用し、テーブル見出しを追加する必要があります。

テーブルに入れ子になったテーブルが含まれないようにするには、OneNote for Android でそれを目視確認するか、デスクトップ、Windows 10 アプリ、オンライン版の OneNote でアクセシビリティ ​​チェックを利用します。

視覚障碍や聴覚障碍のあるユーザーが音声や動画を利用できるようにします。

サブタイトルには通常、会話の書き起こし (または翻訳) が含まれます。

クローズド キャプションでは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

ビデオの説明とは、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことです。 これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。 ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

可能であれば、OneNote に挿入する前に、音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを高めます。

または、追加ファイルをノートブックに挿入し、補助となる字幕、キャプション、ビデオの説明を提供します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーンリーダーのユーザーが画像の説明を読み上げることができるように、写真、グラフィックス、クリップアート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を長押しします。

  2. コンテキストメニューで、[その他のオプション OneNote for Android のコンテキスト メニューの [その他のオプション] ボタン ] をタップして、[代替テキスト] を選択します。

  3. 画像にタイトルと説明を入力します。 簡潔にまとめ、最も重要な情報から始めて、画像の内容と機能を伝えることを目指します。 準備ができたら、[完了] をタップします。

    ヒント: この情報が読まれる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。

    OneNote for Android の画像に代替テキストを追加する

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote for Android ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

ハイパーリンクにわかりやすいテキストを追加して、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストを選択します。

  2. メニューバーで、左にスワイプし、[ハイパーリンクの挿入] OneNote for Android の [ハイパーリンクの追加] ボタン をタップします。

  3. 選択したテキストが、[表示文字列] フィールドに表示されます。 これがハイパーリンク テキストです。 必要に応じて変更できます。

    ヒント: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。 リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに入力するか貼り付けます。

  5. [完了] をタップします。

    OneNote for Android の [ハイパーリンクの追加] ダイアログ ボックス

セクションの名前変更

セクションにわかりやすいタイトルを付けると、ユーザーは必要なセクションを見つけるのに役立ちます。

  1. セクションの一覧で、名前を変更するセクションを長押しします。

  2. メニューバーで、[セクション名の変更]をタップします。

    OneNote for Android で​​セクションを名前変更する
  3. 新しい名前を入力して、[名前の変更] をタップします。

セクションの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクションを削除します。

  1. セクションの一覧で、削除するセクションを長押しします。

  2. メニューバーで、[セクションの削除]をタップします。

    OneNote for Android でセクションを削除する
  3. 確認ダイアログ ボックスで、[削除] をタップします。

タイトルの追加またはページの名前変更

ページにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のページが見つけやすくなります。

  1. ページの一覧で、名前を付けるか、変更するページをタップします。

  2. 日時の上にあるページ タイトル行にページの新しい名前を入力します。

    OneNote for Android でページを名前変更する

ページを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないページを削除します。

  1. ページの一覧で、削除するページを長押しします。

  2. メニューバーで、[ページの削除] を選択します。

    OneNote for Android のコンテキストメニューでページを削除する
  3. 確認ダイアログ ボックスで、[削除] を選択します。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストを読みやすくする目的で、太字フォントを使用したり、テキストを左に揃えたり、過剰なブロック体大文字や斜体を減らしたりできます。

  1. テキストの書式設定を適用するには、書式を設定するテキストを選択します。

  2. たとえば、メニュー バーで太字フォントや下線を選択して文字を強調することができます。 必要なオプションをタップします。

    OneNote for Android のツールバーの [テキストの書式設定] ボタン

テキストを適切に配列する

単語間の間隔が不均等になるのを避けるために段落を左揃えにします。

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. メニューバーで、[インデントを減らす] OneNote for Android の [左揃え] ボタン をタップします。

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、連続するテキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. メニューバーで、[箇条書き OneNote for Android の [箇条書き] ボタン ] をタップします。

  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    ヒント: スクリーンリーダーを一時停止させるには、各リストアイテムの最後にピリオドまたはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. メニューバーで、[段落番号 OneNote for Android に [番号付きリスト] ボタンを追加する をタップします。

  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

関連項目

障碍のある方が Word 文書にアクセスできるようにする

障碍のある方が Excel ドキュメントにアクセスできるようにする

障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできるようにする

障碍のある方が Outlook のメールにアクセスできるようにする

次の表では、すべてのユーザーが使いやすい OneNote for Windows 10 ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべての画像と埋め込みファイルに代替テキストを設定します。

画像やその他のオブジェクトを説明する代替テキストは、画面を見ることができないユーザーにとって重要です。 スクリーンリーダーは代替テキストを読み上げるので、画像やオブジェクトについて、一部のユーザーにのみ情報が表示されます。 代替テキストが有効であることを確認します。

代替テキストが長すぎると、スクリーン リーダーによる移動が複雑になります。画像だけで主題を伝えないようにしてください。

画像またはオブジェクトを見ることができないユーザーのために説明する代替テキストを追加します。 簡単に、画像についての重要な説明を記入してください。

短いテキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

ファイルの印刷イメージを挿入するときは、代替情報源としてページに元のファイルを残してください。

代替テキストを画像に追加する

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

代替テキストがないものを検索するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。 リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。 たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

セクション グループ、セクション、ページに一意の名前を与え、空の項目を削除します。

ノートブックのコンテンツにわかりやすい名前が付いていれば、ノートの中から特定の情報が見つけやすくなります。 スクリーン リーダーの利用者も、セクション、セクション グループ、ページの内容を開かずに理解できます。

セクションの名前変更

セクションの削除

セクション グループの名前変更

セクション グループの削除

タイトルの追加またはページの名前変更

ページを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。 色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

図形やラベルなどの情報を伝えるには、その他の手段を使用します。 たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと適切な余白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。 たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

空の行を複数配置したり、スペースが連続したりすると、キーボード移動が遅くなったり、スクリーン リーダーが使いにくくなったりします。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行や段落の間には十分な余白を入れます。ただし、単語の間のスペースは 1 個だけ、段落の間の空白行は 1 行だけにしてください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。 これにより、単語間の不均等なギャップを避けることができます。これにより、段落を通って白いスペースが流れる川の視覚効果を作成できます。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストを適切に配列する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しなどの組み込みの見出しスタイルを認識し、リスナーに見出しを読み上げることができます。 また、スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しでナビゲートすることもできます。 スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

また、失読症などの読書障碍のある方にとっては見出しが頼りになります。見出しは、情報を構造化し、その情報を小さな単位に分けて処理しやすくします。

ナビゲートしやすくするには、規定された論理的順序で見出しを並べます。 見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。

見出しを使用して、小さな単位でノートの情報を整理します。 各見出しには、いくつかの段落のみが含まれているのが理想です。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

情報は 1 つのノート コンテナーで保持してください。

OneNoteでは、クリックしてコンテンツを追加することで、ページの任意の場所にノートを追加できます。 これにより、新しいノートコンテナーが作成されます。

ページ上のすべてのノートを 1 つのコンテナーに配置することで、スクリーン リーダーを使用するユーザーは、ページ上の複数の場所に移動することなく、1 か所で読むことができます。

ページ上のすべての情報を1つのノートコンテナーに移動してみてください。 ノートコンテナーが大きすぎる場合は、複数のページ間で分割するか、説明のヘッダーを追加することができます。 (スクリーンリーダーは、ノートコンテナーを "コンテンツブロック" として示します)。

単純なテーブル構造を使用します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていたりすると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

OneNote for Windows 10 で作成されたテーブルにはすべて、既定で見出し行が設定されます。 削除されたテーブル見出しを追加するには、Windows デスクトップ アプリを使用し、テーブル見出しを追加する必要があります。

視覚障碍や聴覚障碍のあるユーザーが音声や動画を利用できるようにします。

サブタイトルには通常、会話の書き起こし (または翻訳) が含まれます。

クローズド キャプションでは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

ビデオの説明とは、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことです。 これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。 ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

可能であれば、OneNote に挿入する前に、音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを高めます。

または、追加ファイルをノートブックに挿入し、補助となる字幕、キャプション、ビデオの説明を提供します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーンリーダーのユーザーが画像の説明を読み上げることができるように、写真、グラフィックス、クリップアート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[画像]、[代替テキスト] の順に選択します。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。 簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。 準備ができたら、[完了] を選びます。

    ヒント: この情報が読まれる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。

    OneNote for Windows 10 に代替テキストを追加する代替テキスト ダイアログ。

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

サポート資料、ジョブの説明、レポートテンプレートなどの埋め込みファイルに代替テキストを追加して、スクリーンリーダーのユーザーがファイルの説明を読み上げることができるようにします。

  1. ページ上のファイルを右クリックします。

  2. [ファイル]、[代替テキスト] の順に選択します。

  3. ファイルのタイトルと説明を入力し、[完了] を選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリの埋め込みファイルに代替テキストを追加する

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

ハイパーリンクにわかりやすいテキストを追加して、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] を選択します。

  3. 選択したテキストが、[表示するテキスト] フィールドに表示されます。 これがハイパーリンク テキストです。 必要に応じて変更できます。

    ヒント: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。 リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに入力するか貼り付け、[挿入] を選択します。

    OneNote for Windows 10 でハイパーテキストのリンクを追加するダイアログのスクリーンショット。

セクションの名前変更

セクションにわかりやすいタイトルを付けると、ユーザーは必要なセクションを見つけるのに役立ちます。

  1. ノートブックで、編集するセクション タブを右クリックし、[セクション名の変更] を選びます。

    OneNote for Windows 10 でセクション タブの名前を変更するコンテキスト メニューのスクリーンショット。

  2. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

セクションの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクションを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション タブを右クリックし、[セクションの削除] を選択します。

    OneNote for Windows 10 でセクション タブを削除するコンテキスト メニューのスクリーンショット。

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

セクション グループの名前変更

セクション グループにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のセクション グループが見つけやすくなります。

  1. セクションの一覧で、名前を変更するセクション グループを右クリックし、[セクション グループの名前の変更] を選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリのセクション グループを名前変更する
  2. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

セクション グループの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション グループを削除します。

  1. セクションの一覧で、削除するセクション グループを右クリックし、[セクション グループの削除] を選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリでセクション グループを削除する
  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

タイトルの追加またはページの名前変更

ページにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のページが見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、名前を付ける、または名前を変更するページを開きます。

  2. 日時の上にあるページ タイトル行に名前を入力します。

    OneNote for web でページの名前を変更する

ページを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないページを削除します。

  1. ページの一覧で、削除するページタブを右クリックします。

  2. [ページの削除] を選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリでページを削除する

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストを選びます。

  2. [ホーム] タブでは、大きいフォントサイズやサンセリフフォントなどを選ぶことができます。 太字フォントで強調するなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

    OneNote for Windows 10 の [ホーム] メニュー リボンのテキストの書式設定ボタン

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラストモードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の自動設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[フォントの色] ボタンの下向き矢印をクリックし、[自動] を選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリの [テキストの色] メニュー

テキストを適切に配列する

単語間の間隔が不均等になるのを避けるために段落を左揃えにします。

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落書式] を選択します。

  3. [左揃え] を選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリで段落を左揃する

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーンリーダーのノートブックページのアウトラインを作成します。 スクリーンリーダーは、組み込みのスタイルが適用されていない場合は見出しとして大きいフォントと太字フォントのテキスト行を解釈しません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[スタイル] を選択し、[見出し2] などの見出しスタイルを選択します。

    OneNote for Windows 10 アプリの見出し一覧

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、連続するテキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [箇条書き] を選びます。

  3. 箇条書きのスタイルを変更するには、[箇条書き] ボタンの下向き矢印をクリックし、目的のスタイルを選択します。

    OneNote for Windows 10 の [ホーム] メニュー リボンで選択されている箇条書きボタン。

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    ヒント: スクリーンリーダーを一時停止させるには、各リストアイテムの最後にピリオドまたはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落番号] を選択します。

  3. 段落番号のスタイルを変更するには、[段落番号] の下向き矢印をクリックし、目的のスタイルを選択します。

    OneNote for Windows 10 の [ホーム] メニュー リボンの段落番号ボタン

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

関連項目

障碍のある方が Word 文書にアクセスできるようにする

障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできるようにする

障碍のある方が Outlook のメールにアクセスできるようにする

次の表では、障碍のあるユーザーが使いやすい OneNote Online ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべての画像と埋め込みファイルに代替テキストを設定します。

画像やその他のオブジェクトを説明する代替テキストは、画面を見ることができないユーザーにとって重要です。 スクリーンリーダーは代替テキストを読み上げるので、画像やオブジェクトについて、一部のユーザーにのみ情報が表示されます。 代替テキストが有効であることを確認します。

代替テキストが長すぎると、スクリーン リーダーによる移動が複雑になります。画像だけで主題を伝えないようにしてください。

画像またはオブジェクトを見ることができないユーザーのために説明する代替テキストを追加します。 簡単に、画像についての重要な説明を記入してください。

短いテキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

ファイルの印刷イメージを挿入するときは、代替情報源としてページに元のファイルを残してください。

代替テキストを画像に追加する

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。 リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。 たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

セクション グループ、セクション、ページに一意の名前を与え、空の項目を削除します。

ノートブックのコンテンツにわかりやすい名前が付いていれば、ノートの中から特定の情報が見つけやすくなります。 スクリーン リーダーの利用者も、セクション、セクション グループ、ページの内容を開かずに理解できます。

セクションの名前変更

セクションの削除

タイトルの追加またはページの名前変更

ページを削除する

OneNote デスクトップや Windows 10 アプリ版では、セクション グループの名前を変更したり、セクション グループを削除したりできます。 Windows デスクトップまたは Windows 10 アプリでセクショングループの名前を変更または削除する方法については、このトピックの各セクションを参照してください。

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。 色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

図形やラベルなどの情報を伝えるには、その他の手段を使用します。 たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。 白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと適切な余白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。 たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

空の行を複数配置したり、スペースが連続したりすると、キーボード移動が遅くなったり、スクリーン リーダーが使いにくくなったりします。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行や段落の間には十分な余白を入れます。ただし、単語の間のスペースは 1 個だけ、段落の間の空白行は 1 行だけにしてください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。 これにより、単語間の不均等なギャップを避けることができます。これにより、段落を通って白いスペースが流れる川の視覚効果を作成できます。

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストを適切に配列する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しなどの組み込みの見出しスタイルを認識し、リスナーに見出しを読み上げることができます。 また、スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しでナビゲートすることもできます。 スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote Online の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

また、失読症などの読書障碍のある方にとっては見出しが頼りになります。見出しは、情報を構造化し、その情報を小さな単位に分けて処理しやすくします。

ナビゲートしやすくするには、規定された論理的順序で見出しを並べます。 見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。

見出しを使用して、小さな単位でノートの情報を整理します。 各見出しには、いくつかの段落のみが含まれているのが理想です。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

情報は 1 つのノート コンテナーで保持してください。

OneNoteでは、クリックしてコンテンツを追加することで、ページの任意の場所にノートを追加できます。 これにより、新しいノートコンテナーが作成されます。

ページ上のすべてのノートを 1 つのコンテナーに配置することで、スクリーン リーダーを使用するユーザーは、ページ上の複数の場所に移動することなく、1 か所で読むことができます。

ページ上のすべての情報を1つのノートコンテナーに移動してみてください。 ノートコンテナーが大きすぎる場合は、複数のページ間で分割するか、説明のヘッダーを追加することができます。 (スクリーンリーダーは、ノートコンテナーを "コンテンツブロック" として示します)。

単純なテーブル構造を使用します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。 表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。 表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

また、スクリーン リーダーは行と列を識別するためにヘッダー情報を使用します。

OneNote Online で作成されたテーブルにはすべて、既定で見出し行が設定されます。 削除されたテーブル見出しを追加するには、Windows デスクトップ アプリを使用し、テーブル見出しを追加する必要があります。

視覚障碍や聴覚障碍のあるユーザーが音声や動画を利用できるようにします。

サブタイトルには通常、会話の書き起こし (または翻訳) が含まれます。

クローズド キャプションでは通常、オフスクリーンで発生する音楽やサウンド効果などの音声通知についても説明します。

ビデオの説明とは、ビデオの重要な視覚的要素を音声で表現した説明のことです。 これらの説明は、プログラムの会話の中の自然な位置に挿入されます。 ビデオの説明を使用すると、視覚障碍のあるユーザーがビデオを利用しやすくなります。

可能であれば、OneNote に挿入する前に音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを高めます。

または、追加ファイルをノートブックに挿入し、補助となる字幕、キャプション、ビデオの説明を提供します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーンリーダーのユーザーが画像の説明を読み上げることができるように、写真、グラフィックス、クリップアート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. フィールドに説明を入力します。 簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。 準備ができたら、[OK] を選択します。

    OneNote for web の代替テキストダイアログ

埋め込みファイルに代替テキストを追加する

サポート資料、ジョブの説明、レポートテンプレートなどの埋め込みファイルに代替テキストを追加して、スクリーンリーダーのユーザーがファイルの説明を読み上げることができるようにします。

  1. ノートブックのファイルを右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. ファイルの説明を入力し、[ OK]を選択します。

    OneNote for web の埋め込みファイルに代替テキストを追加する

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote Online ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

ハイパーリンクにわかりやすいテキストを追加して、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] を選択します。

  3. 選択したテキストが、[表示テキスト] フィールドに表示されます。 これがハイパーリンク テキストです。 必要に応じて変更できます。

    ヒント: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。 リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに入力し、[挿入] を選択します。

    OneNote for web の [ハイパーリンク] ダイアログボックス

セクションの名前変更

セクションにわかりやすいタイトルを付けると、ユーザーは必要なセクションを見つけるのに役立ちます。

  1. ノートブックで、編集するセクション タブを右クリックし、[セクション名の変更] を選びます。

  2. 新しい名前を入力します。

    OneNote on the web の [セクション名の変更] オプション

セクションの削除

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクションを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション タブを右クリックし、[セクションの削除] を選択します。

    OneNote for web のセクションメニューオプションを削除する

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] を選択します。

タイトルの追加またはページの名前変更

ページにわかりやすいタイトルを付けると、利用者にとって目的のページが見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、名前を付ける、または名前を変更するページを開きます。

  2. 日時の上にあるページ タイトル行に名前を入力します。

    OneNote for web でページの名前を変更する

ページを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないページを削除します。

  1. ノートブックで、削除するページ タブを右クリックします。

  2. [ページの削除] を選択します。

    OneNote for web でページを削除する

アクセシビリティの高いテキスト書式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストを選びます。

  2. [ホーム] タブでは、たとえば、大きいフォントサイズと sans serif フォントを選ぶことができます。 太字フォントで強調するなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラストモードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の自動設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[フォントの色] ボタンの下向き矢印をクリックし、[自動] を選択します。

    OneNote for web の [フォントの色] メニューオプション

テキストを適切に配列する

単語間の間隔が不均等になるのを避けるために段落を左揃えにします。

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落の配置>左揃え] を選択します。

    OneNote on the web の [段落の配置] メニューのオプション。

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーンリーダーのノートブックページのアウトラインを作成します。 スクリーンリーダーは、組み込みのスタイルが適用されていない場合は見出しとして大きいフォントと太字フォントのテキスト行を解釈しません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[見出し2] などの見出しスタイルを選びます。

    OneNote for web の見出しスタイルのオプション

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、テキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [箇条書き] を選びます。

  3. 箇条書きのスタイルを変更するには、[箇条書き] ボタンの下向き矢印をクリックし、目的のスタイルを選択します。

    OneNote for web の箇条書きメニュー

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    ヒント: スクリーンリーダーを一時停止させるには、各リストアイテムの最後にピリオドまたはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含めるテキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、[段落番号] を選択します。

  3. 段落番号のスタイルを変更するには、[段落番号] の下向き矢印をクリックし、目的のスタイルを選択します。

    OneNote for web の番号付きリストのメニューオプション

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

関連項目

アクセシビリティ チェックのルール

アクセシビリティ ​​チェックを使用してアクセシビリティを改善する

障碍のある方が Word 文書にアクセスできるようにする

障碍のある方が Excel ドキュメントにアクセスできるようにする

障碍のあるユーザーが PowerPoint プレゼンテーションにアクセスできるようにする

障碍のある方が Outlook のメールにアクセスできるようにする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×