関連テーブル (Power Query) を含む列を展開します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

テーブル、リスト、レコード、リンクなどの複合型の値の列を展開し、その複合型の値に含まれる値を表示できます。 展開して内部要素を表示できる複合列には、列ヘッダーに拡張アイコン ( 列の展開アイコン ) が付いています。

Microsoft Power Query for Excel では、展開操作によって関連テーブルをまとめ直すことができます。 たとえば [注文] デザインで、[展開] 操作を実行して [注文] テーブルに関連する [Order_Details] レコードをまとめ、注文品目を相互に組み合わせます。 [展開] 操作によって主題テーブルが拡張されて関連テーブルからの列が追加され、関連テーブルからの値が含まれる主題テーブルが展開されます。 図で説明すると、次のようになります。

主題テーブルに列 A と列 B があります。

列 A および B

関連テーブルに列 C があります。

列 A、B、および関連する C

[展開] 操作によって主題テーブルが拡張されて列 C が追加され、列 C を含むデータ ソースからの関連する値を含む主題テーブルが展開されます。

ABC

[注文] の例では、[展開] 操作によって [注文] テーブルが拡張され、[Order_Details.ProductID]、[Order_Details.UnitPrice]、[Order_Details.Quantity] の列が追加されて、[注文] レコードと関連する [Order_Details] レコードがまとめられます。 [展開] 操作を説明するチュートリアルについては、「複数のデータ ソースからデータを結合する」をご覧ください。

展開の例

ページの先頭へ

列を展開する

  1. 列ヘッダーの展開アイコン ( 展開 ) をクリックします。

  2. 列名のドロップダウンで、使わない列を消去します。
    列名を選ぶ

  3. [OK] をクリックします。
    テーブルに、手順 2 で選んだ各列の新しい列が含まれるようになります。 新しい列の名前は、<ComplexColumnName>.<ColumnName> です。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×