関数内で関数を入れ子にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ネストした関数では、関数の引数として他の関数を使用します。関数は 64 レベルまでネストできます。次の数式は、数値の集合 (F2:F5) の平均値が 50 よりも大きい場合にのみ、数値の集合 (G2:G5) の合計を計算します。50 以下の場合は 0 を返します。

ネストされた関数

1. この例では、AVERAGE 関数と SUM 関数が IF 関数内にネストされています。

  1. 数式を入力するセルをクリックします。

  2. 関数を使用して数式を起動するには、関数ウィザード ボタン イメージ 数式バー ボタン イメージ でをクリックします。

  3. 使用する関数を選択します。[関数の検索] ボックスには、計算内容を説明する質問を入力できます。たとえば、「数値を合計する」と入力すると、SUM 関数が返されます。また、[関数の分類] ボックスの一覧から選択することもできます。

  4. 引数を入力します。

    • 引数としてセル参照を入力するには、ダイアログ縮小 ボタン イメージ 引数を (ダイアログ ボックスを一時的に非表示) の横にあるをクリックし、ワークシート上のセルを選択して、[ダイアログ展開 ボタン イメージ ] をクリックします。

    • 別の関数を引数として入力するには、適切な引数ボックスに目的の関数を入力します。たとえば、IF 関数の [真の場合] ボックスに「SUM(G2:G5)」と入力できます。

    • [関数の引数] ダイアログ ボックスに表示される数式の各要素は、前の手順で選択した関数を反映したものになります。たとえば、IF 関数をクリックした場合は、[関数の引数] ダイアログ ボックスに IF 関数の引数が表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×