関数内で関数をネストする

関数を使用して数式を作成するときに、他の関数内で関数をネストできます。引数名前を付けてネストした関数の結果を使っているときなどのデータの最初の関数が適切に実行する必要があります。かっこの中であることに関数をネストするといつでも確認できます。

次に例を示します。IF 関数がネスト化された AVERAGE 関数と SUM 関数を引数として使います。

=IF(AVERAGE(F2:F5)>50,SUM(G2:G5),0)

この数式は左から右に読むことができます。セル F2 からセル F5 の平均値が 50 より大きい場合は、セル G2 からセル G2 までの値を合計 (SUM) します。50 以下の場合は 0 を返します。

関数内には、64 レベルまでの関数をネストでき、それらのネスト化された関数は、他の関数と同様に入力できます。

  1. 数式が入力されるセルをクリックします。

  2. [数式] バーに数式を入力し、Enter キーを押します。

次にもう 1 つの例を示します。この例では、IF 関数を別の IF 関数内にネストして、所得水準に基づいて控除額を計算しています。

=IF(A5<31500,A5*15%,IF(A5<72500,A5*25%,A5*28%))

この数式も左から右に読むことができます。セル A5 の中の値が 31,500 より小さい場合は、その値に 15% を掛けます。そうでない場合は、値が 72,500 より小さいかをチェックします。小さい場合は、25% を掛けます。それ以外の場合は、28% を掛けます。

所得水準にカンマが使われていないことにご注意ください。カンマを使うと、IF 関数によってそれらが引数として認識されてしまい、数式が中断します。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×