関数を使用する: ROUNDUP 関数を手動で入力して数値を切り上げる

関数を使用する: roundup 関数を手動で入力して数値を切り上げる

ROUNDUP 関数を手動で入力して数値を切り上げる

ここでは、ROUNDUP 関数を手動で入力して作業時間の平均値を最も近い整数に切り上げます。

  1. セル G11 をクリックします。

    .

  2. 数式バーをクリックします。

    .

  3. キーを押して、"=" と "AVERAGE" の間にカーソルを移動します。

    .

  4. R キーを押します。

    名前が r で始まる関数が自動的に表示されます。

    .

  5. O キーを押します。

    名前が ro で始まる関数が自動的に表示されます。

    .

  6. 一覧の [ROUNDUP] をクリックします。

    .

  7. Tab キーを押します。

    ROUNDUP 関数が数式バーに入力されます。関数の構文を示すポップアップ メニューが表示されます。

    .

ヒント: ROUNDUP 関数の構文

Doctor

ROUNDUP(数値,桁数)

数値 : 切り上げの対象となる数値を指定します。

桁数 : 数値を切り上げた結果の桁数を指定します。

  1. それでは、ROUNDUP 関数の引数を入力しましょう。最初に、切り上げの対象となる数値を指定します。AVERAGE 関数 ("AVERAGE(J5:J9)") をかっこで囲みます。

    .

  2. コンマを入力します。

    .

  3. 次に、数値を切り上げた結果の桁数を指定します。ここでは、時間を最も近い整数に切り上げるので、0 を入力します。

    .

  4. 右かっこを入力します。

    .

  5. Enter キーを押します。

    作業時間の平均値が切り上げられます。

    .

ページの先頭へ

<<前へ | 1 2 3 4

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×