開発プロセスへの UML モデルのマッピングについて

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Visio では、特別な開発プロセスを実行することなく、UML モデルを作成できます。次の図は UML 図をわかりやすく表したもので、各種 UML 図を、システムの開発プロセスで実施される各フェーズに分けて表現しています。これらのフェーズには、ユース ケース モデル フェーズ、ドメイン モデル フェーズ、設計モデル フェーズ、実装モデル フェーズなどがあります。

この図では、各フェーズを 1 回だけ連続して行うことにより開発プロセスが完了するように表現されていますが、開発プロセスをより効果的なものにする場合は、それぞれのフェーズを何回も実施して、開発プロセスを反復して実行します。

"システムのモデル化は、ユース ケース モデル、ドメイン モデル、デザイン モデル、実装モデルの 4 つのフェーズに分解できる"

ユース ケース モデル フェーズ

ユース ケースは、開発サイクルの初期に作成するプロセスの概要を表したものです。ユース ケースは、外部アクターとシステム間の相互作用を表して、システムの要件と、ドメイン領域で使用されている用語を理解しやすくします。ユース ケース フェーズでは、ユース ケース図を作成します。

ドメイン モデル フェーズ

ユース ケース モデル フェーズと同様に、ドメイン モデル フェーズは、システム開発の対象となる領域について理解することを主な目的としています。これは分析フェーズであり、プログラミングの概念についてはまだ考慮されていません。現実世界でのオブジェクトと関係について考慮している段階です。

ドメイン モデル フェーズでは、概念静的構造図、パッケージ図、シーケンス図を作成します。

デザイン モデル フェーズ

ユース ケースおよびドメイン モデル フェーズでは、開発中のシステムに関する要件と概念に焦点を当てています。設計フェーズでは、この理解を基にプログラミング ソリューションについて考慮します。

このソリューションを開発するためには、コラボレーション図を使用してオブジェクトの通信方法を決定し、クラス静的構造図を使用して、ソフトウェアに実装するクラスを定義します。

オブジェクトのライフ サイクルを明確にするため、特定のクラスやユース ケースに関連するステートチャート図またはアクティビティ図を作成します。

実装モデル フェーズ

実装モデル フェーズでは、開発環境の物理構造とコンポーネント構造について検討します。実装フェーズでは、コンポーネント図と配置図を作成します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×