開封済みメッセージで電子メールを管理する

開封済みメッセージで電子メールを管理する

概要

開封済みメッセージを使ったメールの管理 Outlook 2013 では、メッセージの送信時に配信済みメッセージや開封済みメッセージをリクエストできます。開封済みメッセージを使用する理由は、相手のメール アドレスが不確かな場合、相手が受け取ったメールを確認したかどうか確認したい場合、あるいは単純にメッセージが届いたことを確認したい場合などに、メールが相手に届き、開封されたことを確認するためです。いずれの場合も、リクエストを追加するだけの簡単な操作となります。

このコースの内容:

開封済みメッセージで電子メールを管理する (2:59)
メッセージの送信時に配信済みメッセージや開封済みメッセージをリクエストできます。目的に関係なく、リクエストを追加するだけの簡単な操作となります。

配信済みや開封済みのメッセージが届かない場合 (3:35)
配信済みメッセージや開封済みメッセージが戻らない場合は、さまざまな理由が考えられます。戻らないということは、メッセージが配信されなかった、開封されなかったという意味ではありません。リクエストの処理が行われなかったという意味になります。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングには他にもコースが用意されています。

ご意見・ご感想

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×