鉛筆、直線、円弧、自在曲線のいずれかのツールを使用して図形を描画する

Visio では、四角形、楕円、円弧、自在曲線、および鉛筆の図形を使用して、独自のユーザー設定図形を作成できます。

新しい図形に塗りつぶしの色を適用できるようにするには、閉じた図形を作成する必要があります。[四角形] ツールまたは [楕円] ツールを使用すると、閉じた図形が自動的に作成されます。既定では、閉じた図形は単色で塗りつぶされています。

閉じた四角形と開いた三角形

この例では、緑色の四角形は、単色で塗りつぶされているので閉じた図形です。三角形は単色で塗りつぶされておらず、図面の背景が透けて見えるので、閉じていないということがわかります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

四角形または円を描画する

独自の図形を描画する

図形を編集する

図形から線分を削除する

図形に線分を追加する

図形を変形する

新しいマスター シェイプを作成する

四角形または円を描画する

  1. [ホーム] タブの [ツール] で、[四角形] ( 四角形ツール ) の横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    [ホーム] タブの [ツール] グループ

    • 四角形を描画するには、[四角形] ツールを選択します。

    • 円または楕円を描画するには、[楕円] ツールを選択します。

  2. 図面ページでドラッグして図形を描画します。

  3. 通常の編集に戻るには、[ツール] で [ポインター] ( [ポインター] ボタン ) ツールをクリックします。

ページの先頭へ

独自の図形を描画する

  1. [開発] タブの [図形のデザイン] で、[四角形] の横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    [開発] タブの場所

    [開発] タブを開くには、次の操作を行います。

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [オプション] をクリックします。

    3. [Visio のオプション] ダイアログ ボックスで、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    4. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] で、[メイン タブ] を選択します。

    5. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

    6. [OK] をクリックします。

  • 直線を描画するには、[直線] ツールを選択します。

  • 不規則な図形を描画するには、[自在曲線] ツールを選択します。

  • 曲線を描画するには、[円弧] ツールを選択します。

  • 最初の線分を描画するには、図形を開始する場所をポイントし、線分が目的のサイズになるまでドラッグします。

    • 線分を描画すると、図形に頂点、バーテックス ( 図形の頂点 ) が表示されます。

  • 2 番目の線分を描画するには、最初の線分の端点をポイントし、ポインターをドラッグします。

  • 追加の線分を描画するには、追加した最後の線分の終点にある頂点をポイントし、ドラッグして次の線分を描画します。

    注:  線分を元に戻すには、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。描画したときと逆の順序で線分が削除されます。

  • 図形を閉じるには、作成した最後の線分の端点を、最初の線分の開始位置にある頂点の上へドラッグします。図形が不透明になり、その図形が閉じた図形であることが示されます。

  • 通常の編集に戻るには、[ホーム] タブの [ツール] で [ポインター] ツール ( [ポインター] ボタン ) をクリックします。

ページの先頭へ

図形を編集する

Microsoft Visio 2010 では、図形の線分を追加、削除、および変形することでほとんどの図形を編集できます。

図形から線分を削除する

  1. [開発] タブの [図形のデザイン] で [四角形] をクリックし、[鉛筆] ツール ( [鉛筆] ツール ) を選択します。

    [開発] タブの場所

    [開発] タブを開くには、次の操作を行います。

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [オプション] をクリックします。

    3. [Visio のオプション] ダイアログ ボックスで、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    4. [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] で、[メイン タブ] を選択します。

    5. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

    6. [OK] をクリックします。

  2. 線分を削除する図形を選択し、削除する頂点 ( 図形の頂点 ) をクリックして、Del キーを押します。

ページの先頭へ

図形に線分を追加する

  1. [開発] タブの [図形のデザイン] で [四角形] をクリックし、[鉛筆] ツール ( [鉛筆] ツール ) を選択します。

    [開発] タブの場所

    [開発] タブを開くには、次の操作を行います。

    • [ファイル] タブをクリックします。

    • [オプション] をクリックします。

    • [Visio のオプション] ダイアログ ボックスで、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    • [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] で、[メイン タブ] を選択します。

    • [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

    • [OK] をクリックします。

線分を追加する図形を選択し、線分を追加する場所をポイントして、Ctrl キーを押しながらクリックします。

図形をクリックした場所に新しい頂点が表示され、新しい線分が作成されます。

ページの先頭へ

図形を変形する

  • [開発] タブの [図形のデザイン] で [四角形] をクリックし、[鉛筆] ツール ( [鉛筆] ツール ) を選択します。

    [開発] タブの場所

    [開発] タブを開くには、次の操作を行います。

    • [ファイル] タブをクリックします。

    • [オプション] をクリックします。

    • [Visio のオプション] ダイアログ ボックスで、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    • [リボンのユーザー設定] ウィンドウの [リボンのユーザー設定] で、[メイン タブ] を選択します。

    • [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

    • [OK] をクリックします。

  • 図形を選択し、移動する頂点 ( 図形の頂点 ) をクリックして、頂点を移動先にドラッグします。

ページの先頭へ

新しいマスター シェイプを作成する

ユーザー設定図形をマスター シェイプにすることで、そのユーザー設定図形を他の図面で再利用できます。ユーザー設定図形をマスター シェイプにするには、次の操作を行います。

  • [図形] ウィンドウで [その他の図形] をクリックし、ユーザー設定ステンシルを選択するか、[新しいステンシル (米国単位)] または [新しいステンシル (メートル法)] をクリックして新しいユーザー設定ステンシルを作成します。

  • 図面ページでユーザー設定図形を選択し、[図形] ウィンドウの新しいステンシルにドラッグします。

  • 新しいマスター シェイプの名前を変更するには、図形を右クリックし、[マスター シェイプ名の変更] をクリックして、新しいマスター シェイプの名前を入力します。

  • [図形] ウィンドウのユーザー設定ステンシルで [上書き保存] をクリックし、新しいマスター シェイプを含むユーザー設定ステンシルに対する変更を保存します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×