重複するデータで一意の入力値の個数を数える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

一意のテキストまたはセル範囲内にある数値の個数の数を確認したいとします。たとえば、列にある場合Bradley、Doyle、Doyle、Doyleの値をテキスト、2 つの一意の値がある: Bradley"および"Doyle します。範囲に数値5、6、7、6がある場合は、一意の値は 5、6、7 されます。

一意の値のみを数えるには、以下のサンプル シートに示した関数の組み合わせを使用します。

  • TRUE であるなる条件ごとに 1 の値を割り当てるには、 IF 関数を使用します。

  • すべての一意の値を追加するのにには、 SUM 関数を使用します。

  • 一意の値の数をカウントするのにには、 FREQUENCY 関数を使用します。この関数は、文字列、およびゼロの値を無視します。特定の値を最初に出現した、番号を返す繰り返される値の数に等しいします。同じ値のうち、最初の後に、この関数は、0 の値を返します。

  • MATCH 関数を使用して、範囲内のテキスト値の位置を返します。FREQUENCY 関数は、対応するテキスト値を評価するのに結果の値を使用します。

  • 空白のセルを検索するのにには、 LEN 関数を使用します。空白セルがある 0 の長さ (文字数)。

使用例

Excel の空のワークシートのセル A1 に表をコピーし、これらの関数を使う数式の例を編集します。

データ

データ

986

Bradley

Doyle

563

67

789

235

Bradley

Doyle

689

789

Doyle

143

56

237

67

235

数式

説明 (計算結果)

=SUM(IF(FREQUENCY(A2:A10,A2:A10)>0,1))

セル A2 から A10 にある一意の数値の個数を数える。空白のセルや文字列は数えない (4)。

=SUM(IF(FREQUENCY(MATCH(B2:B10,B2:B10,0),MATCH(B2:B10,B2:B10,0))>0,1))

セル B2 から B10 にある一意のテキストと数値の個数を数える (この範囲内に空白セルはないものとする) (7)。

=SUM(IF(FREQUENCY(IF(LEN(A2:A10)>0,MATCH(A2:A10,A2:A10,0),""), IF(LEN(A2:A10)>0,MATCH(A2:A10,A2:A10,0),""))>0,1))

セル A2 から A10 にある一意のテキストと数値の個数を数える。空白のセルや文字列は数えない (6)。

注: 

  • この例では、数式を配列数式として入力する必要があります。各数式を含むセルを選択、F2 キーを押して、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら Enter キーを押します。

  • 式の評価をステップ バイ ステップで確認するには、数式が含まれるセルをクリックし、[数式] タブの [ワークシート分析] で、[数式の検証] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×