スキップしてメイン コンテンツへ
重複するデータで一意の入力値の個数を数える

重複するデータで一意の入力値の個数を数える

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

一意の値の数が重複する値を含む範囲内に存在を確認したいとします。 たとえば、次のように列が含まれている場合。

  • 5、6、7、6、値、結果は次の 3 つの一意の値は 5、6、7 します。

  • 値"Bradley"、"Doyle"、"Doyle"、"Doyle"、結果は次の 2 つの一意の値は"Bradley"および"Doyle"します。

重複するデータで一意の値をカウントするいくつかの方法があります。

[ [フィルター ] ダイアログ ボックスを使用して、データの列から一意の値を抽出し、新しい場所に貼り付けることができます。 その後、ROWS 関数を使用して新しい範囲にある項目の個数をカウントできます。

  1. セルの範囲を選択するか、テーブルにアクティブなセルがあるかどうかを確認します。

    セルの範囲が列見出しを確認します。

  2. [データ] タブの [並べ替えとフィルター] で [詳細] をクリックします。

    [フィルター オプションの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. 別の場所にコピー] をクリックします。

  4. コピーする] ボックスに、セル参照を入力します。

    または、ダイアログ縮小 ボタン イメージ をクリックして] ダイアログ ボックスを一時的に非表示にする、ワークシートで、セルを選択し、[ダイアログ展開 ボタンの画像 キーを押します。

  5. [重複するレコード] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックします。

    選択範囲から一意の値は、[コピー ] ボックスで指定したセルを基点として新しい位置にコピーされます。

  6. 範囲内の最後のセルの下にある空白のセル、は、関数を入力します。 コピーした一意の値の範囲を列見出しも含めて、引数として使用します。 たとえば、一意の値の範囲 b2 ~ b45 がある場合は、 =ROWS(B2:B45)を入力します。

この処理を実行するのに場合は、合計頻度MATCH、およびLEN関数の組み合わせを使用します。

  • IF 関数を使用して、真となる条件ごとに値 1 を代入します。

  • 合計を追加するには、 SUM関数を使用します。

  • FREQUENCY関数を使用して一意の値の数をカウントします。 FREQUENCY関数は、文字列、およびゼロの値を無視します。 特定の値を最初に出現した、この返します数値の値の個数をします。 同じ値のうち、最初の後に、この関数は 0 を返します。

  • MATCH関数を使って、範囲内のテキスト値の位置を返します。 FREQUENCY関数の引数としては、この値が返されますが、対応するテキスト値を評価できるようにし、使用されています。

  • 空白のセルを検索するには、 LEN関数を使用します。 空白セルがある長さ 0 のします。

重複するデータで一意の値の数をカウントするネストした関数の例

注: 

  • この例の数式は配列数式として入力する必要があります。 現在のバージョンのOffice 365を使用している場合は、出力範囲の左上のセルに式を入力しENTERキーを押して、式を動的な配列の数式として確定することができます。 それ以外の場合、最初に出力範囲を選択し、出力範囲の左上のセルに数式を入力し、CTRL+SHIFT+ENTERキーを押して確定し、従来の配列数式として数式を入力する必要があります。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列数式の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」を参照してください。

  • 式の評価をステップ バイ ステップを表示するには、数式が含まれているセルを選択し、[数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式の検証] をクリックします。

  • FREQUENCY関数はどのくらいの頻度計算の範囲内の値が発生とし、[縦方向の数値の配列が返されます。 たとえば、範囲のスコアに該当するテストの点数の数をカウントするのに頻度を使用します。 この関数に配列が返されるために、配列数式として入力する必要があります。

  • MATCH関数では、セルの範囲内の指定されたアイテムを検索し、セル範囲内の項目の相対的な位置を返します。 たとえば、範囲 a1: a3 に 5、25、38 の値が含まれている場合、25 が範囲内の 2 つ目の項目であるため法=MATCH(25,A1:A3,0)には数値 2, を返します。

  • LEN関数は、文字列の文字数を返します。

  • SUM関数では、引数として指定されたすべての数値を加算します。 各引数には、範囲、セル参照、配列、定数、数式、または別の関数の結果ができます。 たとえば、 SUM(A1:A5)は、セル A1 A5 からに含まれるすべての数値を加算します。

  • 指定した条件を評価して、別の場合は、 IF関数を 1 つの値を返します。 値の場合は、その条件が FALSE に評価されます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

重複しない値を抽出する、または重複する値を削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×