重層図を作成する

[ブロック図] テンプレートを使用すると、同心円レイヤと部分レイヤを作成して重層図を作成できます。

onion diagram

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントします。次に、[一般] をポイントし、[ブロック図] をクリックします。

  2. [ブロック図] から図面ページに [同心円レイヤ 1] 図形をドラッグして、重層図の外側のレイヤを作ります。

  3. 図面ページに [同心円レイヤ 2] 図形をドラッグし、外側のレイヤ内にスナップされるように配置して、マウス ボタンを離します。

  4. [同心円レイヤ 3] および [同心円 中心] を使用して、すべてのレイヤが適切に配置されるまで手順 3. を繰り返します。

    • 同心円レイヤの半径を変更するには、選択ハンドル ( Selection handle image ) をドラッグして必要に応じてレイヤのサイズを変更します。

    • 同心円レイヤの厚みを変更するには、図形が適切な厚みになるまでコントロール ハンドル ( コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 ) を縁の内側にドラッグします (どのコントロール ハンドルを使用するかわからない場合は、ポインタをコントロール ハンドル上へ移動するとヒントが表示されます)。

  5. 同心円レイヤをセクションに分割するには、[部分レイヤ] 図形を使用します。

    1. [ブロック図] ステンシルから図面ページに、同心円レイヤと同じサイズの [部分レイヤ] 図形をドラッグします。

    2. 必要に応じて、重層図の同心円レイヤに合わせて部分レイヤをカスタマイズします。

      • 部分レイヤの方向を変更するには、レイヤを選択し、[図形] メニューの [回転または反転] をポイントします。適切なオプションをクリックして図形の位置を変更します。

      • 部分レイヤの半径を変更するには、外側の端部にあるコントロール ハンドル ( コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 ) をドラッグします。

      • 部分レイヤの厚みを変更するには、内側の枠にあるコントロール ハンドルをドラッグします。

    3. 部分レイヤをドラッグして、分割する同心円レイヤに合わせて配置し、端点 ( End point image, which is plus sign in a green square ) をレイヤの接続ポイント ( 接続ポイントの画像 - 青い X ) に接着させます。

      図形が接着すると端点は赤に変わります。

  6. レイヤにテキストを追加するには、レイヤまたは部分レイヤを選択し、テキストを入力します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×