配色パターンを適用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、配色パターンの概要と、Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートのデザインに与える影響について説明します。

この記事の内容

配色パターンの概要

フォーム テンプレートの配色パターンを変更する

フォーム テンプレートの特定の項目に配色パターンの色を適用する

配色パターンの概要

[配色パターン] 作業ウィンドウを使用して、フォーム テンプレートの特定の項目にコーディネートされた色を自動的に適用することができます。各配色パターンは、視覚的な効果が高くなるように組み合わせた 6 つの色で構成されます。

ワイン色の配色をフォーム テンプレートに適用する

フォーム テンプレートに配色パターンを適用すると、次の項目の色だけが変更されます。

  • [フォント] 作業ウィンドウで設定できる組み込みの見出しスタイルを使用して書式設定されたテキスト

  • 繰り返しテーブルのヘッダー行の背景色およびセルの罫線

  • [タイトル付きの表] のレイアウト用の表

    ヒント: フォーム テンプレートの背景に配色パターンの色を適用するには、[タイトル付きの表] のレイアウト用の表内に、追加のレイアウト用の表とコントロールを配置します。または、[書式] メニューの [背景色] をクリックして、フォーム テンプレートの背景全体に、配色パターンの色を手動で適用します。

フォーム テンプレートにこれらの項目がいずれも含まれていない場合は、配色パターンを適用しても視覚的な変化は見られません。

モニタによって色の表示は異なるので、別のコンピュータで選択した色を表示して、フォーム テンプレートがどのように表示されるかを確認してください。

注: テンプレート パーツでは、配色パターンはサポートされていない、ため、[配色] 作業ウィンドウはテンプレート パーツをデザインする際と使用できません。さらに、InfoPath に含まれているサンプル フォームのテンプレートは、配色パターンでは機能しません。[配色] 作業ウィンドウがサンプル フォーム テンプレートで使用できる、配色パターンを適用する] ボックスの一覧で、配色パターンをクリックすると、フォーム テンプレートの色は変化しません。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートの配色パターンを変更する

新しいフォーム テンプレートを作成すると、常に [ブルー] の配色パターンが自動的に適用されます。[配色パターン] 作業ウィンドウを使用して、別の配色パターンを選択できます。

  1. [書式] メニューの [配色パターン] をクリックします。

  2. [配色パターン] 作業ウィンドウで、[配色パターンの適用] ボックスの一覧の配色パターンをクリックします。

    ヒント: 現在適用されている配色パターンを削除するには、配色パターンを適用する] ボックスの一覧で] をクリックします。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートの特定の項目に配色パターンの色を適用する

配色パターンを適用したときに、自動的に色が変更されるのはフォーム テンプレートの一部の項目だけです。ただし、テキスト ボックス、セクション、およびコントロールのラベルなど、フォーム テンプレートの他の項目にも配色パターンの色を適用できます。

フォーム テンプレートに配色パターンを適用すると、その配色パターンの色は、InfoPath のユーザー インターフェイスのどのカラー パレットでも最初に表示されます。たとえば、次の図では、カラー パレットの先頭行に表示されている 6 つの色見本は、[バーガンディ] の配色パターンを表しています。

カラー パレットの上段にある配色

カラー パレットは、[罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックス、[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックス、および [フォント] 作業ウィンドウから表示できます。[書式設定] ツールバーの [フォントの色] や [蛍光ペン] などのさまざまなボタンからカラー パレットを表示することもできます。

注: フォーム テンプレートに手動で色を適用した後で、フォーム テンプレートに別の配色パターンを適用した場合、手動で適用した色は自動的には変更されず、新しい配色パターンの色が反映されません。新しい配色パターンに合わせて、手動で色を変更する必要があります。

次の手順では、コントロールや表のセルの罫線、フォーム テンプレートの背景、およびフォーム テンプレートのテキストに、アクティブな配色パターンの色を適用する方法を説明します。

コントロールや表の罫線に配色パターンの色を適用する

  1. コントロール、テーブル、または変更するセルを右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [罫線と網かけをクリックします。

  3. [罫線] タブをクリックします。

  4. [] ボックスの横にある矢印をクリックします。

  5. カラー パレットの先頭行のいずれかの色をクリックします。

  6. 配色パターンのいずれかの色を使用する罫線を適用するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 定義済みの罫線のセットを適用するには、[プリセット] で、目的の罫線のボタンをクリックします。

    • 罫線の特定の部分のみを適用するには、[罫線] で、目的の罫線の各部分のボタンをクリックします。状況によっては、変更を表示するためにボタンを複数回クリックする必要があります。

コントロールや表の背景に配色パターンの色を適用する

フォーム テンプレートのテキスト ボックス、リスト ボックス、およびその他のコントロールに、配色パターンの色を適用することもできます。

  1. コントロール、テーブル、または変更するセルを右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [罫線と網かけをクリックします。

  3. 網かけの設定] タブをクリックします。

  4. [] ボックスの横にある矢印をクリックします。

  5. 現在選択している配色パターンの色を適用するには、カラー パレットの先頭行のいずれかの色をクリックします。

フォーム テンプレートの背景に配色パターンの色を適用する

フォーム テンプレートの背景全体に配色パターンの色を適用できます。ただし、背景色を適用する場合は、フォーム テンプレートのテキストが読みにくくなっていないことを確認してください。

  1. [書式] メニューには、背景色をクリックします。

  2. [全般] タブをクリックします。

  3. [背景色] ボックスの横にある矢印をクリックします。

  4. 現在選択している配色パターンの色を適用するには、カラー パレットの先頭行のいずれかの色をクリックします。

ラベルまたはその他のテキストに配色パターンの色を適用する

ほとんどの場合、配色パターンを適用しても、フォーム テンプレートのテキストの外観は変更されません。テキストをフォーム テンプレートに適用した配色パターンに合わせるには、配色パターンの色を手動で適用する必要があります。

テキストに色を適用する場合は、背景色や網掛けによってテキストが見えなくならないことを確認してください。

  1. 変更するテキストまたはラベルを選択します。

  2. [書式] メニューの [フォント] をクリックします。

  3. [フォント] 作業ウィンドウで、[フォントの色] ボックスの横にある矢印をクリックします。

  4. 現在選択している配色パターンの色を適用するには、カラー パレットの先頭行のいずれかの色をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×