配置したブックを作業状態ファイルに保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のブック ウィンドウを開いて配置したら、すべてのブック ウィンドウの現在のレイアウトのスナップショットをワークスペース ファイル (.xlw) に保存できます。作業状態ファイルを開くと、すべてのブックが開き、保存時のレイアウトで表示されます。

  1. 作業状態ファイルに保存するブックを開きます。

  2. 作業状態ファイルを開いたときに表示するブック ウィンドウを配置します。必要に応じて、各ブック ウィンドウのサイズを変更します。

  3. [表示] タブの [ウィンドウ] で [作業状態の保存] をクリックします。

    [表示] タブの [ウィンドウ]

  4. [ファイル名] ボックスに、作業状態ファイルの名前を入力します。

    注: 既定の名前は resume.xlw ですが、この名前は変更できます。

ヒント: Excel を起動するたびに作業状態ファイルに保存したブックが開かれるようにするには、その作業状態ファイルを XLStart フォルダに保存します。XLStart フォルダには、作業状態ファイルのみを保存し、ブック ファイルは保存しないでください。Windows Vista では、XLStart フォルダのパスは C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Excel¥XLStart です。Microsoft Windows XP では、XLStart フォルダのパスは C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data¥Microsoft¥Excel\XLStart です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×