配布グループまたは応答グループを検索し、連絡先リストに追加する

Office Communicator 2007 R2 では、グループを検索して連絡先リストに追加できます。Office Communications Server 2007 R2 には、2 種類のグループがあります。

配布グループ: 配布グループは、複数の連絡先と通信を開始する場合に便利な機能です。Office Communicator 2007 R2 では、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) から既存の配布グループを検索して追加できます。

応答グループ: 応答グループは、特定のチームまたは部署への着信の処理を担当する事前定義済みユーザー グループです。応答グループは Office Communications Server 2007 R2 の機能で、組織はユーザーがこれらのグループを検索して連絡先リストに追加できるように、明示的に構成する必要があります。組織で応答グループを設定している場合は、連絡先リストで応答グループを検索し、通話を開始できます。応答グループに割り当てられているエージェントは、着信に応答できます。Communicator では、応答グループを配布グループと区別するために、応答グループの隣にプレゼンス アイコンと応答グループ アイコンが表示されます。

このトピックの内容

配布グループまたは応答グループを検索し、追加する

配布グループまたは応答グループを連絡先リストに追加する効果

配布グループまたは応答グループを検索し、追加する

  1. [検索] ボックスで、配布グループまたは応答グループの表示名または電子メール アドレスを入力します。既定では、AD DS から、一致するすべてのユーザーおよびグループが Communicator で一覧表示されます。

  2. [検索結果] ボックスで、Communicator の連絡先リストにグループ名をドラッグします。ただし、配布グループまたは応答グループを既存のグループにドラッグすることはできません。

ページの先頭へ

配布グループまたは応答グループを連絡先リストに追加する効果

社内のユーザーを含んでいる配布グループを Communicator の連絡先リストに追加すると、グループ内の各連絡先に既定で「会社」アクセス レベルが付与されます。社外の連絡先には、既定で「公開」アクセス レベルが付与されます。アクセス レベルによって、他のユーザーに公開するプレゼンス情報の量と種類を管理できます。アクセス レベルの詳細については、「プレゼンス情報へのアクセスを制御する」を参照してください。

注: 連絡先リスト内の配布グループが AD DS から削除されている場合は、削除時刻から 8 時間後にはそのグループを展開できなくなります。ただし、Office Communicator の検索機能では、削除時刻から最大 24 時間はその配布グループを使用できます。

応答グループを連絡先リストに追加すると、応答グループの隣にプレゼンス アイコンと通話ボタンが表示されます。通話ボタンをクリックすると、応答グループに対して Communicator での通話を発信できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×