配列数式を変更するためのルール

配列数式を編集しようとして、途中で前に進めなくなってしまいました。セルまたは数式バーの中の数式をクリックしても、まったく変更することができません。配列数式は特殊なケースなので、次のいずれかの操作を行います。

単一セルの配列数式を入力した場合は、セルを選び、F2 キーを押し、変更を加え、Ctrl キーを押しながら Shift キーを押し、Enter キーを押します。

複数セルの配列数式を入力した場合は、数式を含むすべてのセルを選び、F2 キーを押して次のルールに従います。

  • 数式を含むセルを個別に移動することはできませんが、複数セル全体をグループとして移動することは可能で、数式の中のセル参照はそれらといっしょに変更されます。それらを移動するには、すべてのセルを選び、Ctrl キーを押しながら X キーを押し、新しい場所を選らんで Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  • 配列数式内のセルは削除できません ("配列の一部を変更できません" エラーが表示されます) が、数式全体を選び最初からやり直すことはできます。

  • 結果セルのブロックに新しいセルを追加することはできませんが、ワークシートに新しいデータを追加して、式を拡張することはできます。

  • 変更が終了したら、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

最後に、数式バーに入力した配列数式の一部である配列定数を使うと、時間を節約できる可能性があります。ただし、これらの配列定数にもいくつかの編集と使用のためのルールがあります。これらの詳細については、「配列数式で配列定数を使う」をご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×