配列数式を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

配列数式は、強力な数式を多くの場合、標準的なワークシート関数を行うことができない複雑な計算を実行することです。呼ば"Ctrl Shift Enter"または"CSE"の数式を入力するには Ctrl + Shift + Enter を押す必要があるため。 配列数式を使用するには次のような一見不可能に実行するには

  • セルの範囲内の文字数をカウントする。

  • 一定の条件を満たす数値 (範囲内の下位値、上限と下限の間に位置する数値など) の合計を計算する。

  • ある範囲の値のうち、n 個ごとに出現する値の合計を計算する。

Excel には、2 種類の配列数式が用意されています。 数式を 1 つの結果を生成するいくつかの計算を実行すると、複数の結果を計算する配列数式に配列します。ワークシート関数の中には、値の配列を返すものや、引数として値の配列を必要とするものがあります。詳細については、配列数式のガイドラインと例を参照してください。

この種類の配列数式を使用すると、複数の異なる数式を 1 つの配列数式に置き換えることができるため、ワークシート モデルを簡素化できます。

  1. 配列数式を入力するセルをクリックします。

  2. 使用する数式を入力します。

    配列数式では標準の数式の構文を使用します。配列数式は、等号 (=) で始まり、任意の組み込みの Excel 関数を使用できます。

    たとえば、この数式は株価と株数の配列の集計値を計算し、結果を "Total Value" の横のセルに入力します。

    一般的な配列数式

    数式は、まず株数 (セル B2 ~ I2) にその価格 (セル B3 ~ I3) を掛け、それらの結果を加算して 53,184 という総計を計算します。これは、数式が 1 つのセルのみに入力されているので、単一セルの配列数式の例です。

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

    { } (始め中かっこと終わり中かっこのペア) の間に数式が自動的に挿入されます。

    注: 数式の前後のかっこを入力して手動で変換されません、配列数式には、配列数式を作成するのには Ctrl + Shift + Enter を押す必要があります。配列数式を編集するでは、配列数式の中かっこ ({}) が表示されなくなり、配列数式に変更を反映するか、中かっこを追加して、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながらもう一度 Enter キーを押して必要があります。

配列数式を使って複数の結果を計算するには、配列引数で使用するものと同じ行数および列数を持つセル範囲に配列を入力します。

  1. 配列数式を入力するセル範囲を選択します。

  2. 使用する数式を入力します。

    配列数式では標準の数式の構文を使用します。配列数式は、等号 (=) で始まり、任意の組み込みの Excel 関数を使用できます。

    次の例で、各列と行 5 の選択したセルの数式の生活の価格を数式マルチプルを共有します。

    多くのセルに入力された配列数式
  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

    { } (始め中かっこと終わり中かっこのペア) の間に数式が自動的に挿入されます。

    注: 数式の前後のかっこを入力して手動で変換されません、配列数式には、配列数式を作成するのには Ctrl + Shift + Enter を押す必要があります。配列数式を編集するでは、配列数式の中かっこ ({}) が表示されなくなり、配列数式に変更を反映するか、中かっこを追加して、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながらもう一度 Enter キーを押して必要があります。

配列数式に新しいデータを含める必要がある場合は、「配列数式を拡張する」をご覧ください。次のような操作も実行できます。

配列定数を実際のデータに適用する前に試してみる場合は、ここにあるサンプル データが使用できます。

次のブックは、配列数式の例を示しています。この例は、右下の Excel のアイコンをクリックしてブックをコンピューターにダウンロードし、Excel デスクトップ プログラムで開くと最適に動作します。

下の表をコピーし、Excel のセル A1 に貼り付けます。セル e2: e11 を選び、数式を入力してください= c2: c11 * d2: d11、およびに配列数式には Ctrl + Shift + Enter キーを押します。

販売員

車種

販売台数

単価

売上合計

川井

セダン

5

2200

=C2:C11*D2:D11

クーペ

4

1800

阿藤

セダン

6

2300

クーペ

8

1700

阿部

セダン

3

2000

クーペ

1

1600

山水

セダン

9

2150

クーペ

5

1950

安藤

セダン

6

2250

クーペ

8

2000

複数セルの配列数式を作成する

  1. サンプルのブックで、セル E2 から E11 までを選びます。これらのセルに結果が表示されます。

数式を入力する前に、常に結果の格納先のセルを選びます。

例外なく 100% そうしてください。

  1. 入力する数式 数式をセルに入力するには、入力を開始します (等号を押します)。そうすると、選んだ最後のセルに数式が表示されます。次のように数式バーに数式を入力することもできます。

    =C2:C11*D2:D11

  2. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

単一セルの配列数式を作成する

  1. サンプルのブックで、セル B13 をクリックします。

  2. 上記の手順 2 のいずれかの方法で次の数式を入力します。

    =SUM(C2:C11*D2:D11)

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

この数式は、セル範囲 C2:C11 と D2:D11 との積を求め、結果を加算して総計を計算します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Access アプリの基本タスク

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×