配列定数を配列数式の中で使う

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ワークシートのセルの範囲を使用する配列数式を入力して、最もよく使用するが、する必要はありません。配列定数、中かっこ内の数式バーに入力した値を使用することもできます: {} します。[できます、定数の名前をもう一度使いやすいようにします。

定数は、配列数式の中でも単独でも使うことができます。

  1. 配列数式でかっこ、値の場合、および右かっこを入力します。例: = SUM (A1:E1* 1,2,3,4,5 {})

    定数は波かっこ ({)} の中にありますが、この波かっこも手動で入力します。

  2. 数式の残りの部分を入力して、Ctrl + Shift + Enter キーを押します。

    数式は{= SUM (A1:E1* 1,2,3,4,5 {})}のようになり、次のような結果になります。


    SUM 数式の中に入れ子にした配列

    この A1 × 1、B1 × 2 などの数式を利用すれば、1、2、3、4、5 をワークシートの各セルに入力する必要はなくなります。

定数を使って複数の値を同じ列に入力する

1 つの列に複数の値を入力するには (たとえば列 C の 3 つのセル)、次のとおりに操作します。

  1. 使うセルをすべて選びます。

  2. 等号 (=)、定数を入力します。セミコロン定数で指定した値をカンマではないと、テキストを入力する場合は二重引用符で囲みます。例: = {「四半期 1」;"第 2 四半期";"四半期 3"}

  3. Ctrl + Shift + Enter キーを押します。定数の例を次に示します。

    テキストを使う垂直配列定数

    専門用語では、これを 1 次元垂直定数といいます。

定数を使って複数の値を同じ行に入力する

1 つの行に複数の値をすばやく入力するには (たとえばセル F1、G1、H1)、次のとおりに操作します。

  1. 使うセルをすべて選びます。

  2. 等号 (=) と、定数、今度はそれぞれのカンマ、セミコロンではありませんが、値を入力します。例: = {1,2,3,4,5}

  3. Ctrl + Shift + Enter キーを押します。定数は次のようになります。

    1 次元水平配列定数

    専門用語では、これを 1 次元水平定数といいます。

定数を使って値を複数の列と行に入力する

  1. 目的のセルをすべて選びます。

    選ぶ行と列の数が、定数内の値の数と一致していることをご確認ください。たとえば、定数を使って 4 列 3 行にデータを書き込む場合は、これと同じ数の列と行を選びます。

  2. 等号と定数を入力します。この場合は、各行内の値をカンマで区切り、各行の末尾にセミコロンを入力します。次に例を示します。

    = {1,2,3,4; 5,6,7,8 9,10,11,12}

  3. Ctrl + Shift + Enter キーを押すと、次のようになります。

    2 次元配列定数

    専門用語では、これを 2 次元定数といいます。列と行にデータが入力されるからです。ただし、3 次元定数は作成できません。つまり、定数を別の定数の中に入れ子にすることはできません。

定数を数式の中で使う

配列定数について理解したので、実際に使ってみましょう。

  • 空のセルで、この数式を入力するかコピーして貼り付けて、Ctrl + Shift + Enter キーを押します。

    =SUM(A1:E1*{1,2,3,4,5})

    セル A3 に値 85 が表示されます。

    なぜでしょうか。A1 の値× 1、セル B2 の値× 2 というように乗算され、その結果が SUM 関数によって加算されます。この数式は、「=SUM(A1*1,B1*2,C1*3,D1*4,E1*5)」と入力することもできます。

必要であれば、両方の値セットを次のように配列定数として入力します。

=SUM({3,4,5,6,7}*{1,2,3,4,5})

これを試すには、数式をコピーし、空白セルを選び、数式バーに数式を貼り付け、Ctrl + Shift + Enter キーを押します。結果は同じになります。

注: 定数がうまく機能しない場合は、次の問題がないかどうかを調べてください。

  • 値を区切る文字が適切であることをご確認ください。カンマまたはセミコロンが足りない場合や、場所が正しくない場合は、配列定数が正しく作成されない、あるいは警告メッセージが表示される原因となります。

  • 選んだセルの範囲と、定数の要素の数が一致していない可能性があります。たとえば、ある列のセルを 6 個選んで 5 セル分の定数に使おうとすると、空白セルに #N/A エラーが表示されます。逆に、選んだセルの数が足りない場合は、対応するセルのない値が無視されます。

  • 配列数式に関するその他の情報:

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×