スキップしてメイン コンテンツへ

配列定数に名前を付ける

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

配列数式に配列定数を使用すると、できることに名前を付けるとし、再利用できる、簡単にします。

  1. 数式_gt の名前を定義] をクリックします。

  2. [名前] ボックスで、定数の名前を入力します。

  3. [参照範囲] ボックスで、定数を入力します。 = {「月」,「月」,「3 月」}を使用する例

    ダイアログ ボックスは、次のようになります。

    [新しい名前] ダイアログ ボックス

  4. [OK] をクリックします。

  5. ワークシートで、定数が含まれているセルを選択します。

  6. 数式バーで、等号 (=) と= 1 四半期など、定数の名前を入力します。

  7. 現在の Office 365 サブスクリプションがある場合は、[ Enterをキーを押します。 それ以外の場合、 ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら Enterキーを押します。

    注: 現在のバージョンのOffice 365を使用している場合は、出力範囲の左上のセルに式を入力しENTERキーを押して、式を動的な配列の数式として確定することができます。 それ以外の場合、最初に出力範囲を選択し、出力範囲の左上のセルに数式を入力し、CTRL+SHIFT+ENTERキーを押して確定し、従来の配列数式として数式を入力する必要があります。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列定数を配列数式の中の詳細については、配列数式のガイドラインと例では、配列定数の名前付け規則を参照してください。

    動的配列がどのような office 365 で示します。

    波かっこなし配列定数の例

注: 

  • 名前付き定数を配列数式として使用する場合は、等号を入力することを忘れないでください。 ない場合は、Excel には、配列としてテキスト文字列をどのように解釈され、エラー メッセージが表示されます。

  • 定数では、数値、文字列、(TRUE と FALSE) などの論理値、および (#n/a) などのエラー値を使用できます。 整数、小数点、および指数形式で数値を使用することもできます。 テキストを追加する場合は、二重引用符 ("") で囲みます。

  • 配列定数は、その他の配列、数式、または関数を含めることはできません。 つまり、テキスト、数値、またはカンマやセミコロンで区切って文字を指定します。 Excel は、{1, 2, a1: d4} などの定数を入力するときに警告メッセージを表示または {1,2,SUM(Q2:Z8)} します。 また、数値には、パーセント記号、ドル記号、カンマ (,) またはかっこを含めることはできません。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

配列数式を作成します。

配列数式の展開

配列数式を削除します。

配列数式を変更するためのルール

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×