配信済みや開封済みのメッセージが届かない場合

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

配信済みまたは開封済みメッセージを受信できないことは多くのことを意味する場合があります。メッセージの配信、開封、読み取りが行われなかったことを意味するわけではありません。単に要求がかなえられなかったことを意味します。

さらに詳しく

他のユーザーがメール メッセージを受信または開封したときに通知する

配信済みメッセージや開封済みメッセージが戻ってきた場合の意味は 1 つですが、

送られてこなかった場合にはさまざまな可能性があります。

まず、メッセージが配信または開封されなかったわけではなく、

確認メッセージが送信されなかっただけという場合があります。

たとえば、多くのメール サーバーには、配信済みメッセージの送信をブロックする迷惑メール防止フィルターがあります。

そのため、配信済みメッセージは送られてこないのに開封済みメッセージが送られてくる場合もあります。

一方、開封済みメッセージが送られてこないのにはさらに多くの理由が考えられます。

まず、受信者が要求に対して [いいえ] を選ぶ可能性があります。

開封済みメッセージの送信を拒否する理由としては、たとえば、

プライバシーが気になる、煩わしいと感じる、何か言いたいことがある、などが考えられます。

いずれにしても、

それぞれの状況で開封済みメッセージの要求がどのように受け取られるかをよく考える必要があります。

そのほか、受け止め方よりは構成による理由も考えられます。

たとえば、受信者が閲覧ウィンドウでメールを読んだ場合は、開封済みメッセージは送信されません。

開封済みメッセージが送信されるには、別のメッセージに切り替えるか、メッセージを実際に開くことで、

そのメッセージを開封済みという状態にする必要があります。

そのほか、開封済みメッセージが Outlook によってブロックされる場合もあります。

Outlook で開封済みメッセージをどのように処理するかを選ぶには、[ファイル] タブで、[オプション] をクリックします。

[メール] を選び、[確認] 領域までスクロールします。

ここで、開封済みメッセージを送信しないようにするか、常に送信するか、毎回確認するかを選ぶことができます。

さらに、開封済みメッセージをサポートしていないメール プログラムもあります。

Outlook Web App ではサポートされていますが、

受信者がメッセージを開くときに、開封済みメッセージを送信するリンクを見落とす可能性もあります。

このように、確認メッセージが送られて来ないのにはさまざまな理由があります。

メッセージを送信するときに確認メッセージをどう処理するかを指定することもできます。

[オプション] をクリックし、[メール] をクリックして、[確認] までスクロールします。

これらのチェック ボックスをオンにすると、すべての送信メッセージで自動的に配信済みメッセージと開封済みメッセージを要求することができます。

ただ、受信トレイが確認メッセージでいっぱいになるだけでなく、よくメールを送る相手に煩わしい思いをさせる可能性もあることにご注意ください。

これらのオプションを選ぶときは、このチェック ボックスをオンにすると、確認情報の更新後に自動的に確認メッセージを別のフォルダーに移動できます。

たとえば、[削除済みアイテム] に移動できます。

このように、サーバーの構成、メール アプリ、ユーザーの受け止め方はさまざまなので、

配信済みメッセージと開封済みメッセージは完璧なツールとは言えませんが、

使い方によってはとても便利なツールです。

詳しくは、コースのまとめに記載されているリンクを確認してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×