配信場所を変更した場合の影響

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Exchange アカウントを追加すると、一部の新しい電子メール メッセージおよび予定表情報の保存場所が変更されます。この変更は、次回 Microsoft Office Outlook 2007 を起動したときに有効になります。

変更の影響

  • 仕分けルール     次回メールボックスを同期するか、電子メール メッセージを送信したときに、[ルールの競合] ダイアログ ボックスが表示される場合があります。Outlook では複数のデータ ファイルに仕分けルールを保存できないため、仕分けルールを Exchange が実行されているサーバーに保存するか、自分のコンピュータにローカルに保存するかを選択する必要があります。複数の仕分けルールを結合する方法はありません。

    両方の仕分けルールを保存する必要がある場合は、次の操作を行います。

    1. [ルールの競合] ダイアログ ボックスで、[キャンセル] をクリックします。

      これで、コンピュータ上に保存されている仕分けルールを使用し続けることができます。

    2. 次回、[ルールの競合] ダイアログ ボックスが表示されたときに、[サーバー] をクリックします。この操作によって、ローカルの仕分けルールがサーバーの仕分けルールで上書きされます。

    3. メールの [ツール] メニューの [仕分けルールと通知] をクリックし、[オプション] をクリックします。次に、[仕分けルールをインポート] をクリックします。

    4. 手順 1 で作成した .rwz ファイルを選択します。.rwz ファイルの既定の保存場所は <ドライブ>:\Documents and Settings\<ユーザー>\My Documents です。

    5. [開く] をクリックします。

  • RSS のサブスクリプション    [新しい RSS フィードを購読しているの内容に保存されます、Exchange メールボックスの [ RSS フィード] フォルダーにはなく個人用フォルダー ファイル (.pst)ローカル コンピューターにします。RSS コンテンツは、Exchange メールボックスに RSS フィードを保存する-は、Exchange アカウントに接続しているコンピューターで表示します。必要に応じて、Exchange メールボックスに RSS フィードを保存しないようにできますが、表示されることを意味オブジェクト 1 台のコンピューターにのみ RSS コンテンツをダウンロードするための操作が保存されています。

  • インターネット予定表の購読    インターネット予定表の購読の .pst ファイル内に、使用するコンピュータ上のデータと予定が公開されている Web サイト上のデータを同期するためのフォルダが作成されます。Exchange アカウントを追加すると、インターネット予定表の購読を同期するために必要な情報が Exchange アカウントに保存され、Exchange アカウントに接続できるすべてのコンピュータから購読を利用できるようになります。インターネット予定表の購読のコンテンツを使用するコンピュータの 1 台にのみ保存することもできますが、使用する一部のコンピュータでコンテンツが同期されない場合でも、コンテンツの同期に必要な情報は Exchange アカウントに保存されます。既定では、新しいインターネット予定表の購読は、使用するすべてのコンピュータによって同期されます。

  • 自動仮の予定表アイテム   POP3に送信された新しい会議出席依頼と IMAP の電子メール アカウント、検査され、Exchange の予定表に保存します。他のユーザーは、個人のイベントの予定表のスナップショットを送信する場合は、Exchange のプライマリ予定表に置かれます。

  • ビューの設定     Exchange アカウントで表示される Exchange 予定表へのすべてのリンクは、その Exchange アカウントに接続できるすべてのコンピュータで利用できます。

  • Windows SharePoint Services 3.0 の情報    Windows SharePoint Services 3.0 の情報の表示は、インターネット予定表の購読の場合と同様ですが、自宅で SharePoint コンテンツにアクセスすることはほとんどない点が異なります。

  • 色分類項目     オフィシャル色分類項目の一覧と個人用色分類項目の一覧は結合され、Exchange が実行されているサーバーに保存されます。

  • 稼働時間     オフィシャル用に設定した稼働時間は、個人用に設定した稼働時間よりも優先されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×