適切な日付関数を選択する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Access には組み込み関数の書式設定、作成、解析、で使用し、日付と時刻を計算することができます。 実行すると一致するテーブルを選びます。

したいです。。。

特定の形式で日付または時刻を表示します。

日付または時刻を分割します。

日付と時刻に数値と文字列を変換します。

日付を加算または減算する

今日の日付または時刻を挿入します。

特定の形式で日付または時刻を表示します。

お好みの形式で日付を表示します。 [結果] 列では、[開始日] フィールドに、2012 年 1 月 11 日の日付/時刻値が含まれている 17時 30分: 15 します。

関数

用途

使用例

結果

書式設定*

カスタム日付/時刻書式を作成するために使用する汎用形式の関数。

Format([StartDate],"yyyy-mm-dd")

2012-01-11

FormatDateTime*

値には、組み込みの 5 つの日付/時刻形式のいずれかを適用します。

FormatDateTime([StartDate],vbLongDate)

2012 年 1 月 11 日水曜日

MonthName*

月の名前には、数値を変換します。 1 ~ 12 の範囲外の数値を指定する場合は、エラーを返します。

MonthName(12)

12 月

WeekdayName*

曜日の名前には、数値を変換します。 1 ~ 7 の範囲外の数値を指定する場合は、エラーを返します。

WeekdayName(2)

月曜日

* Access web app では使用できません。

ページの先頭へ

日付または時刻を分割します。

だけ、分単位または年など、日付/時刻値のある場所を知る必要があります。 これらの関数がすべて間隔に対応する整数値が返されます探しています。 [結果] 列では、[StartDate] に、2012 年 1 月 11 日の日付/時刻値が含まれていると想定 17時 30分: 15 します。

関数

用途

使用例

結果

日付/時刻値の年の部分を返します。

Year([StartDate])

2012

日付/時刻値 (1 ~ 12) の月の部分を返します。

Month([StartDate])

1

1 日

日付/時刻値 (1 ~ 31) の日の部分を返します。

Day([StartDate])

11

Weekday*

週 (1 ~ 7) の数値を返します。 既定では、日曜日が週の最初の曜日と見なされますが、最初の曜日として別の日付を指定することができます。

Weekday([StartDate])

4

時間*

日付/時刻値 (0 ~ 23) の時間の部分を返します。

Hour([StartDate])

17

時刻の分*

日付/時刻値 (0 ~ 59) の分の部分を返します。

Minute([StartDate])

[エンタープライズ日付 30

第 2*

日付/時刻値 (0 ~ 59) の秒の部分を返します。

Second([StartDate])

15

Datepart 関数

設定可能なバージョンを上記の関数のする日付/時刻値の部分を指定することができます。

DatePart("yyyy",[StartDate])

2012

* Access アプリでは使用できません。

ページの先頭へ

日付と時刻に数値と文字列を変換します。

Access では、倍精度浮動小数点数として日付を格納します。 たとえば、2012 年 1 月 11日 30 から午後 5: 40919.72917 として保存します。 整数部分を小数点の左側に日付を表します。 小数の部分では、小数点の右側には、時間を表します。 このフローティングを作成するこれら関数のヘルプでは、整数、テキストなどの他の値から数値をポイントします。

関数

用途

結果 (Access ではどのように保存)

Dateserial 関数

注:  Access アプリケーションでは、 DateFromPartsまたはDateWithTimeFromParts関数を使用します。

年、月、および日に指定された整数から日付値を作成します。

DateSerial(2012,1,11)

40919.0

CDate*

文字列を日付/時刻値に変換します。 番号の日付と時刻の両方の部分を処理します。

ヒント: BooleanIsDate 関数を使用すると、テキスト文字列を日付/時刻値に変換できるかどうかを判断します。 たとえば、IsDate("1/11/2012") では、True を返します。

CDate ("2012/1/11 17時 30分")

40919.72917

DateValue*

文字列を日付/時刻値に変換しますが、時刻部分は変換しません。

DateValue ("2012/1/11 17時 30分")

40919.0

TimeValue*

文字列を日付/時刻値に変換しますが、日付情報は変換しません。

TimeValue ("2012/1/11 17時 30分")

0.72917

TimeSerial

注:  Access アプリケーションでは、 TimeFromPartsまたはDateWithTimeFromParts関数を使用します。

時、指定された整数から時刻値を作成分、および秒します。

TimeSerial(17,30,15)

0.72934

* Access アプリでは使用できません。

ページの先頭へ

日付を加算または減算する

これらの関数を使用すると、加算または減算、日付の間隔するとともに、2 つの日付/時刻値の差を計算できます。

関数

用途

使用例

結果

Dateadd 関数

日付/時刻値には、特定の間隔 (2 月 3 時間など) を追加します。 引くには、2 番目の引数として負の数値を使用します。

DateAdd ("m", 1,"2012/1/11")

2012/2/11

Datediff 関数

時間間隔 (日数、分数など) 2 つの日付/時刻値の数を決定します。

注:  維持することもを減算することから別の間に、たとえば、#2/15/2012 # - 2012 1/2/# の日数を取得する 1 つの日付値 = 14 します。

DateDiff("d","1/11/2012","4/15/2012")

95

表示の 2 つの日付間の日数を計算する方法。

ページの先頭へ

今日の日付または時刻を挿入します。

現在の日付または時刻を確認するのにには、これらの関数を使用します。 [結果] 列の場合、現在のシステム日付/時刻が 2012 年 1 月 11 日であると見なされます 17時 30分: 15 します。

関数

用途

使用例

結果

今すぐ

システムの現在の日付と時刻を返します。

Now()

1/11/2012 5時 30分: 15 PM

日付

注:  Access アプリでは、 Today関数を使用します。

システムの現在の日付を返します。

Date()

2012/1/11

時間*

システムの現在の時刻を返します。

Time()

5時 30分: 15 PM

[タイマー*

午前 0 時から経過した秒数を返します。

Timer()

63015

* Access アプリでは使用できません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×