適切な日付関数を選択する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access には、日付と時刻を書式設定、作成、解析、および計算するためにで使用できる組み込み関数があります。目的に合ったテーブルを選択します。

必要な作業

特定の形式で日付または時刻を表示する

日付または時刻を各部分に分ける

数値と文字列を日付と時刻に変換する

日付を加算または減算する

現在の日付または時刻を挿入する

特定の形式で日付または時刻を表示する

任意の形式で日付を表示します。「結果」列は、[開始日] フィールドの日付/時刻値が "January 11, 2012 17:30:15" であることを前提としています。

関数

用途

結果

書式設定*

カスタムの日付/時刻形式を作成する際に使用する汎用形式の関数。

Format([StartDate],”yyyy-mm-dd”)

2012-01-11

FormatDateTime*

5 つの組み込み日付/時刻形式のうちの 1 つを値に適用します。

FormatDateTime([StartDate],vbLongDate)

Wednesday, January 11, 2012

MonthName*

数値を月名に変換します。1 ~ 12 の範囲外の数値が入力された場合はエラーを返します。

MonthName(12)

December

WeekdayName*

数値を曜日名に変換します。1 ~ 7 の範囲外の数値が入力された場合はエラーを返します。

WeekdayName(2)

月曜日

* Access アプリケーションでは使用不可。

詳細については、「デスクトップ データベースおよび Access アプリケーションで日付を書式設定する方法」をご覧ください。

ページの先頭へ

日付または時刻を各部分に分ける

年や分など、日付/時刻値の一部のみが必要となる場合があります。次の関数はすべて、目的の間隔に対応する整数値を返します。「結果」列は、[開始日] の日付/時刻値が "Jan 11, 2012 17:30:15" であることを前提としています。

関数

用途

結果

日付/時刻値の年の部分を返します。

Year([StartDate])

2012

日付/時刻値の月の部分 (1 ~ 12) を返します。

Month([StartDate])

1

1 日

日付/時刻値の日の部分 (1 ~ 31) を返します。

Day([StartDate])

11

Weekday*

曜日に対応する数値 (1 ~ 7) を返します。既定では、週の最初の曜日が日曜日に設定されていますが、別の曜日を指定することもできます。

Weekday([StartDate])

4

時間*

日付/時刻値の時間の部分 (0 ~ 23) を返します。

Hour([StartDate])

17

時刻の分*

日付/時刻値の分の部分を (0 ~ 59) を返します。

Minute([StartDate])

[エンタープライズ日付 30

2 番目*

日付/時刻値の秒の部分 (0 ~ 59) を返します。

Second([StartDate])

15

Datepart 関数

上記の関数の構成可能なバージョン (日付/時刻値の必要な部分を指定できる)。

DatePart(“yyyy”,[StartDate])

2012

* Access アプリケーションでは使用不可。

ページの先頭へ

数値と文字列を日付と時刻に変換する

Access では、日付が倍精度浮動小数点数として保存されます。たとえば、2012 年 1 月 11 日午後 5:30 は 40919.72917 として保存されます。小数点の左側の整数部分は、日付を表します。小数点の右側の小数部分は、時刻を表します。次の関数では、整数や文字列などの他の値から浮動小数点数を作成できます。

関数

用途

結果 (Access での保存方法)

Dateserial 関数

注: Access アプリケーションでは、DateFromParts または DateWithTimeFromParts 関数を使用します。

年、月、および日に指定された整数から日付値を作成します。

DateSerial(2012,1,11)

40919.0

CDate*

文字列を日付/時刻値に変換します。数値の日付部分と時刻部分の両方を処理します。

ヒント: IsDate 関数Booleanを使用すると、テキスト文字列を日付/時刻値に変換できるかどうかを判断します。たとえば、IsDate("1/11/2012") では、True を返します。

CDate(“1/11/2012 17:30”)

40919.72917

DateValue*

文字列を日付/時刻値に変換しますが、時刻部分は変換しません。

DateValue(“1/11/2012 17:30”)

40919.0

TimeValue*

文字列を日付/時刻値に変換しますが、日付情報は変換しません。

TimeValue(“1/11/2012 17:30”)

0.72917

TimeSerial

注: Access アプリケーションでは、TimeFromParts または DateWithTimeFromParts 関数を使用します。

時、分、および秒に指定された整数から時刻値を作成します。

TimeSerial(17,30,15)

0.72934

* Access アプリケーションでは使用不可。

ページの先頭へ

日付を加算または減算する

次の関数では、間隔を日付に加算または日付から減算できるだけでなく、2 つの日付/時刻値の差を計算することもできます。

関数

用途

結果

Dateadd 関数

特定の間隔 (2 か月、3 時間など) を日付/時刻値に加算します。減算するには、2 番目の引数に負の数値を指定します。

DateAdd("m", 1, "1/11/2012")

2/11/2012

Datediff 関数

2 つの日付/時刻値の時間間隔 (日数、分数など) を確認します。

注: 2 つの日付値の間隔の日数は、1 つの日付値からもう 1 つの日付値を減算する方法で算出することもできます (たとえば、#2/15/2012# - #2/1/2012# = 14)。

DateDiff(“d”,”1/11/2012”,”4/15/2012”)

95

2 つの日付間の日数を計算する方法をご覧ください。

ページの先頭へ

現在の日付または時刻を挿入する

現在の日付または時刻を確認するには、次の関数を使用します。「結果」列は、システムの現在の日付/時刻が "Jan 11, 2012 17:30:15" であることを前提としています。

関数

用途

結果

今すぐ

システムの現在の日付と時刻を返します。

Now()

1/11/2012 5:30:15 PM

日付

注: Access アプリケーションでは、Today 関数を使用します。

システムの現在の日付を返します。

Date()

1/11/2012

時間*

システムの現在の時刻を返します。

Time()

5:30:15 PM

[タイマー*

午前 0 時から経過した秒数を返します。

Timer()

63015

* Access アプリケーションでは使用不可。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×